So-net無料ブログ作成

この国はいつまでもアホの国だと思う、唯一原爆が落ちたことはあると思う/ 自*症の国だからである/ 深い深い自己嫌悪に落ち込め!豆腐の角に頭ぶつけて死んじめぇ!バカヤロー/ 自虐は知性の証し(レヴィー・ストロース)/ 自画自賛は痴性の証し/ 物質的な豊かさに目が眩んで言語には目も呉れず殆ど一億総狂い [ことばと社会]

目の前に

「サプリームバリュベストプライスクリームクレンザー」

書いてある

白いプラスチックの入れ物

置いてある

二、三日前黒ずんだ炭の染み付いたステンレス製のケトルとクッキングポッドを新聞紙を敷いて机の処で磨いていたのである。

この長いカタカナ表記を見て、この国はアホの国、自*

症の国だなとつくづく思った。

これだけ長いカタカナ語を書くなら始めからアルファベットで書いたほうが得策であり有効であり意義がある。

それができない!のである

自*症だからである。

いまから3000年程前にヨーロッパと中国大陸では開音節言語から閉音節言語に移行しているのに、又遅くとも20世紀には第二次世界大戦後アフリカや太平洋諸国その他の地域でも閉音節言語へ移行している(世界語の英語が通じる国)のに、日本だけはいまだに一向にその気配がない。

日本だけが世界大戦までした意味が全然ない国になりつつあるのである。

日本人の中でも一番頭が悪く一番頑迷な鹿馬は日本の主に親政法経の国会議員たちである。

日本の国会議員は世界の諸悪の根源である。

語学的自*症の国会議員が多くいる限りこの宇宙から戦争はなくならない。

だから今の憲法がある。

日本だけが取り残されており、日本の国が人類の主流(ホモサピエンス)から外れつつある民族に思えてならない。

猿真似の国でもあるし。

『猿の惑星』の国がだんだん現実味を帯びて来ている。

参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(「一円現象」One - En - Phenomenon)を見つけた!/日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一人類進化的に発*障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     

-

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 自然哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村

(60。5)


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。