So-net無料ブログ作成

実践 私の実存主義講座 第182回 日本列島の国はオリンピック」の後、観光立国を真剣に考えなければならない/ぶっちゃけた話、未だに開音節言語だけを話している日本の国の下手糞な英語は却って話さない方が良いと云う考え方もある。早い話が日*の殆どの国会議員がいい例である [ことばと社会]

日本列島*の国は


「オリンピック!オリンピック!」、


「経済!経済!」と鹿馬の二つ覚えのように


いつまでも言ってないで


隣の挑戦*半島のように


必須で民族に一度**の言語改革をしなさい。



*日本語には同音異義語が二つも三つもあるケースが沢山ある。


この「レットウ」と「チョウセン」には


それぞれ一組しか同音異義語がない


(後者には「腸線」だとかがあるが使った試しがない)。


日本レットウには「列島」と「劣等」そしてチョウセン半島には「朝鮮」と「挑戦」がある。


日本列島には日本劣等、


朝鮮半島には挑戦半島


と言う同音異義語ができるのは


日本の国が


すでに閉音節言語になっていた中国語の


漢字の躯体から骨をもぎ取るようにして


カタカナ(後にひらがなにもなる)として開音節言語の日本語の文字にしてしまい、


又立っている者は親でも使えの横着極まりない精神の


日本の為政者・政治家の国にはこう云う「劣等」という


同音異義語が自然と割り振られた(出来た)のは


やっぱり何かの因縁(原因)が


あるに違いない。


一方「挑戦」と云う


同音異義語が宛がわれたのも


自分達で創案した文字を持ち自分達の国を


近代・現代国家にふさわしい閉音節言語へと


果敢に挑戦していることと


因縁(関係)があるので


あろう。


終戦直後に


「北京(ペキン)」を


読み方だけが違う


「Beijing/ベイジン」(≒米人)に


変えたのは偶然の一致だろうが


日本への当て付けのようにも


取れなくもない


同音異義語には


意外と考えさせるものがある。


先に言語改革をしなければならなかったのは


同音異義語が一番多くて!?


その上子音の発音(文字)ない


日本語が先の


筈であった。


日本が 


そうしなかったから


言語的に最後発の国になり


唯一最初に


最新の人類の英知で出来た原爆が二つも


日本にだけに落ちたのである。


**民族に一度の: 開音節言語から閉音節言語への



隣の国々ではもう


民族に一度の言語の英語化


(閉音節言語化)が


始まっている。



閉音節化は大きく分けて


次の5段階に分けて行われる



1段階目


ユニット化


又はブロック化



これは既にほぼ


達成されている


以前はハングル文字は


日本語・中国語と同様、文字が


最初から終わりまで同じピッチで書かれていたが、


今では文節の間隔は文字間の間隔よりも


少し広めに開いている。



「母は駅まで歩きます」


어머니 까지 걷는다.



これは挑戦語が


英語などのようなブロック


(ユニット)で構成される言語になる前兆である



2段階目


母音の無声化


母音の無声化が更に促進され


単語の中に子音が増え単語の語尾も


子音で終わるケースが多くなる



3段階目


更に母音の子音化が進むと


当然文章の最大単位である文節の末尾も子音化して来る



4段階目


文節の入れ変わりが起きる。


最初に主語節+目的節+動詞節の項が


それぞれ助詞を落として


主語節+動詞節+目的語節の順に入れ替わってくる



5段階目


さらに母音の無声化が進むと


最後にSVO+場所節*+時間節の順序となって


英語と同じ構文になると思われる



英単語のように


殆ど子音化が進んでしまうと


子音化するところが殆どなくなって、


子音化は固有名詞まで及ぶことになる



Alberto 



Albert 



なるように


-


*場所節は語尾に付いていた助詞が前に来る前置詞の形に変わる。


(当然英語のような in とか at とか on とかの、子音で終わる前置詞になる筈である)


 


そこで


ここで


いつもの常套句


「国民よりもずっと責任の加重された筈の日*の国会議員の鹿馬は大往生しても治らない・のか?」


定義:ここで言う『鹿馬』とは、


日*語が実存主義で言う


即時存在(私的には「先史人」)用の


開音節言語の亜型(流)である


ことに気が付かない


日*の国会議員の


ことを言う



近未来広告



貴方がもう一つ


外国語をお話しになりたいなら


日本にいらして


開音節言語と云うだけでなく


先史時代に起源している


現代日本語をお話しになられたら


いかがでしょうか?


人類の言語を


そのルーツから現代まで


切れ目なく


実体験


でき


どっせ



私達は


貴方方様を


O・MO・TE・NA・SHI


の心でお待ち


申し上げて


おります


どっせ


あなかしこ



2014年


日本語保存国立公園省及び日本旅行振興省インチキ共同広告



言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・竹取物語・貉の神々の住む国


日本


 


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

天皇陛下万歳


 


天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を考えずに
ポジティブに
行こう
歴史は変えられない


天皇陛下


万歳!


  


その内世界は、日本の国が開音節言語から閉音節言語への民族に一度の言語改革をしない限り、日本の国民が一番易しい英語も習得できない民族であることに気がつく筈です。この認識が世界に広がれば、外国人旅行者は世界で?或いは宇宙で?唯一の国家言語である日本語を話したくて話したくて堪らず、日本の国に来ることになります。日本の国は全然外国語を話さなくても済む国になる筈です)


コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

匿名

言語の音声なんていくらでも代わるようなものと原爆を結びつける意味がわかりません。
by 匿名 (2018-08-11 18:48) 

さるとる

匿名様へ
コメント有難うございます。
このところ、コメントがほとんどありませんでしたので、自分のことに夢中になってしまい、長いことに気が付かず、大変失礼いたしました。
そっけない様ですが、下記のページと他にも断片的に書いておりますのでよろしくお願いします。
『日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つ見つけた!/日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった世界で唯一特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない/& My EXISTENTIALISMと実存主義』
https://j-p-sartre.blog.so-net.ne.jp/2017-08-24
をご覧いただきたい。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
by さるとる (2018-10-24 12:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。