So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

実践 私の実存主義講座 第175回 日*語は発達*害の言語である [ことばと社会]

日*語は、先史未開用であると同時に前期人類用の言語である開音節言語の段階で、組み合わせれば大概の概念を表わすことができる閉音節言語の「漢字」を取り入れてしまった為、開音

 

言語がごく自然に唯一「母音の無声化」を通して、後期人類用の言語である閉音節言語に成長して行くのと同じ過程を必要としなくなってしまった、世界で唯一異色で、半永久的に閉

 

音節言語に進化出来ないこと加えて、学習で閉音節言語を身に付けるのが非常に難しい、発達*害の言語(日本語を先に身に付けると外国語の習得が非常に難しい/その逆はそれ程でもな

 

い)の言語になってしまったのです。


こう言う言語で国家を形成していいか、どうかは私には分からないと、ここでは言っときます。

 

しかし、国家を形成している以上、日本国統合の「象徴」として或いは自然に感謝する行為など、祭祀を執り行う天皇の存在は必要不可欠である筈です。

 


450px-Flag_of_Japan.svg[1].png

言語のない所に初めてできる開音節言語(先史用・原始未開用・前期人類用言語)の、世界で唯一・八俣遠呂智(やまたのおろち)・因幡の白兎・浦島太郎・竹取物語・貉・雪女の神々の住む国
日本
天皇陛下万歳
天皇は
日本国統合の象徴
英国同様
天皇家の繁栄は
日本の繁栄
あまり理屈を捏ねずに
歴史は変えられない
前向きに
行こう
天皇陛下万歳!

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。