So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ことばと社会 ブログトップ
前の10件 | -

実践 私の実存主義講座 第180回 私の帝王学 其の四 嘘を突かない /余り嘘を本当のことの様に言いふらすと・・ [ことばと社会]

嘘の事を本当の様に余り言いふらすと、その嘘が本当になってしまう事がある。


この事件は、私にとっては実存主義主義的な極限状態の一であったらしく、得はしなかったが何事にも代え難い貴重


な体験となった。


君はそう云う経験をしたことはないか。


僕は馬鹿真面目を通した為もあってか訴訟を起こさず、結果的に相手を手も足も出ないようにしたことに僕自身びっ


くりした。


嘘は出来るだけ付かず越したことはない。


な〜ちゃって偉そうなことをいっちゃって。


(^_^)

 -

実存主義的と思われる金言三題




人生の危機においては、ありのままの事実ほど強く、あるいは、安全なものはない』
-- チャールズ・ディケンズ 
- 英国の小説家 -
 
”There is nothing so strong or safe in an emergency of life as the simple truth.
-- Charles Dickens --
 
切迫した必要性ほど強いものはない』
Nothing has more strength than dire necessity.
(from ‘Helen’)
 
ユーリピデス
ギリシャの劇作家
c. 480 - c. 406 B.C.e 
 
あらゆる災難は、忍耐によって克服できる』
Every calamity is to be overcome by endurance.
-
ヴァーギル
ローマ帝国の詩人
70 - 19 B.C.
 
管理人より一言コメント:
危機と言えば絶望も危機中の危機です。
サルトルは実存主義で言う絶望は****教で言う絶望とは違うと説きます。
無信仰の態度を絶望とするならば、実存主義は絶望から出発する哲学と言えそうである。

 『・・・・・・・・。実存主義とは、一貫した無神論的立場からあらゆる結果を引きだすための努力にほかならない。この立場はけっして人間を絶望に陥れようとするものではない。しかし、すべて無信仰の態度を****教徒流に絶望と呼ぶなら、この立場は本源的絶望から出発しているのである。』(詳しくは次のページをご覧ください)

② 「切迫した」状況は「絶望」に繋がり得る問題になり得る。
③  絶望にぶち当たってそれに耐えていると新しい途が見えて来る、これを言わずになんと言おう!
 
1200px-Flag_of_the_United_Kingdom.svg[1].png
450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第179回 巨きなことに気が付かない人は・・日*の国会議員の様に [ことばと社会]

参院6増だと。


『巨きなこと』


気が付かない者


チョビチョビ


小さなこと


拘泥るしか

脳がない、

日*の国会議員





 

コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第178回 こう云う言語は猫的言語と言わざるを得ない [ことばと社会]

コウショク選挙法改正とか

コウシュウ電話とか

セイビョウとか

もっと凄いのがあるが
子供には良くないので
ここでは書かない

日本語にはこう云う言葉が非常に多い

愛猫家はセイビョウ(成猫)と云うのを憚って、セイねこと言うそうだ。

こう云う言語を話している民族は、美男美女の宝庫である。

ハーフがその人口の割には美男美女がずっと多いと思われるのは、日本語の因縁(影響)が突然一代で、半分繋がるからである。

こう言う言語は地球上から在った方が良い。

だから、第1言語か第2言語にすべきである。

第1言語にしても、第2言語の英語に取って変わられる筈である。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第177回 今日の同音異義語 シの巻 [ことばと社会]

「このシを契機にして革命が起こった」

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第176回 人間の欲とか執着心とかは・・ [ことばと社会]

人間の

欲とか執着心とか

斥力と云うものを持たない

地球の引力が

具現化したもの

である・

形を変えた

もので

ある

ラーメン・ソーメン・冷しソーメン!

皆さま方 盛夏 お見舞い申し上げます!

^_^




コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第175回 日*語は発達*害の言語である [ことばと社会]

日*語は、先史未開用であると同時に前期人類用の言語である開音節言語の段階で、組み合わせれば大概の概念を表わすことができる閉音節言語の「漢字」を取り入れてしまった為、開音

 

言語がごく自然に唯一「母音の無声化」を通して、後期人類用の言語である閉音節言語に成長して行くのと同じ過程を必要としなくなってしまった、世界で唯一異色で、半永久的に閉

 

音節言語に進化出来ないこと加えて、学習で閉音節言語を身に付けるのが非常に難しい、発達*害の言語(日本語を先に身に付けると外国語の習得が非常に難しい/その逆はそれ程でもな

 

い)の言語になってしまったのです。


こう言う言語で国家を形成していいか、どうかは私には分からないと、ここでは言っときます。

 

しかし、国家を形成している以上、日本国統合の「象徴」として或いは自然に感謝する行為など、祭祀を執り行う天皇の存在は必要不可欠である筈です。

 


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・竹取物語・貉・雪女の神々の住む国
日本
天皇陛下万歳
天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を捏ねずに
歴史は変えられない
前向きに
行こう
天皇陛下万歳!

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第173回 現在が大切 [ことばと社会]

現在が大切。

「未来」・「過去」・「現在」

の内

『現在』


一番大切!?。


コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第172回 今日ラジオで ‘Tomorrow is always better’ と云う表現を聞いたが・・ [ことばと社会]

今日某公共放送で

‘Tomorrow is always better.’

と云う表現を聞いて、

昭和の歌姫

美空ひばりさんが

生前、

「私の座右の銘は

『今日の我に明日は勝つ』

」であることを

仰られていたことを

思い出し

まし


  。


没年は

平成元年だった

と思う。

昭和


(元号の改変よりも)

これで

終わった


言われた。

 

 

 

タグ:美空ひばり
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第171回 日本の坊さんたちは知らない、煩悩の本当の原因を [ことばと社会]

『宗教のお時間』


日本の

偉そうな坊さん達


分かった様なこと


宣われるが、

肝心なこと


存じてない

様だ。


人間の

煩悩・執着心の原因は

斥力と云うものの無い

地球の(万有)引力」が成せる業(わざ)

であることを。


だから

人間は誰しも

等しく

煩悩を

持っている


である


タグ:煩悩の原因
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第170回 上下の違いは「存在」の問題、左右の・・!? [ことばと社会]

上下の違いは「存在」〔本質〕の問題!?

左右の違いは属性〔形容〕の問題!? 

日本語文と英語文は

円周上を反対周りに構成されて行く。

これはどう言うことか?


 




左          ←    →           右





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ことばと社会 ブログトップ