So-net無料ブログ作成

母音は人間の粘着性を生む 実践 私の実存主義講座 第211回 [ことばと社会]

「母音」




「粘着性」


原因・発露


あり

「子音」


そう言う

「母音」


「蔓延」


抑え防ぐ

役割


ある



ある


いまだに

各音節


母音


終わる

先史時代用


開音節言語


使っている

日本の国


真珠湾奇襲攻撃


朝鮮半島侵攻


中国大陸侵攻


東南アジア侵攻


ミクロネシア侵攻


ポリネシア侵攻


この一連


「母音の蔓延」

現象


あり

インパール作戦


ガダルカナル作戦


ミッドウェイ海戦


硫黄島玉砕


沖縄玉砕


二度


原爆投下


「母音世界の蔓延」


防ごうと


その防御


成功した

単なる

「現象」


見ること


出来る


たった

これだけ




人間


どれ程


犠牲


払わなければ

ならな

かった

のか


戦後


相変わらず


鹿馬国家め!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生命の世界の敗北者・誰々さん捧ぐ言葉 実践 私の実存主義講座 第210回 [ことばと社会]

どんなに

偉そうなこと

を言い

どんなに

立派なこと

(本人はそう思っているらしい)


成し遂げても

生命


繋げなかったこと


どんな理由


ある


せよ

生命の世界


於いて


半人前


敗北者

では

ないだろう




言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類即自存在用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・紙々の住む国

日本!

 

天皇陛下万歳!

 

いまだに先史時代用の開音節言語を使っている日本の国の政治は一つに纏まる訳が無いのです!

 

天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を考えず


ポジティブ


行こう
歴史は変えられない

 

  天皇陛下万歳!

 

政治に参加せず

日本国統合の象徴として

祭祀における

宇宙・大自然への感謝・祈祷

お願い申し上げます。

 

 私はYouTubeで猫さんを見てるのが一番幸せ!

誰かさん

みたい

(沢山)

つかない

可愛い気

あり

ユーモア

あり

癒される

から

猫万歳!

450px-Flag_of_Japan.svg[1].png


 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ど素人の私がシステムエンジニアに問う 実践 私の実存主義講座 第209回 [ことばと社会]


素人の私


問う

『PCはPC言語通りしか稼働しない』!?

この命題


成り立つ


する


日本人


ほぼ

日本語通りにしか

活動しない






「ほぼ」


書いたの


日本人


「言葉」以外の要素


カタカナ語の様


変形・歪んだ形

で外国の影響


受けている

から






日本語


人類用に用意された

二種類の言語

(開音節言語と閉音節言語)




その

前期用・先史用・未開用・即自存在用


開音節言語の一つ

なの


日本人


非常に

先史人の様な

単純な面


強く

持っていても

おかしくない






先の大戦

では

原子爆弾開発・完成・実効性確認の為


モルモット


お猿さんの類の様


実験材料


された面


ない


思わ


ない



ある



200px-Tokyo_kushu_1945-3[1].jpg

200px-Tokyo_kushu_1945-2[1].jpg

 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 豪雨の巻 実践 私の実存主義講座 第208回 [ことばと社会]


正月のぞうすい


美味しい


夏のゾウスイ


まずいなぁ


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 自民党総裁選の巻 実践 私の実存主義講座 第207回 [ことばと社会]


「自民党総裁選にイシバシ立候補す」


「石橋湛山?」



 内閣

  石橋内閣
  内閣総理大臣在任期間は65日であり、日本国憲法下では羽田孜に次いで2番目に短く、日本の憲政史上でも4番目の短かさである。
  在任期間 1956年12月23日 - 1957年2月25日

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第206回 我々人間も「即自存在」と呼ばれる時代に入っている [ことばと社会]

「言葉」




持っている


人間も


あまり


物質的・生理的なことばかり


言っている




今やもう


極秘裏




『即自存在』


(実存主義哲学で『対自存在』に対する言葉)




カテゴライズされる


時代




なっていても


不思議


では


ない








先の


原爆投下の実例




鑑みて




もう


70余年


経って








奇しくも


広島・長崎






原爆投下




サルトルの実存主義




完成・発表された*





 

73年前




同じ年




1945年




あった




この


人類にとって


重要な二つのこと




同じ年




起こったと言うこと




人類の永い歴史




於いて


単なる偶然


大自然の


単なる


気まぐれな出来事


とは


とても


思えない












アインシュタイン




サルトル






間断無く


繋がっている証拠




二つ目



 








*サルトルが「実存主義哲学」を{人類の]「行動の教義」として完成させ発表したのが、西暦1945年パリのクラブ・マントナンで講演した『実存主義はヒューマニズムである』("L’EXISTENTIALISME EST HUMANISME.")である。


彼はこの中の最終章で、実存主義哲学は[人類の]『行動の教義』と自ら述べている。([ ]書きは管理者が施した)


200px-Tokyo_kushu_1945-2[1].jpg


200px-Tokyo_kushu_1945-3[1].jpg


 300px-Atomic_cloud_over_Hiroshima[1].jpg

 

実存主義とは何か 実存主義はヒューマニズムである  サルトル全集13

実存主義とは何か 実存主義はヒューマニズムである  サルトル全集13

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 1955
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
実存主義とは何か

実存主義とは何か

  • 作者: J‐P・サルトル
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 1996/02/01
  • メディア: 単行本

220px-Nagasakibomb[1].jpg 


画像 タイトル マイカテゴリー 閲覧数 nice! CMT 日時 状態 選択
アインシュタインとサルトルは繋がっている ことばと社会 251
4
0
2014-12-10 14:46    


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 郡上八幡の巻/ 実践 私の実存主義講座 第205回 [ことばと社会]


郡上八幡テツヤ踊り


渡 テツヤ


タグ:徹夜 哲也
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第204回 日本の狛ねずみの鹿馬御将軍様はまだ御存命であられまする/ 稀代の見栄っ張り/ 国民は貴様の為に生きているんではない! [ことばと社会]

悠久の歴史




於いて


ほぼ


定期的に滅びる


日本の国




ご多聞に漏れず


只の


穀潰しの一人




過ぎない


御鹿馬お将軍様の時代




唐の昔




終わった。棺桶に片足をいつまでも突っ込んでないで


さっさと


大◉生しろ!


日本の世界の宇宙の鹿馬は死ぬまで治らない


この


際限の無い


見栄っ張り


目!


いつまでも


若者の出る幕




ないぞ




戦前は


見栄っ張り


の為に

 

国まで


滅びた





MVC-024F3.JPG

MVC-063S.JPG

MVC-031F.JPG

実践 私の実存主義講座 第204回 日本の狛ねずみの鹿馬御将軍様はまだ御存命であられまする/ 稀代の見栄っ張り/ 国民は貴様の為に生きているんではない!

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第203回 英語文は意味合い(概念)の順で並んでいる/ 言語哲学2 [ことばと社会]

閉音節言語の英語には「助詞」というものがありません。

英語文は日本語のように、「助詞」を基準にして文章が構成されて行く、と言うことはありません。

英語の平叙文を一番自然な形で表すと、主語節・動詞節・直接目的節・間接目的節・場所節・時間節の順で並ぶ筈です。

日本語文と英語文とは主語節を共通の出発点として、円周上を互に反対方向に構成されて行き、丁度一周し、重なることなく終わります。

では、英語文は何を基準にして構成されて行くのでしょうか。

それは「意味合い(概念・機能)」なのです。

英語文は意味合いの順で構成されて行くのです。

例文を挙げて説明しましょう。

(例 文)

Mr. Smith/ presents/ the document/ to his colleagues/ at the meeting/ this afternoon/. 

(日本語文) スミス氏は/ きょうの午後/ 会議で/ 同僚に/ 資料を/ 配布します/。 

この文章を見れば分かるように、6個の文節の最後の音節は、全て子音で終わっています。

子音には母音を止め、際限なく拡がろうとする母音(人間の心)の影響を、抑制する役目があります。

英語には前置詞を含めて、全ての単語に意味があります。

日本語には助詞のみならず助動詞にも丁寧語の「お」にその他にも意味がありません。

では、「意味合いの強さ」の順序で並ぶとはどう言うことでしょう?

それはこう言うことです。

主題である主語節は当然、日本文も英文も一番先頭に来ます。

日本語文の順序を例にとって、時間節を主語節の直後に持って来

①『スミスさんは今日の午後- -』と切り出した場合、聞き手は次に来る残りの4つの文節が、どのような順序で並ぶのか、全く確定出来ません。

このことは、残りの4つの文節のいずれが主語節の後に来ても言えることです。

②『スミスさんは会議で- -』と切り出した場合、聞き手は次に来る残りの4つの文節が、どのような順序で並ぶのか、全く確定出来ません。

③『スミスさんは同僚に- -』と切り出した場合、聞き手は次に来る残りの4つの文節が、どのような順序で並ぶのか、全く確定出来ません。

④『スミスさんは資料を- -』と切り出した場合、聞き手は次に来る残りの4つの文節が、どのような順序で並ぶのか、全く確定出来ません。

ところが、

⑤『スミスさんは配布します- -』と切り出した場合、次に続く文節は「直接目的節(=直接目的語)」ということが事前的に決定してしまい、そのことが話し手のみならず聞き手全員に、前もって理解されます。

ここの文節にはもう、直接目的語を作る「助詞」と言うのが要らなくなるのです。

ここまでで、

  'Mr.Smithスミス氏 presents配ります the report資料 - - - - - - - - - - - - - - - -.'

上のように平叙文では、必ず先頭に来る主語節に動詞節の一つ付け加えるだけで、次に来るのが直接目的節であることが確定します。

主語節(主題)に一番重要な文節は、やはり結論で「動詞」である。

それ故、主語節と動詞節は、文節の中で一番強く引き付け合う。

この最初の二つ文節は引き受け合う力が一番強いので、三つ目・4つ目・5つ目・6つ目の文節である直接目的語・間接目的節・場所節・時間節までも、この順序で引き付けてしまうのです。

最初の文節二つがくっ付いただけで、残りの4っつの文節が更にくっ付いてしまうと言うことは、最初の二つ文節だけで、全体の重要度の半分以上を超えてしまうと言うことです。

"Mr.Smithスミス氏は/?% presents配布します/?% documents資料を/?% to/ his colleagues同僚/?% in/ the conferance会議(室)/?% this afternoon今日の午後./?%"



意味合いの強さを更に細かく探求するとと

Mr. Smith/ presents/ the documents/ to his colleagues/ at the meeting/ this afternoon/. 

この例文の全体の意味合い(概念)を100とした場合、主語節と動詞節の二つがくっ付くと、残りの4つの文節の順序が、自動的に決まってしまうと言うことは、少なくともこの二つの文節だけで、文章全体の半分以上(51%以上)の意味合いを、持っていると言うことです。

果たして、この英語文全体の意味合い(概念)を100とした場合、各文節の「意味合い強さ」は幾つになるでしょうか。

ただし、各文節に振り分けられる数値は整数なるものとする。

-Mr. Smith 28/ presents 24/ the documents 20/ to his colleagues 16/ at the meeting 12/ this afternoon 0./

-Mr. Smith 36/ presents 28/ the documents 20/ to his colleagues 12/ at the meeting 4/ this afternoon 0./


・以上の二通りが考えられます。

・「意味合い強さ」: 「意味」と言うのは「概念」・「機能」であり、それらで成り立っている言語は、実存主義哲学でいう「対自存在」そのものであってサルトル言うとおり『無』であり、それを内包している存在が、今のところ人間だけの様です。

先史時代までの人類は「即自存在」の人間でした。

先史時代から有史時代に入った人類は、『即自存在』から『対自存在』へと大きく変わって行ったのです。

宇宙には人類をはるかに超えた、知的生命体がいるのでしょうかねぇ(^^)。



 *次回予定テーマ:日本語の助詞はフィルターの役割を果たしている (不定期)

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第202回 今日の同音異義語 終戦記念日 [ことばと社会]


『戦争のサンカを許さない・・』



タグ:参加 惨禍
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感