So-net無料ブログ作成

実践 私の実存主義講座 第81回 節度ある自*症気質の国家へ/ Aut*sm is a kind of mental illness. We are against collective defence. [ことばと社会]

語学の才能無い自*症気質の国家

最近、そのメカニズムが

解明されて来た

-

自*症には色々あるが

精神病の一種

軽微の疾病と見做されるだろう

だか、国家となると大事(おおごと)である

(どうしてもこれよりも大文字にならない)

この語学的自*症気質は、我が国の言語的異常性*から出発しているので、本人の認知・認識を歪め、精神の一部を損壊して、自覚症状が全然と言っていい程無く、国家ともなると尚更、タチが悪くなる。

よって

集団的自衛権には断固反対する


とにかくこの地球上では、この太陽系では、この銀河では、この宇宙では、僕が発見した「一円現象」が表すとおり、開音節言語と世界の趨勢である閉音節言語とは、ことごとく**正反対なのです。

-

Aut*sm is a kind of mental illness.


He never does self-reflection.


We are DANKO against collective defence.


最後に

国民の一人として

天皇陛下万歳!

瑞穂の國

永遠なれ!!

(^_^)

 


DANKO* is equal to だんこ or ダンコ or 断固 and means 'strongly.'
-
 *言語的異常性: 人類がまだ開音節言語、華やかりし頃(まだ文字が無く言語が「音韻」のみだった先史時代に)、もう唐の昔に開音節言語から閉音節言語に脱皮していた中国語の「視覚」面である「漢字」を採用してしまったこと。
こういう言語の「音韻」と「視覚」と云う二大基本に過ちを犯している言語からは、健全な「人格」は生まれ難い、筈である。
-
ことごとく正反対**: 正反対でも相性がベストな場合もあるでよ(^_^)。電気のプラスとマイナスがそうである。プラスとマイナスは正反対であるが、今に至るまで開音節言語から抜け出られない日本語をマイナスとす
ると、さしずめ最も進んだ閉音節言語の米語をプラス(これはエコ贔屓ではない)に例えことが出来る。+ と − を電車に繋げば、電車は通勤電車としてエコ的にも一番の仕事をする筈である(ただし日本の国は開音節言語しか話
さないから「集団的自衛権」を持ってはいけない。
-
参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 
       
 

タグ:自覚症状
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。