So-net無料ブログ作成

31 日本人には弱い音韻(発音)は「現在」における双方通行のコミュニケーション・・・この理屈がわからない国*議員は世界の、人類のアホである。韓国・北朝鮮には落ちない、また落ちるとすれば日本の筈である。今日の一言 三十一 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅰ [実存主義]

日本人には弱い(苦手の)音韻(音声・発音)は、「現在」という時性において相手の意見を聞ける双方通行で民主的で平等のコミュニケーション手段、一方日本人が滅法強くて且つ弱い(音韻(耳)より「頼り」にするという意味で弱い)視覚(文字)は、過去から現在への一方通行であっ

て、神から天皇から下々へと絶対命令などに向いているコミュニケーション手段であり、日本語は中国語・ロシア語・北朝鮮言語よりずっとずっと桁違いに国家主義・全体主義に向いた言語である。

日本の国を考える場合、イデオロギーの問題ではなく、イデオロギーという言葉ができる以前の、言語の問題なのである

それだけ日本語は偏向した言語であり、バイアスの掛かった重度複合障害言語なのである。

わたすの言ってること、分かるのかなぁーッ!?

日本語はイデオロギーの垣根をも越てしまった言語であり、世界の唯一要注意言語である。

この理屈が分からない日本の国*議員たちは世界の、人類の、この太陽系の、この銀河系の、この宇宙のアホであり、ゴミ(debris of the universe)の様なものである。

だから、日本にだけ原始爆弾が二つも落ちた。

落ちるとすればまた間違いなく(without fail)日本の筈である。

どうだね、アベベ君!

本物の鹿馬は大往生するまで治らないか。

この宇宙の出来事の全ては人間の言動を含め、人間の自我・我欲という特異点のない、『自然現象』なのであ~る。

これを、’R’の法則という。(笑)

 かなり、いい加減かなぁ。

だからその現象には原因と原因に見合うだけの結果があるだけであり、いちゃもんを着けること自体無意味では。


にほんブログ村


にほんブログ村

もしよろしかったら

ぽちっと

お願いします

-


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     

 


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。