So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

実践 私の実存主義講座 第161回 日*人は群れるけど繋がってないWe should not form a state or country by open-syllable language. [ことばと社会]

日*人は熱狂(感情)で群れるけど、繋がらない。
「熱狂」とは感情であって全く個人的なものであり、生理現象に近いものであろう。
本人の「感情」を他人が取って代わって、感じて上げることは出来ません。
また感情は時間が経てば必ず収束して無くなってしまいます。
そして人間は次の感情に包まれて生きていかなければなりません。

ではその群れても繋がらない原因はと言うと、

開音節の日本語文が意味の無い「あ・え・い・を・う」の順*で構成されて行き、一方閉音節の英語文等は、万人のみならずこの宇宙共通の筈の「概念(意味の強さ)」に依って構成されて行くからである。

英語や中国語が、単語(品詞を含む)には必ず「意味」があること原則としているのはこの為です。

そもそも開音節言語は「前期」人類の未開用言語であって、裸足で手に槍を持ち、腰には枯れ草をまとい、獲物を求めて野原を駆け巡り、糞尿垂れ流しの生活でも大自然が屁もなく難なく浄化してくれていた時代の言葉であったからである。

  たった一言で言えば、「日*語は問題外」ということ。

別の言葉で言うと、『開音節言語で「国家」を形成してはいけない』筈であるということ。


* : 私はこの順序を「エネルギー逓減の法則」と呼んでいます。


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png


言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・かぐや姫の神々の住む国

日本

 

天皇陛下万歳

 

天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を考えずに
ポジティブに
行こう
歴史は変えられない

 

 

天皇陛下万歳!

 

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第160回 米朝会談に期待すること [ことばと社会]

非核化米朝会談に期待すること

それは

「角を矯めようとして牛を殺す」

結果に

ならないと

いい

だが



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第159回 キタキツネはとうとうEagle810 の仕掛けたアリ地獄にハマってしまったようだ [ことばと社会]

キタキツネは Eagle810 の仕掛けた長くて深いアリ地獄みたいなものにハマってしまったようだ。

これから飴とむちの、じりじりとヘビのような締めつけが始まるだろう。

後はキタキツネはリ*アと同じような道を辿るだろう。

*国は100パーセント最初から終わりまで、「サルトルが完成させた実存主義」(別名「行動の教義」と言われる)に適った手法で進めているからである。

-サルトルカブれ・ココナツサブレ・カブリオレより-


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第158回 ☆☆☆「. com」 を 【dotkom】 ではなく、【dottokomu】 と発音するのは、日本語が英語よりも強く重力の影響を受ける重たい言語だからです/ それだけ日本語は移動を嫌う言語なのです/ 珍論!奇論!の極めつき!? [理論言語学]

私たちが話すときは口から息を吐き出しますが、息は暖かい空気の固まり、流れですから、エネルギーを持っていることになります。


そして、母音は子音の時よりも、多くの暖かい息が吐き出されます。


ですから口から出た音声については、細かい話です* が、母音の方が子音よりも、地球の方へ引っ張られるような力が働く筈です。


このことは、日本語の方が話し手よりもそこに居続けようとし、「足」があり移動したがる話し手が日本語に引っ張られる関係を作るのではないでしょうか。


このことは、話し手がその場を離れようとしてもその口から出た日本語は、母音の少ない英語よりその場に居続けようとする傾向がある筈です。


このことが、日本人をして移動を苦にする民族にしているのではないでしょうか。


そこへ行くと、英語は私の知る限り子音が一番少ない言語の一つで、英語を喋る民族は、地球から宇宙へ飛び出す前、海洋民族と言われた所以ではないでしょうか。


今それが*国英語に引き継がれて*1 、ある国が他の国の追従を許さないほど、宇宙に先んじて飛び出しているのではないでしょうか。


*1 英語は単語の最後*2が子音で終わることが一番多い言語ではないでしょうか。また、'sport' など 'r' が単独で入った単語は米国では、ほぼ全土で【sp*:rt】 と子音として発音されています。イギリス本土では地域差があるようです。 


*2単語の最後が子音で終わるケースが多いと言うことは、文節の最後が子音で終わるケースが多いと言うことになります。文節の最後の音韻のあり方がその文の構文を決めることになります。日本語は「アエイオウ」の順序で並び、英語は子音で終わることになるから、主語から始まって


味合いの強い順序で(主語に動詞を加えると、他のどの節を加えるよりもその文章の意味合いを一番多く確定させてしまいます。このことは日本語のように、単語の役割を表す「直接目的格」とか「間接目的格」とかを作る「助詞」と言うものが無くなるのです)


<例 文>


・ 王さんはwa/ トムにni/ 花をwo/ くれるru/。 → あ>(え)>い>お>う  → あえいおう → aeiou の順


・ Mr/. Wang/ gives/  flowers/ to Tom/.  (Tom を代名詞の him に替えると助詞に相当する前置詞が全然なくなって、Mr.Wang gives him flowers. になってしまう。これでこそが英語が英語たる所以なのです!)


* 「富士の高嶺に降る雪も京都先斗町に降る雪も、雪に変わりがあるじゃなし・・・」と唄にもあるように、富士山の天辺に降った雪が結局相模灘に流れるのも、これも重力に拠るものです。


相模灘に流れ着くまで、その間には急峻な勾配もあれば、緩慢な勾配もある筈です。


至極、緩慢な勾配を想像して見てください。


たとえその緩慢な勾配の一センチメートルの距離でも、その二点間に作用する重力のには差があり、差がある以上高い位置ろから低い位置へと移動する(落ちて行く)のです。


この差は、ものすごく小さい、この小ささは殆どゼロと言ってよいが、両者に差がある以上、高い所から低いところへ流れるのです。


口から吐き出される「息」は私たちの生活感覚からはごく微量ですが、母音を発声させるときの息の量と子音を発声させるときの息の量とはやはり〔かなり大きな〕差があるので、受ける重力の差があると思います。


 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第157回 何故かこの時期にこの言葉 [ことばと社会]

誰かさんの心の中に


彼なりに

次のような言葉


アメリカンスピリット

として

確固としてあるのではないか


思えてならない


彼は

成功に向かって

ひたすら

邁進している

と思う





『この上なく

公平無私な人は、どんな失敗も

許されるだろう。』

‐ウォルト・ホィットマン‐ 

米国の詩人・随筆家・ジャーナリスト

1819 - 1892

-

All faults

may be forgiven of him 

who has perfect candor. 

‐Walt Whitman‐

 American poet, essayist and journalist, 1819 - 1892

-

Walt_Whitman_-_George_Collins_Cox[1].jpg

Walt Whitman



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第156回 日*の国は世界で一番カバの国!? [ことばと社会]

日*は世界で一番カバな国

日*の国は当たり前の哲学*(主体性を一番大事にする哲学=実存主義哲学)が一番普及してない国

そういうこともあって

実存主義に一番適った「世界の言語」も身に付かない


*当たり前の哲学: 主体性を一番大事にする哲学=「行動の教義」とも言われる実存主義哲学。

サルトルは「実存主義とは何か」と言う著作で実存主義をヒューマニズムの哲学、人類の為の「行動の教義」であると言っている。

サルトルの出現は一、二世紀早過ぎた様で、「即自存在」「対自存在」の概念は当時の世界情勢、人類発達情勢にはまだ受け入れ難かったのではないでしょうか。

[台頭して来た「構造主義」の反共プロパガンダに利用されたのでは!?]

しかしながら今世紀に入って「即自存在」と「対自存在」そのもの自体の存在がそれぞれ「言語」であることが確認された。

サルトルは「対自存在」についてはそのもの自体は『無』であると言っていたが、「言語」も現在と言う時制では消えてなくなってしまうので「無」であると言える。


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語*)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎の神々の住む国・日本

 

天皇陛下万歳

 

天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を考えずに
ポジティブに
行こう
歴史は変えられない

 

天皇陛下万歳!
(^_^)



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第155回 今日の同音異義語 沖縄県・千葉県の巻 [ことばと社会]

沖縄の人は長生きの人が多いから

外房アジングの朝マヅメの地合が長い気がする


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png


言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語*)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)の国

 

天皇陛下万歳

 

天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を考えずに
ポジティブに
行こう
歴史は変えられない

 

天皇陛下万歳!
(^_^)



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第154回 今日の同音異義語 鹿児島県の巻 [ことばと社会]

ツアーガイド: この屋久杉の年齢は、約3000年です。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感