So-net無料ブログ作成

実践 私の実存主義講座 第180回 私の帝王学 其の四 嘘を突かない /余り嘘を本当のことの様に言いふらすと・・ [ことばと社会]

嘘の事を本当の様に余り言いふらすと、その嘘が本当になってしまう事がある。


この事件は、私にとっては実存主義主義的な極限状態の一であったらしく、得はしなかったが何事にも代え難い貴重


な体験となった。


君はそう云う経験をしたことはないか。


僕は馬鹿真面目を通した為もあってか訴訟を起こさず、結果的に相手を手も足も出ないようにしたことに僕自身びっ


くりした。


嘘は出来るだけ付かず越したことはない。


な〜ちゃって偉そうなことをいっちゃって。


(^_^)

 -

実存主義的と思われる金言三題




人生の危機においては、ありのままの事実ほど強く、あるいは、安全なものはない』
-- チャールズ・ディケンズ 
- 英国の小説家 -
 
”There is nothing so strong or safe in an emergency of life as the simple truth.
-- Charles Dickens --
 
切迫した必要性ほど強いものはない』
Nothing has more strength than dire necessity.
(from ‘Helen’)
 
ユーリピデス
ギリシャの劇作家
c. 480 - c. 406 B.C.e 
 
あらゆる災難は、忍耐によって克服できる』
Every calamity is to be overcome by endurance.
-
ヴァーギル
ローマ帝国の詩人
70 - 19 B.C.
 
管理人より一言コメント:
危機と言えば絶望も危機中の危機です。
サルトルは実存主義で言う絶望は****教で言う絶望とは違うと説きます。
無信仰の態度を絶望とするならば、実存主義は絶望から出発する哲学と言えそうである。

 『・・・・・・・・。実存主義とは、一貫した無神論的立場からあらゆる結果を引きだすための努力にほかならない。この立場はけっして人間を絶望に陥れようとするものではない。しかし、すべて無信仰の態度を****教徒流に絶望と呼ぶなら、この立場は本源的絶望から出発しているのである。』(詳しくは次のページをご覧ください)

画像 タイトル マイカテゴリー 閲覧数 nice! CMT 日時 状態 選択
米国は既に実存主義をほぼ完全に実践していると思われる/ 行動.. 実存主義 497
0
0
2010-11-01 02:20

② 「切迫した」状況は「絶望」に繋がり得る問題になり得る。
③  絶望にぶち当たってそれに耐えていると新しい途が拓け見えて来る。
このプロセスの間は、独りになって気持ち整理し、突き詰めて考える必要が絶対的にある筈で、この時期に無責任なその場限りの迎合的なことを却って言わない方が良いと思う。
絶望している時に気持ちが整理できず、突き詰めて考えられないとついには「自分」を無くしたい、「意識」を無くしたいと言う衝動に駆られるのではないでしようか?
そう言う時に、電車に飛び込んでしまうのではないでしょうか。
 
1200px-Flag_of_the_United_Kingdom.svg[1].png
450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。