So-net無料ブログ作成

日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つ見つけた!/日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった世界で唯一特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない/& My EXISTENTIALISMと実存主義  [ことばと社会]

(お知らせ: 真に自分で言うのも恐縮ですが、この小論文には独創的で画期的な着眼があると自分自身思慮するので、一人でも広く多くの方に閲覧して戴くべく、当分の間(相当期間)この論文の末尾の「日々雑感」のコラムを加筆する程度で、新しいブログのエントリーは控えさせて戴

きますのでご了承戴きたい ‐ 理屈っぽくて気難しい論文で真に申し訳ございません - ブログ管理者より)

ま▼日々雑感 #92▼  

この小論文の構成

第1章 実存主義

Ⅰ即自存在

Ⅱ対自存在

第2章 日本語と英語の違い

Ⅰ日本語と英語は反対回り

Ⅱ日本語はエネルギー(=質量=物質=物)を基準に構成されている

Ⅲ英語は意味(=概念=意味=情報〔量〕=意識)を基準に構成されている

第3章 実存主義と日本語・英語の接点

 実存主義と反対回り

第4章 結 論

Ⅰ日本語は即自存在の為の言語

Ⅱ英語・中国語は対自存在の為の言語

Ⅲ憲法9条・96条を変えてはいけない。

参考

日本国憲法 

第9条

第96条

脚注

============================================

第1章 実存主義  EXISTENTIALISM

実存主義ではこの宇宙の存在物を、『即自存在』と『対自存在』の二つに分けるらしい。

Ⅰ即自存在  Being-in-itself

即自存在とは、『それがあるところにあるもので、(それが)あらぬところにないもの』となるらしい。

道端にころがっている「石ころ」などであり、目の前の「椅子」などを云うのだろう。

石とか椅子はそれ自身思ったり考えたりすることがなく、そのものだけで100パーセント存在しているもの、存在できるからだと思われる。

よって、『それがあるところにあるもので、あらぬところにないもの*1』となるらしい。

これを、『即自存在』と云うらしい。

対自存在  Being-for-itself

対自存在とは、『それがあるところにないもので、(それが)あらぬところにあるもの』であるらしい。

どうも『意識』のことを云うらしい。

「石ころ」や「椅子」そのものではなく、石ころを前にしてあるいは目をつぶっていてもその石ころを、「意識」している存在がある。

それらがどういう特徴を持っており、用途などを知っている「存在」がある。

この存在はその「即自存在」にはなく、即自存在とは別に存在していると考え、それがあるところにないもので、あらぬところにあるもの*2』となるらしい。

この存在を『対自存在』と云い、『意識』のことを云うらしい

ただし、サルトルはこの「意識」自体は無であると言っている。

そして、この意識を内包した存在を「人間」と言っているようである。

「即自存在」だからと言って、無機質なものの世界に限らないらしい。

と云うのはサルトルは、「意識」は『自己を超越したものを志向する』と言っているからである。

動物はそういうことはしない。

それゆえ牛だとか人間に一番に近いオランウータンはもちろんのこと、文字を持たなかった先史時代の人類の大半は「即自存在」に属していたのではないだろうか。

 ▼「あっち」「こっち」と云ってまだ一文章を作れず、助詞や動詞はまだ現在形しかなかった時代と思われる

MVC-051S.JPG (おれこっち、おまえあっち、おれここ《首を指す》、おまえここ《脚を指す》つかむ)

MVC-053S.JPG (ほね、なか、おいしい、おれつぶす、たべる、おまえ(ら*)そこ、いる)

MVC-042S.JPG

▲人間にも「即自存在」の段階があった筈である。人間はどの段階で「即自存在」から「対自存在」になったのだろうか。民族的、部族的に大きなばらつき、差があったのではないだろうか?このアニメーションは人類に言語が芽生え始めた

頃のもので、このころは日常生活に不可欠な素朴で簡単な「名詞」とあとは「動詞の現在形」と「あっち」「こっち」の代名詞ぐらいで済ませていた頃で、完成した文章を作れるようになるのはこのずっと後だったに違いない。

* まだ複数の概念を表わす表現方法もなかった段階があったのではなかろうか

第2章 日本語と英語の違い

Ⅰ日本語と英語は反対回り*3

反対回りとはどういうことか、例文と図解で説明しよう。

例文

(日本語文) 「私達は/ 先週の金曜日/ 5番街/ の/ ホテルのレストラン/で/ 食事会を/ 持ちました/。」

(英語文) ”We/ had/ dinner/ in/ the hotel's restaurant/ in/ Fifth avenue/ last Friday/.”

この例文を円*にしてみると、

* なぜ円にするかというと、円には「特異性(peculiarity)や特異点と言うものがないからです。(円卓会議が行われるもこの理由からです)

▼日本語を右回りに構成して行った場合、ちょうど英語は日本語と反対回りで構成されていくのが分かります(形容詞と非形容語は一体と考えます)。

    ← We = 私達は →

 had ↓ = 持ちました。last Friday. = 先週の金曜日

dinner ↓ = 夕食会を  Fifth avenue ↑ = 5番街

  in ↓ = ↑ で      in ↑ =

the hotel's restaurant → = ← ホテルのレストラン

-

▼日本語を左回りに書いた場合、英語は右回りに構成されているのが分かります。

      私達は = We →

先週の金曜日= last Friday.持ちました。 = had

5番街 ↓ = Fifth avenue 夕食会を ↑ = dinner

    の ↓ = in       で ↑ = in

ホテルのレストラン → = the hotel's restaurant

-

このように日本語文では主語節に一番近い時間節が英語文では主語節から一番遠いところに来るのです。

また日本語文では主語節から一番遠い所に位置する動詞節が英語文では主語節の一番近いところに位置するのです。

小さな不規則の特例*はあるとしても、日本語文と英語文とは主語を中心として『反対回り』 になるのです。

* 英語文では 間接目的語を人称代名詞にすると、動詞のすぐ後にその間接目的節が来、その次に直接目的節が来る。

これは人称代名詞に特殊性があると思われます。

例: (a) Edward gave the book to Catherine.

   (a') Edward gave her the book.

Ⅱ日本語はエネルギーを基準に構成されている*4

例文

(日本語文) 王さんは結婚式新婦に花を贈る。

王さんは/ 結婚式で/ 新婦に/ 花束を/ る。

(英語文) Ms.Wang/ presents/ a bouquet/ to/ the bride/ at/ the wedding ceremony/.

▲▼この順序が一番自然な文章なのです。

MVC-006F.JPG

▲日本語教室の構文/ 主語節と間接目的節の間に場所節(助詞「で」)が入れば、母音の5音が出揃い、声楽で習う、あ>え>い>お>う>の 順に綺麗に揃う

この文の各文節の最後の音節は、「は(わ)・で・に・を(お)・る」です。

これらの助詞には音があっても、意味がありません。

これらから母音だけを取り出してみると、「あ・え・い・お・う」となります。

「あえいおう」の各母音にも、音だけがあって意味がありません。

音は暖かい息の塊りが喉奥を衝いて口蓋に激しく排出されます。

息は暖かい空気の塊りですから、エネルギーを持っています。

あ・え・い・お・う の順は、正面から見た口の開き具合がこの順序で小さくなって行くのです。

ですから、あ>え>い>お>う の順序で息の量が小さくなって行きます。

それゆえ、あえいおうの順序でエネルギーが小さくなって行くのです。

このように、日本文はエネルギー/質量(物)を基準にして構成されて行くのが分かります。

余談ですが、「あいうえお」は音の高低順に並べたものです。

Ⅲ英語は意味を基準に構成されている*5

例文

(英語文) Mr. Smith/ presents/ the reports/ to/ his colleagues/ at/ the meeting/ this afternoon/.

(日本語文) スミス氏は/ きょうの午後/ 会議/で/ 同僚/に/ 報告書を/ 提出する/。

            ← Mr. Smith = スミス氏は

    presents ↓ = 提出する。 this afternoon. = きょうの午後

the reports ↓ = 報告書を       the meeting ↑ = 会議

               to ↓ =              at ↑ =

                       his colleagues = 同僚

この英語文のように文節の最後が子音で終わるケースが多くなると、理論的には子音は口腔と舌が作る形でありエネルギーがないので、日本語のように(息が持っている)エネルギーを基準にしなく(出来なく)なります

それでは英文は、何を基準に構成されて行くのでしょうか。

それは、英文は「意味(情報)」が基準になって構成されて行くのです。

それでは、意味が基準になっているとはどう云うことでしょうか。

「スミス氏は」の主語節に一番関わりが大きいのは動詞節ではないでしょうか。

では関わりが大きい、強いとはどう云うことでしょうか。

主語節の次に動詞節を持って来たとき次にどの節が来るか事前に決まってしまうと云うことです。

「スミス氏は提出する」と云えば「何を?」と、どういう報告書か分からなくても次に来る文節が「目的格」であることが、話し手はもちろんのこと聞き手にも分かります。

ゆえに、ここに単語だけを持って来れば良く、その単語を目的格にする「助詞」と云うもの必要がなくなるのです。

「スミス氏は報告書を提出する」と切り出した場合、次に一番求められているのは「どこに?」という間接目的節であることが誰もがわかります。

このように英語は意味(情報)が基準となって構成されているのです。

なお余談ですが申取くんが一文章全体の意味を100とした場合、各文節の意味の大きさ(重要さ)を次のように仮に割り振ってみました。主語節と動詞節で次に来るの文節が決定してまうので、この二つの節で文章全体の半分

(50%)以上の意味合いを占めると考え、次の二通り考えました。(数値については科学的なデータに基づいているものではありません)

-Mr. Smith 28/ presents 24/ the reports 20/ to his colleagues 16/ at the meeting 12/ this afternoon 0.

-Mr. Smith 36/ presents 28/ the reports 20/ to his colleagues 12/ at the meeting 4/ this afternoon 0.

第3章 実存主義と日本語・英語の接点

実存主義と反対回り

第2章のⅠで考察した『反対回り』とはどういうことでしょうか。

れは、『日本語と英語はお互いに同じ場所にはあり得ない』ことを意味している。

それどころか『互いに真逆の位置にある』ということを意味している。

日本語文では主語に一番近い時間節が英文においては主語から一番遠い所に位置し、また日本語文では主語から一番遠い動詞節が英文では主語に一番近い所に位置するということは、日本語文と英語文は本当に真逆な順序で並

んでいることを意味しています。

このことは、どちらか一方が他方に「対峙している」と云っていいのではないでしょうか。 

これは実存主義で云う、

日本文と英文のどちらか一方が、サルトルの云うそれがあるところにあるもので、あらぬところにないもの*1であって、他方がそれがあるところにないもので、あらぬところにあるもの*2と云うことになるのではないでしょうか。

では、日本語と英語のどちらが「即自存在」のための言語で、どちらが「対自存在」のための言語であるかの、根拠、証拠を見つければいいことになります。

もう、答えはもう半分出ているようです。

第4部 結 論

Ⅰ日本語は即自存在のための言語*6 

第2章Ⅱで考察したように、日本語文は「エネルギー」を基準にして構成されているのです。

アインシュタインが言ったとおり(E=mc^2)、エネルギーと質量は等価です。

開音節言語の日本語が、実存主義の哲学でいう「即自存在」のための言語であることが分かります。日本語は、意味・観念・悟性(心)よりも物質的な大小・多寡、物理的な強弱・高低などを根拠に、理性よりも個人的な感情で価値判断

する民族を造る言語なのです。

Ⅱ英語・中国語は対自存在のための言語*7

第2章Ⅲで考察したように、英文は「意味」が基準になって成り立っているのです。

意味・観念・情報は心の世界のことで、意識がすること、できることに他なりません。

ですから、閉音節言語は「対自存在」のための言語であることが分かります。

英語に意味のない単語が一つも無いことも、また「而」を除いて意味の無い漢字がないことも、英語・中国語が「対自存在」のための言語である立派な証拠でしょう。

また閉音節言語の表記法が確立した直後にギリシャ(ギリシャ文字)ではソクラテスとかプラトンなどの哲学者が、中国(漢字)では孔子、老子などの大思想家が出ていることも、これらの言語が「対自存在」のための言語である証拠であ

ると思います。

Ⅲ憲法9条・96条を変えてはいけない*8

日本の国は言語的には非常に変わった地球上で唯一の国家なのです。

日本の国は言語と近代・現代生活〔社会〕との間に大きなずれが生じてしまった世界で唯一特殊な「国家」なのです。

特にソフトウエア中のソフトの一つ「政治」の世界において。

そういうことあって、日本にだけに E=mc2(乗)の実証である原爆が二つも落ちたのです。 

日本の国会議員が「即自存在」と云うことでは決してありませんが、日本の言語が即自存在向きの言語であること(ということは先史時代向きの言語であるということ)は紛れもない客観的事実であり、それだけを話ししかも第一言語として

いる日本の国家は政治的に一人前ではないのです。

それゆえ、憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は、変えてはいけない。

参 考 Reference

日本国憲法 CONSTITUTION 

第9条 戦争放棄 Denunciation of War

日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

-

Aspiring sincerely to an international peace based on justice and order, the Japanese people forever renounce war as a sovereign right of the nation and the threat or use of force as means of settling international disputes.

2 In order to accomplish the aim of the preceding paragraph, land, sea, and air forces, as well as other war potential, will never be maintained. The right of belligerency of the state will not be recognized.

第96条 改正手続 Amendments

この憲法の改正は、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認を経なければならない。この承認には、特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行はれる投票において、その過半数の賛成を必要とする。

2 憲法改正について前項の承認を経たときは、天皇は、国民の名で、この憲法と一体を成すものとして、直ちにこれを公布する。

-

Amendments to this Constitution shall be initiated by the Diet, through a concurring vote of two-thirds or more of all the members of each House and shall thereupon be submitted to the people for ratification, which shall require the affirmative vote of a majority of all votes cast thereon, at a special referendum or at such election as the Diet shall specify.

2 Amendments when so ratified shall immediately be promulgated by the Emperor in the name of the people, as an integral part of this Constitution.

Footnotes

*1 "Being-in-itself" is where it is, and is not where it should not be.

*2 "Being-for-itself" is where it should not be, and is not where it is.

*3 Japanese sentence and English sentence are opposed to each other around on a circle.

*4 Japanese sentence is composed on criterion of "energy".

*5 English sentence is composed on criterion of "meaning".

*6 Japanese language is for "Being-in-itself."

*7 English and Chinese languages are for "Being-for-itself."

*8 Article 9 and 96 of our Constitution should not be amended.

-

≪付録≫

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

  • 作者: ケビン クローン
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本

▲▼▼ 僕のこの小論文を読めば、なぜこれらのタイトルになるのか、哲学的理論物理学的言語学的理論的根拠が解かる筈である

進化しない日本人へ―その国際感覚は自画像の反映である

進化しない日本人へ―その国際感覚は自画像の反映である

  • 作者: 杉本 良夫
  • 出版社/メーカー: 情報センター出版局
  • 発売日: 1988/02
  • メディア: ハードカバー

▼ちょっと永い目で見ると英語オンチの政治家が率先してこの国を亡ぼして来た!

英語オンチが国を亡ぼす

英語オンチが国を亡ぼす

  • 作者: 寺沢 芳男
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 1997/03
  • メディア: 単行本

 外部リンク 寺澤芳男 - Wikipedia

 (この小論文終り)


# 日々雑感

#92  政治家や官僚達は唯一自分達が話している言語が人類の発達段階的に時代に即した、正常な言語だとでも思っているのだろうか/言語は紛れもない「精神」 そのもの(2014年一月下旬追加)

もしそうだとすると、日本は東アジアだけでなく戦前のように世界と旨く行かない筈である、米国のような超大国が日本の後見人みたいになっていないと。

#91 小さな基地外の国(2014年一月中旬追加)

三通りの表記法がある本当の理由も解からず未だに開音節の言語だけを喋って、基地外にある日本は米国にとって、韓国にとって、中国にとって、北朝鮮にとって、ロシアにとって、世界にとって少し基地外の国ではないのか。

#90 安倍晋三内閣総理大臣は政治家として、ニゴシエーターとして失格である(2014年一月中旬追加)

半島の国々は20世紀に民族的に一度の言語改革をしたというのに、のほほんとして経済一辺倒で日本語がどういう言語であるか知らないあれは鹿馬である。

鹿馬につける薬はない。 

#89 いま深夜放送である宗教家が「無常」ということを説いているが・・・(2014年一月中旬追加)

仏教で言う「無常」と云うことは、実存主義でいう「AはAであったとしか言えない」と言う「対自存在」の世界のこと。

サルトルの実存主義の哲学は、仏教も包含した(超えた)、人間が作ってきた世界の全ての分野をカバーする「行動の教義*」であることが分かる。

一方日本人がめっぽう強い物の世界・物理の世界は、「AはAである」が通用する「即自存在」の世界。

分かりる?

* 「行動の教義」: サルトル自身が「実存主義とは何か」の中で最後から三行目で言っている。

『・・・。人間は自分自身を再発見し、たとえ神の存在の有効な証明であろうとも、何物も人間を人間自身から救うことは出来ないと納得しなければならない。この意味で実存主義は楽観論であり、行動の教義である。キリスト教徒が自分自身の絶望とわれわれの絶望とを混同し、われわれを絶望者と呼ぶのはただ欺瞞によってである。』

#88 日本には「意味」よりも「感情」で価値判断し、決定する「即自存在」に分類される素朴な人間が圧倒的に多い筈である。(2014年一月中旬追加)

日本語では「誰々・さん」と、「さん」を要求されるのもこのためである。

「感情」というものは個人的なものであり、「意味」というものは万人に共通な「概念」である。

感情と云うものは個人的なもので肉体が痺れることであり、概念と云うものは社会的なものである。

感情は動物が「怒る」のと同じである。

犬でも嫉妬する(妬いたり、拗ねることがある)ことがある。

目的の為に必要な順序を踏まない人は、「即自存在」の野蛮人である。

‐ 

#87 日本も自己主張を程ほどにしないといくら同盟国でも、そのうち米国は日本をかばい切れなくなる(2014年一月中旬追加)

 

#86 アフリカは開音節言語のふるさと、そして世界の隅々まで広がった、そしてその一部は閉音節言語に変化して行った。(2014年一月追記)

『東京オリンピックが開かれビキラ・アベベ氏が優勝したのは私が十歳の時で、アベべ氏のことはよく覚えている。

同級生たちは私のことを、”安倍倍、安倍倍(あべべ/アベベ)”とよく呼んだのです。』

と日本語で冗談を言い、最後の訪問国・エチオピアの、英語で通訳された閣僚の間から思わず笑いが漏れていました。

安倍倍さんはこれを言いたくて最後の訪問国にエチオピアを選んだのかな(笑い)と思うのでありました。

’60年のオリンピックではアベベ氏はマラソンの途中から裸足で走った軍人さんで、東京オリンピック直後二階級特進したことを覚えている。

100px-Abe_Shinzō[1].jpg 

△現総理大臣 安倍晋三氏

230px-Abebe_Bikila_1968c[1].jpg images[1].jpg

△故ビキラ・アベベ氏

△三枚ともインターネット・ウェブサイトより借用

#85 オマーンを訪問 中東アフリカ4か国歴訪/ 自閉症児は決して人の意見に耳を貸さないからな/「鹿馬につける薬はない」(2014年一月中旬追記)

餓鬼だ。

先史時代に出来「即自存在」向きの開音節言語だけをいまだに喋っている国の人に非常に多い。

永久先般たちもそうだった。

3fba140321d788e0bbb31d929969adaa[1].jpg

△こう云う時代はまだ人類が「即時存在」だった頃だろう。

現在の日本語の基礎はこの時代以前に出来た筈である。 

どっかの国の首相が人の意見に耳貸さず自閉症的なのは基本的にはこう云う時代にできた開音節言語だけしか話せないからである。

▽あーぁ 人類の故郷(ふるさと)、アフリカが呼んでいる!

そのアフリカも今ではもう英語を話すようになり、対自存在用の言語、英語を第一国語にする国が出来た。

DSC_1009 Africa Hey hey ho.JPG

DSC_1010 Africa Korokoro Church.JPG

△エチオピア・コロコロ教会 ♪どんぐりコロコロ どんぶら子~♪

- 

#84 軍事同盟国の謀反として米国は全く新しい経験をしているようだ(2014年一月4日記)

養子みたいなものに意見を言っても無理だし、米国には勉強、新しい試練になるのではと思う。

米国はこの試練を克服して行くだろう。

#83 アフリカでもどこでも行きな、そんに戦争がしたいなら、帰って来なくていいよ。(2014年一月追加)

ただそれだけ。

 

#82 日本は政治家からして発達障害で半分基地外の国/ 突然何をし出すか分からない/日本は物質的には豊かであるが政治家が心に棘の生えたしっちゃかめっちゃかでゆとりのない心の貧しい国である(2014年一月追加) 

やっぱりぼくがここで小論文を書いたとおり、日本語が「即自存在」向きの、いまだに先史時代に生まれた開音節言語だからである。

第一国会議員からして世界の共通語が喋れず、言語の発達障害に罹り、日本の国会議員だけがミサイルの飛ぶ時代に、世界のコミュニケーション能力に欠如している。

この言語的自閉症気質が日本の国会議員の真の姿である。

灯台出が、世界で一番多く離されている言語に、時分地震が振り、廻されている。

こう云う国は回りが世界が、常に注意して掛からねばならない。

突然、何をし出すか分からない。

これは政治家が一番控えなくてはならないことの一つでは?

小賢しいくてエコノミックアニマルと云う評価は正しい。

日本国万歳!!

日本国永遠なれ!!! 

#81 「この国の人は定年後も働いている」(あの例の、テレビコマーシャルでお馴染みのTommy Lee Jones の言葉)(2014年一月追加)

なるほどねーっ。

考えてもみなかったが、外国では定年なると仕事を離れる人が多いのかなぁ。

まっ、それが普通なんだろうな。

それでないと何の為の一括りの「定年」なのか分からなくなってしまうしな。 

日本人は働き蜂のようにせわしなく働いていないと生きてられない肉体労働者で、日本は「切り」のない国だ。

しょうがないよな、話している言語が即自存在(Being-in-itself)用の言語だから。

♪♪これでいいのだ~ これでいいのだ~ 天才ばかボンボン ♪♪

 

△ ソニーMAVIKA で

#80 世界は日本を救えるか(2014年一月追加)

答えはノー。

中国が「歴史を認めない者に未来はない」と言うはその通りである。

物事はこの基準で必ず結果する。

日本政府は出来るだけ早く中国・韓国に謝るべきである。

謝らなくても日本は形を変えて他律的に必ずより大きな、ますます悲劇的な責任を取らされる様になっている。

日本が責任を取ることに、取らされることに変わりない。

日本語一つ取り上げただけでも、日本の性向が解かってしまうのである。

それなら、主体的にできるだけ早く歴史を認めたほうが賢明である。

まさに「歴史を認めない者には未来はない』の通り強情に強情を重ねて原爆を二個も落とされて日本は一旦仮死状態になってしまった。

またそれに近いことが他律的に起こると思う。

#79 今日ラジオで聞いた同音異義語(2013年12月31日追加)

 キセーチュー だって

同音異義語の非常に多い日本語でこうして日本人の顔は知らず知らず、「帰省中」と「規制中」と「寄生虫」を足して3で割ったような無表情な顔相・扁平な顔立になって行く。

#78 人類の潮流に乗れなかった今でも開音節言語の日本語は、個人が話すのは自由であるが法人格を持つ団体、特に一番大きい団体‐世界の構成員としての国家‐の言語としては不適格な言語である。(2013年12月31日追加)

そう云うこともあって原子爆弾が唯一、それも二つも日本に落ちたのだと思う。

三つ目は外国に落ちない筈である。

三つ目が落ちるとすれば同じ理由で、また日本の筈である。

また人間の英知の集積でもある諺にも、「二度あることは三度ある」とあるように。

22642股旅.jpg

△日本人には富士山と三度笠が良く似合う

#77 驕るなニ・ッ・ポ・ン!/ 本質的には変わらない/日本人は身体を使うことばかりでなくて、もっと頭を使うことをやれ、頭を!(2013年12月下旬追加)

どっかの国の人が 'pudding*' と云う発音を聴いて 'ぷりん*' と発音することや 'machine*' と聴いて 'ミシン*' に聞こえたことは、鼻に動物の骨を刺し、腰にはペニスケースをし、手に槍を持って全裸で野原、

ジャングルを駆けずり廻っていた少数部族が 'America*' と聴いて 'メリケン*' と受け取り、これを 'メリケン、メリケン' と盛んに言ってたことと本質的に変わらない。

*たとえ話の中の例です 

‐ 

#76-6 同盟国であっても〔世界平和の為には〕やる時はやる!その時は日本が無くなるときか/今の東アジアの不安定は行くところまで行って米国と中国が手を組む(もう三分の一位は手を組んでるよう

なもの)ことによって収束する/米国はいつでもどっちにでもスイッチできるように人間として偏向なく平等に視ている。そうでないと思う人は潜在意識的に被害者意識かひがみ根性が強い人(2013年12月下

旬追加)

中国も言っている「歴史を認めないものには未来がない」と。

これに韓国と北朝鮮とロシアが後押しをする。

 なぜかと云うと、いままでの戦争は宗教の対立による戦争が多かったが一通りやったようだから、今度は宗教よりもずっと根源的な言語の違いによる戦争になる筈である。

閉音節言語と開音節言語。

開音節言語だけで国家体制をとっている国は日本の国だけ。

それも国民が一億以上の人口は大国に属する。

開音節言語はそもそも言語のないところに創めてできる言語。

閉音節言語はその開音節言語を母体として出来上がってくる言語。

そして人類の歴史が記録できる有史時代が始まる。

世界にとっては、日本が先史時代の人間が核兵器を持とうとしているようなものなのである。

朝鮮半島の言語は子音の数が英語と同じの全27文字のハングル文字を全面採用して、その創作以来幾多の試行錯誤を経て、終戦直後に閉音節言語への永い航海の旅に出帆した。日本の植民地政策と

を言わせず強要され先に身につけてしまうと外国語の習得がほとんど不可能な重度複合障害言語の日本語が反面教師性とカタパルトの役割を果たして。

このことだけ考えても日本は知性の欠け、エコノミックアニマルの蛮性一系(先史時代から今に至るまで同じ一つの開音節言語だけを喋っていると言う意味)の国、第二のバンダル民族であることが分かる。日

本には注意しろ、眼を離すな。

世界も日本には米国の傍に居て貰って、首輪をつないでいて呉れる方が安全だと考えているから。

なぜならば日本語は今に至るまで「即自存在」向きの開音節言語だから。

おぬし、このことが分からぬかっ!

いま午前10時50分ごろであるが、テレビで意味深なテロップが流れた。

「米国は同盟国であってもやるべきことはやる」のようなことをどこか外国の街角で白人の一人*が言ってた。

米国の男性かどうかはわからない、可能性から言うとそうだろう。

これは、日本が核兵器を持ってしまった時だろうか。

日本は日本国中焼夷弾の絨毯爆撃を受けたこともあり、原始模擬爆弾を主要都市に落とされたこともあり、さらに人類唯一原子爆弾を落とされたこともある。

日本の主要都市にまだ未使用の水素爆弾、中性子爆弾**が落とされる日がついそこまで来ているのかなぁ。

『この恩知らずめ。ここで日*を「国家」から核兵器も原発も作れない「開音節言語しか喋れない一少数民族」にいっちょ格下げさせちょうか。(某国の右翼の言)

その予兆として日*に居る外国人を引き上げさせるのではないか

沖縄県だけは落とされなかったりして』(『 』の中はフィクションです) 

*この男性は日本のことを意識して言ってるのだろうか

**建物を破壊せず生命体だけを閃滅させるという

#76-5 概して過去志向の人は粘着質の強い人!?(2013年12月下旬追加)

サルトルは生理的に粘着的なものを嫌っていたようである。その理屈をサルトルは詳らかにしてないようだが、きっと類まれなる知性に基づいた彼の感性がそうさせていたに違いない。 

#76-4 出来ないことを努力してやることは「馬鹿」のすることである(2013年12月下旬追加)

‐ 

#76-3 安*首相の「未来志向」は嘘っ八、鹿馬は死ななきゃ治らない*(2013年12月下旬追加)

*本はいまだ開音節言語しか話せない国。

開音節言語は言語のない所に創(はじ)めて出来る言語。

だから元々先史時代の生活に向いた言葉。

日本語は開音節と云う大前提を変えずに主に漢字・カタカナ語を採用・使用することで、過去から現在への一方通行の意思疎通である「視覚**」面のみを利用することで語彙を増やしてきた。

だから日本語は過去志向の極めて強くその分だけ未来志向が少ない言語。

安*首相の言ってる「未来志向」は半分嘘っぱち。

カーソルが確定ボタンを押すまで〔納豆のように[わーい(嬉しい顔)]〕糸を引くのもこのためです。

だからその日本語だけしか話せない日本人はとても過去志向の強い民族。

言語に原因があるから、いくら回りが口すっぱく言っても無駄。

まさに「鹿馬につける薬はない*」というもの

日本にだけ原爆が二つも落ちたことで分かるでしょう。

閉音節言語は開音節言語を母体として出来上がって来る言語。

日*は言語的に、発達障害の国。

同盟国の*国は、障害者を扱うようにだましだまし付き合って行く他ない。

米国自身のみならず、世界平和のためにも。

*だから国民は、世界はそのときが来るまで辛抱強く待つしかない。「東アジア情勢を不安定にさせてることとは別に戦没者の慰霊をどこでやろうがそれはその国の自由であり外国のとやかく言うことではない」と米国が発言をあえて明確にしたことは、つまり「世界はそのときが来るまで辛抱

強く待つしかない、それ以前に世界の安定秩序が保てなくなったら米国はそれなりの対処をするよ」、そう云う意味と自分は解釈する。『言葉』のできない発達障害児のような餓鬼、道楽息子のようなのを同盟国に持った養父のような麦国も大変だ。

**書いたものは書いた傍(そば)から過去のものとなって、過去から現在への一方通行の意思疎通のものとなる。音声は喋る傍から消え去ってしまいまさしく現在的だが双方通行が可能な意思疎通である。音声は録音できるがお互いに録音しながら会話することに意味がない。

#76-2 このところ米国は北の将軍とトーナンの将軍からダブルパンチを喰らった、一つは身内から/ 前国務長官のヒラリー・クリントン氏は公職を離れる直前に・・・(2013年12月下旬追加)

留学経験がある若いキム・ジョウン氏に期待をかけたが、総書記に就任後の彼に失望したと。

今日靖国を参拝した安倍首相に米国が失望したと。米国と云うことは大統領が失望したと云ってよいだろう。

片や国務長官級の失望と片や大統領(日本のラジオ番組ではアメリカと言っていた。日本は同盟国なので「大統領」言葉を使うと日本人には余りにも直截的で避けたのだろう。

つい一週間前ごろ米国の世論調査で中国と日本のどちらが好きかと聞いたら、数ポイント中国の方が多かった。

今回の靖国参拝で、その差がもっと開くことが危惧される。

北朝鮮に一番似ている国家は日本である。

日本が変わらないと北朝鮮は変わらないよ。

♪♪ いま~こそ~~ 分か~れ目~~ いざ~~ さらば~~~ ♪♪

#76 自*党の大人になりきってないごろつき紛いの性格がまた出た!?(この項のカテゴリー:同音異義語)(2013年12月下旬追加)

尖*初頭のほぼ突然の国有化、靖国の参拝などプロボカティブ(長髪的)なことをしちゃだめだよ

いくら自分の都合と言っても

それは世界に通じない自分の都合

これら二つについては二本が悪い

外光とは隣近所のお付き合いと同じで、できるだけ近隣諸国にに迷惑を掛けないようにしないと

大人なんだから、自分のやることは抑えないと

中国と韓国の主将がますます会って呉れないよ

主唱は中国、韓国の気持ちを傷付けるつもりはなないって言っても、傷つけてるじゃないか

世界が、米国が日本からまた遠のき始めてしまうよ

第一、同盟国の米国がジレンマに陥ってしまうよ

でも件名で公平な米国は、この先あまりにも日本が分からんことをすると、中国と韓国に道場を寄せるようになると思うよ

中国の防空識別圏内で不足字体で民間機が遭難した場合など、米国は日米安保条約外の問題として、日本の肩を持ってくれないかもよ

被害者意識の強い日本人は僻みっぽく受け取り、同盟国のアメリカに懐疑的な目を向け始める

日本の政治家はまだ大人になってないまだ青二才だ

もっと大人になりゃなくちゃ、いまだに先史時代からの開音節言語だけを喋っている閣僚たちどの

日本が良いか悪いかは、周りの国が決めること

日本の氷菓は日本が決めることじゃない

自我持参することじゃない

決して日本が犯罪者と云うわけではないが分かりやすい例として、犯罪者の精神官邸するのは決して自分でなく、本人と関わった人々から二乗を聞き、精神下位が決めること

これから世界が信念を迎えようとしているときに

神授奇習攻撃みたい。

日本人のメンタリティは戦前と変わらない。

なぜなら日本の国は先史時代から今に至るまで、「即自存在」用の開音節言語の日本語だけを話しているから。

 

# 75 すぐ感情的になることは控えなさい(2013年12月下旬追加) 

日本人は罵倒したり、すぐ手を出したりすることは止めなさい

日本人は知性のない民族だと思われますよ。 

#74 母音の無声化は「う」から始まった/「あいうえお」のうちで母音の無性化が始まりやすいのは「う」の筈である(2013年12月下旬)

ちょくせん、からす、さむらい、おっす!などが ’choksen' 'karas' 'samrai' 'oss! になるように、「あいうえお*」の内で「う」が一番無声化し易い母音であり、それゆえ無声化するケースの内で一番数が多いのが「う」の筈であり、「う」が

一番最初に母音の無性化の口火を切ったのではないか

何故かと云うと「う」は母音5音の内で一番エネルギーの少ない母音だからである

エネルギーは質量と等価であるから(E=mc^2)、「う」は母音の内で一番軽い質量でなので動かし易く、言い換えれば最も動かされ易い母音であり無くなり易く、一番最初に欠落して行く筈である

母音のうちで正面から見た唇の開き具合で面積が一番小さい母音は「う」であり、従って母音の発音によって口外に吐き出される息のうちで、エネルギーが一番少ないのは「う」であるからである

そして動詞の現在形がかならず「う」で終わることを考えれば、母音の無声化が始まったのは動詞からではないのか。

*「あいうえお」は音の高低順、エネルギーの大きさ順に並べると「あ・え・い・お・う」になります。

正面から見たとき口の開き具合(面積)が、あ・え・い・お(を)・うの順で小さくなって行くのが分かります

息は暖かい塊りですからエネルギーを持っており、エネルギーと質量は等価ですから、質量はあ・え・い・お・うの順で軽くなって行きます。 

#73 いまテレビで特攻隊の話をしているが・・・(2013年12月中旬後期粛清*)

いまテレビで特攻隊の話をしているが、”特攻隊、特攻隊”というが、”神様になられた”と崇められ奉(たてまつ)られて、結局のところ生命軽視の点では、いまの”自爆テ”ロとほとんど変わりはないではないか

その点では、日本は先進国である。

南の島では今でもゼロ戦だとかの戦争の残骸物が手付かずに残されている

近代史・現代史を大切にする国々なのだろう

原爆ドーム同様、世界遺産にすればいい。

そうすれば、ゼロ戦が世界遺産になる。

*「コーキ」と言えばすぐ「コーキシュクセー」と云う言葉が自然と口を衝く。

タレントのハルク*ちゃんがTVパーソナリティの吉田照*に請われてドイツ語訳で戯画的に!?大声でモンストレートするラジオ番組があるが、それがヒットラーの演説や当時のドイツの官憲の言葉を連想させる。

日本語は、ド*ツ語以上に硬くて強い響きをもった言葉の多い言語である

こうして世界の美男美女が日本に多く生まれる。

 

# 72 カタカナ語に培われた日本のラジカリズム(radicalism)(2013年12月追加)

カタカナは永い歳月を掛けて出来上がってきた外国語の言葉を、いとも簡単になんの苦労もせずに日本の発音記号であるカタカナに変えてしまう

この意味で日本人は、世界一アホでり、世界一級の蛮族でもある

カタカナ語は人類最大の愚行である

だから日本にだけ原爆が二つも落ちたのである

一つ目は戦争を終わらすために、二つ目は日本人の蛮性に対して

書き換えられたカタカナ語は、見掛けからはどこの国からの言葉かは見分けがつかない

カタカナ語は産地偽装の、単なる記号の発音の羅列なのである

日本人はこの無機質な記号の羅列を、血の通い人間の汗が染み付いた「言葉」だと勘違いしている節がある

カタカナ語はこのように日本人のラジカルな思考を培ってきた

いまの物質的な豊かさは、ほとんどこのラジカルな思考・行動に負っているところが多い

大東亜共栄圏構想に基づく真珠湾奇襲攻撃や何もないところに事件を故意に起こした柳条湖事件、満州国設立や東アジア及びミクロネシア・南太平洋へ短期間の進行も、この日本人特有のラジカリズムから発している

万角列島の国有化もそうである

このラジカリズムが東アジアの緊張を高め、世界の緊張を高めた

そしてついに日本にだけ原爆が二つも落ちた

いままた戦前と同じようなことが繰り返されようとしてしている

中には千年二千年掛けて出来上がってきた言葉をいとも簡単に発音記号に書き換えて言葉を格下げてしまうことは、ヴァンダル(星人)行為にほかならない

いとも簡単にカタカナ語に書き換えてしまうことは、それぞれの外国語に対して神社仏閣の建物や鳥居、墓石などひっくり返し、スプレー缶で瞬時にスプレーすることと同じようなことではないのか。

 #71 今日の同音異義語 (2013年12月追加) 

 ギソーバシャ(ギソウバシャ) と ギソウケッコン(ギソーケッコン)でも日本では、「儀」も「偽」も変わらず、ほとんど同じものではないでしょうか。

 #70 今日の同音異義語/日本語の同音異義語は増えるばかり (2013年12月追加) 

 カンコ-チョー(カンコウチョウ)

 カンコーチョーは数年前に作られた新しいカンコーチョーです

 古い辞書には載ってない

 あまりにも多い同音異義語はその言語を話す民族の顔相を無表情にして行くと思われる

 同じ発音で二つ以上の意味を持たせるには無理があるからである

 そのような言語を永いこと話しているとその民族は、その無理な分がどんどん蓄積されて先天的に無表情な顔相になって行く筈です

日本人は日本語以外喋れないので、日本人は最も無表情な民族の一つに違いありません。

同音異義語が大変多い日本語を、わたくしが重度複合障害言語と言う根拠の一つはここにあります。

‐ 

  #69 医療法人徳*会理事長の徳*寅雄氏が不治の難病に冒されていることはとても象徴的な現象*であると思う(2013年12月追加)

本人は医師だろうか

それはさておいて

悪いことは出来ないかもよ~~

世の中はそんな甘いもんじゃあらへんで~~っ

「主体性の哲学」とも言われるヒューマニズムの哲学「実存主義」のこの世の世界は、そんな甘いことはあらへんで~~っ

『人間は自由と云う刑に処せられてる』とサルトルは言った

人間には選択する自由があり

選択した以上はその結果について責任を取らなければならないとも言った

本人が直接責任を取らない場合は、二次的な事由(不都合)が原因で本人や家族やその責任下にあるものがが病気や疾病や事故、不都合に遭ったりするメカニズムになっておるのではないないだろうか-サルトルはこのような一見神ががり的な拡

解釈し、それを書き物として残してはいないようである。ここで来ると宗教〔学〕の範囲に入ってしまうからだろう。「何々だから人は悪いことはしてはいけない、いつも正しい行いをしなければいけない」と云うようにそれでは説法になってしま

うだろうし、個人に行為を強要するとはまさしく主体性の侵害だからである。「わたくしの行動の教義でもある実存主義を実施するもしないのも個人の自由として決して人に対価を求めることのなかった清廉潔白な人であったようです)

*雄氏の”目的(医療を広めること)のためには手段を選ばない(道義的に悪いことをする)”という生き方と”病”」とは、なんら関係のない、全くの偶然の一致、因果関係のないものとして片付けていいものでしょうか、「病は気から」と言いま

すし。

現象: 僕は人間が造って来た社会・世界で起こる全てを「現象」として捉へ理解しようとしている。いまさら難しいフッサールの現象学など勉強・理解しようなどとはしない、これが僕の「現象学」である。

現象として納得したあと、自分の価値観を当てはめようとしている。

 #68 本当の共感と云うのは同じ言語で、同じ場所で、同じ時間で感じ合うことである。(2013年12月追加)  

これをできないのは、しないのは大変由々しい問題である。

日本人はこういう共感をあまり大事にしようとしない。

 #67 心と云うものは・・・/ 心は自由そのものであるべき (2013年12月追加)

”心”と云うものは、重力の影響を受けない唯一のものではなかろうか

よって重力の影響を受ける物質で人間が作るロボットには、”心”というものを絶対に持たせられないのではないか!?

サルトルは、”意識”(つまり「対自存在」ということ)はそれ自体は”無”であると言っている

無であるから、重力の影響は受けないと解釈すべきだろう

僕はサルトルが言っている”意識”は、「人間の心」だと解釈している

だから”心”とは一切の束縛を受けない、まったく自由なものではなかろうか

その自由には、自ら選択したことに、自らしたことに責任を持たなければならという義務が必ず伴なう

これを、サルトルは『人間は自由と云う刑に処せられている』と言っている。

 #66 カタカナ語思考 (2013年12月追加)

真珠湾攻撃だとか柳条湖(盧溝橋=マルコ・ポーロ橋)事件だとか最近の尖閣列島の国有化などは、日本人特有の「カタカナ思考」から出た行為ではないか

今回の中国の突然の「防空識別圏」の設定も、日本の短兵急な尖閣列島の国有化の手続きに中 国が頭に来て、それに対抗したことは明らかである

米国の軍部も防空識別圏設定自体はとやかく言うことではないことのようないことを云ってた。

米国は中国を挑発した日本には米国は日本人の気質を知ってか日本については言及しなかかっ  たのだろうと考える

英語とか中国語とかはその言葉が少なくとも何十年、ほとんどは何百年を掛けて出来上がってきたものである。

ところがカタカナ語はいとも右から左へと簡単に作られてしまう

英語単語とか漢字には永い永い時間が掛けられて出来上がってきた

どころがカタカナ語は昨日聞いた外国語をいとも簡単にカタカナと云う発音記号に変えてしまう

いくら発音記号のカタカナを連ねても、発音記号は発音記号であって言葉ではない

日本人が日常生活においてもカタカナ語思考をしているのは、火を見るより明らかではないか

カタカナ語が、15,000以上にもなっちゃって。 

 #65  米国は東アジア情勢が最悪の場合どういう処に行き着くか、薄々感じ始めている(2013年12月追加)

米国は日本のことを、日本人の性格を十分知っており戦前の太平洋戦争のこともあって、最悪の場合東アジア情勢がどのようになるかおおよそ感じ始めている

日本は同盟国であるので日本の希望をできる限り実現してあげたいとするだろうし、また米国は主体性を一番大切にする国でもあるので、自分達の国の運命は自分達で決めなさいと言う態度をとる。

日本の国が満州国を作ったりして自制の利きにくい、歯止めが利きにくい国であることを十分過ぎるくらい知っている筈である。

 #64 類人猿の申取くんは神がかり的なことを言う(2013年12月追加)

 《英語より》カタカナ語の多い日本は、今すぐではないけれど、いずれまた世界に負ける筈である。

 なぜなら今となってはもう、日本語は重度複合障害の言語ですから。

 ‐「特別秘密保護法案」の綱引きを終えて‐

 #63 北*鮮が日*の「特別秘密保護法」の成立直後に、拘束していた米*のニューマン氏を開放したと (2013年12月追加)

これは北*鮮からの米*に対する何らかの信号ではないのか

どっかの国の政府と国民に勘付かれないように送ってるシグナルではないだろうか。

 #62 今日の同音異義語(2013年12月追加)

 ”僕はもともと、デブショー*なんです”

  出不精 と デブ症

 同音異義語が異常に多くある言語は、その民族の顔相を無表情にする筈です

 一つの同じ発音に幾つもの意味合いを持たせることには当然無理があります

 その無理な分だけ無表情になる訳です

  これは映画・演劇の一人で複数の役柄を演じることにも云える筈です

 それが何十年、何百年続けば、その民族の顔付は無表情になる筈です

  だからこれが、ぼくが今どきの開音節言語の日本語を目の敵にする理由の一つです。

 * 日本人は辞書に載っている「しょう」と云う発音よりも、「しょー」と長音で発音しているのがほとんどです

 日本人は発音記号さえ正確に記さないと云う悪い悪い習慣があります

 ことことが日本人のいつも捉えどころのない精神性に影響を与えてるとしか思えません。    

 #61 北朝鮮は日本を挑発している (2013年12月追加)

 安*首相は北朝鮮の挑発に乗ろうとしている

 北*鮮は漢字と仮名交じりの重度複合障害言語の日*語を押し付けられた屈辱から、国の文字をハングルに統一した。

 北朝鮮はその屈辱を忘れていない筈だ。 北朝鮮は日本を現在のような東アジアと世界のおける北朝鮮鮮に取って代わらせようと、日本の政治状況を注視し、挑発している

 首相は国民に不利な「特別秘密保護法」などを作って、この挑発に乗ろうとしている。

 どういう内容の保護法を作るかは日本の「主体性の問題」なので米国はそこまでは指示、干渉できない。

 #60 近隣6か国のうち3カ国と仲が悪くて、どうして世界の平和を積極的に構築できるのだよ(2013年12月追加)

 まず近隣諸国から始めなさいよ

 一番直近の韓国から友好的になりなさいよ

  自分が変わらないと相手は変わらないよ。

 #59 世界は英語で一つになろうとしているのに・・・/主体性が大切 (2013年12月追加)

 東南アジアからの高校生らしき観光客もインタビューに英語で答えているのに

 日*の国会議員は、英語を自由に使えない

 日*の国会議員は世界一の馬*だよ

 日*の国会議員がいる限り、この地球上から戦争はなくならないよ

 だからいまの「平和憲法」がある

 口頭で主張しそれでも駄目なら、彼らが自然死して新しい世代に変わるまで辛抱ずよく待つしかない

 それまでには私も死んでしまうだろうが

 著者自身が「行動の教義」であると云っている別名「主体性の哲学」が、そのことを教えてくれる。

 なぜなら人間は、「主体性」が一番大切だから

 これを侵してはならない。

‐ 

 #58 今日の同音異義語(2013年12月追加)

 表・無・し[手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)][手(チョキ)]

 国政も都政も、お・も・て・な・し、だって

 旨いことを云う

 英語で言うと、NO FACE って云うのかな

  5000万円のことで、猪瀬知事はよく覚えてないと

 東京の顔が・表・な・し! 

  Tokyo has no face !?

#57 米国の国防長官の談話が日本のテレビのニュースで流れた/防空識別圏自体は問題ではなくその手続きが問題なのであるような内容であった(2013年12月追加)

これは「特別秘密保護法案」が今国会で成立する見通しが付いたからであろうか。

この国防長官の直属の国家元首が数日前に日本に寄って日本に同調をする発言をし中国を訪問し、いま韓国を訪問を終えた頃だろう。

 #57‐2 防空識別圏の設定自体は問題ない、その手続きが問題なのだと(2013年12月追加)

 俺もそう思う

 日*の航空会社は何で事前に通知を出さないんだろう

 このようになった大きな切っ掛けは、日*側にあると思うのだが

 これではまた、日*は世界を敵にまわすことになるよ。

 これは与野党対立の問題ではないよ

 日*の悪循環を断つために、思い切って自*党は野党に歩み寄らなければならない。 

 #56 今日の同音異義語(2013年12月追加)

  〔ニランセー〕ソーセージ (ソウセイジ)

  ヨーショクギョー (ヨウショクギョウ) 

同音異義語は一つの発音で複数の意味合いを持たせるので無理があり、その無理の分だけその言語の民族の顔相を無表情にして行く筈です

日本人は日本語だけしか喋りませんので

そして一つ発音で10も15も同音異義語がある場合、その効果は絶大な筈です。 

  #55 欲の塊りで、英語が喋れない政治家の国・日*の不幸がまた始まりかねない(2013年12月追加)

 だがほとんどの閣僚は平和そのもの

 欲があるからその欲の方法しか見えない、その上国際語の英語を喋れないので彼らの視野は距離の2乗に反比例し、かなり狭まる

 これで国会議員だとさ!

 でも閣僚はうすうす感じているのかな

 だから「特別秘密保護法案」を急いで通そうとしているのかな

 日本国万歳! 日本国永遠なれ!

#54 甘利経済再生大臣が、顔面蒼白気味になって入院したぞーーっ(2013年12月追加)

 急に何かを言われたので目の前が真っ暗になったのかなぁ

 「普段」からの英語力がないと「いろいろと」外国との交渉ごとは大変だね

 身体に影響がないといいのだがね。

  日本は大変だ

 どうしても英語を第二言語にできない言語障害の日*の国は、いずれ内部崩壊して行く

 日本国ばんざーーい、日本国永遠なれーーーーーーーーーっ!!!!!

 

#53 今日の同音異義語 (2013年12月追加)

 「アカズノモン」 

 「開かずの門」と「飽かずの門」の二通りがあるそうな

後者の方はあまり認識してなかった、言われれば分かるけど

同音異義語が無視できないほど沢山あると、人間の顔立ちを無表情にさせます

一つの発音に複数の意味を持たせることには無理があるからです

その無理な分だけ人間の顔を無表情にさせます

同音異義語が非常に多い言語を永いこと話しているとその無表情が蓄積されて、人間は民族的に無表情な顔立ちになって行きます。

一般的に云って、日*人に顔の表情が乏しい人が極めて多いのはこのためです。 

#52 今日の同音異義語/ Hな私 (2013年12月追加)

 「ゴーコンセーコーリツ」だって

男女の出会いを「ゴーコン」とは、すこぶるロマンチックな響きだが

セーコーしたらいいな

じ一つの発音に複数の意味(役割)を持たせるには無理がある。その無理な分だけ日*人の顔立ちは無表情になる筈である。

日*人に生き生きした表情の人が少ないのは、第一の理由はここにあると思われる 

日*語は同音異義語が最も多い言語の一つ。だから日本語だけを話していると、日*人は最も表情の少ない民族の一つになる筈である。

#51 イギ*ス人は日*〔人〕をいとおしく思うことがあるのでは (2013年12月追加)

とくにイギ*ス人は自分達の言語のルーツである古代ギリシャ語が、いまの日*語と同じ開音節言語だったことに思いを馳せて、日*〔人〕を愛おしく思う人もいるのではないだろうか

  参 考

 居酒屋: タ-ベ-ル-ナ ( - は文節区分)

 古代ギリシャ語* ta-ve-ru-na**

  ↓

 古フランス語 taverna

  ↓  

 現代英語 tav-ern

* 線文字Bというあかさたな版が使われていた

** ワープロ機能に線文字Bもギリシャ文字もないので英字アルファベットで記した

線文字Bを解読した男―マイケル・ヴェントリスの生涯

線文字Bを解読した男―マイケル・ヴェントリスの生涯

  • 作者: アンドルー ロビンソン
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


images線文字B59音表.jpg 線文字B

265px-Linear_B5B15D-fe0d3線文字B.jpg その粘土板(未焼成)

- 

#50  キャメロン首相が今日一日(ついたち)良好な関係を作りに中国に向かうと。(2013年12月追加)

時期と言い、中国は着々と世界の世論を味方に付けている様だ

日本の閣僚達は、このことに気が付かないのだろうか

ことは、戦前の時よりも10の何乗倍速度で進んでいるようだ。

#49 今日の同音異義語、「コウセン」(2013年12月追加)

光線 公選 鉱泉 高専 交戦 抗戦 好戦 鋼線 公専 工船 工専 黄泉 公船

あるわあるわ

最後の公船は、軍事用語らしい。(防空識別圏の話題で聴いた)

一つの同じ発音で10の意味合いを持たせるのはとてもとても無理があるので、日本人の顔立ちはそのとてもとても無理な分だけ無表情になって来た筈だし、日本語だけを喋っている限りその言語がこの無表情に大きく寄与して行く筈である。

‐  

#48 米国は日本をかばい切れなくなる。(2013年12月追加)

日本が自分から引き返さないでこのまま行くといくら同盟国とは言え、米国が日本をかばい切れない処まで行っちゃうよ

そのところは、分かっているんでしょうね。

‐ 

#47 今日の同音異義語。(2013年12月追加)

 ”ヒコー少女”

インターネットの時代になってしばらく耳にしてないことこもあってか、また最近”風たちぬ”のアニメを見た所為か、この言葉を耳にしたとき、一瞬 ”飛んでる少女” かと思っちゃった

- 

#46 石原万太郎はアホだ。(2013年11月追加)

米国民間機は中国に事前に通知をするようになると。

イギリスもフランスもそうでない国もこれに続くだろう

中国の防空識別圏は、既成事実になって行くだろう

中国は防空識別圏は、日本をターゲットにしたものだと言う。

こんな状態がつづくと最初に落とされるのは自衛隊機ではなく、偶発的(不測の事態的)に日本の民間機に事故が起きかねない。

こんな不穏な状況を作り出したきっかけを最初に造ったのは一体誰だ

カタカナ語ばかり使って、彼もみっともない英語しか喋れないんだろう、アホ!

芥*賞とった頃から現在に至るまで彼の英語を聞いたことがない、アホ!

今や世界の標準言語になっている英語も碌に喋れずに、カバヤロウ! 

かばは生きなきゃ治らないというから

それまで辛抱強く待つしかないよ

そのことを「行動の教義」でもある「主体性の哲学」からぼくは学んだよ

人間の社会・世界で一番大切なのは「主体性」ではないでしょうか。

 (おまけ)

僕の感触だと、中国は台湾以南に防空識別圏は設けないと思う

中国は、国際世論を味方に付けて行くと思う

日*は、中国の思う壺にどんぐりコロコロはまって、さあ大変!

戦前と同じパターンであ~る

日*は余り強情を張らない方が良いと思う

日*は原爆投下から、無条件降伏から何を学んだ 

  ♪ どんぐりころころ ♪

  作曲  梁田 貞

  作詞  青木存義

1 団栗ころころ ドンブリコ

  お池にはまって さあ大変

  泥鰌が出て来て 今日は

  坊ちゃん一緒に 遊びましょう

2 団栗ころころ 喜んで

  暫く一緒に 遊んだが

  やっぱりお山が 恋しいと

  泣いては泥鰌を 困らせた  

#45 日*人て、カタカナ語がただの発音記号の羅列に過ぎないってことに気が付かずに死んで行く人が殆どなのだろうな。(2013年11月追加)

 日*は実に目出度い国だよ

 サムライ、サムライと言いながら、唯物論者がほとんどなのだと思う

 死ぬと、人間は心のある状態(対自存在)から物質だけの存在(即自存在)になってしまうと云うのに

 国*議員もほとんどそうなのだろう。

-

#44 日*に自殺者が多いのも日*語の所為である/これは政治の問題。(2013年11月追加)

きょうも電車に飛び込んだと言うニュースが流れた

日*に自殺が多いのは日*語が情緒的な言語であるからである

日*語の構成が「あ・え・い・お・う」のそれだけでは意味のない助詞など*の母音の順序で構成されて行き、それだけでは意味のない丁寧語「お」などの丁寧語が必要とされ、それだけでは意味のない「られる」などの助動詞があって、日*語

母音の「響き」に多く依存している、至極「情緒的な言語」であるからに他ならない。

情緒的であるから理詰めで行こうとせず自分の気持ちが整理出来なくて、悲観的になってしまうのである

日*語が今に至るまで開音節言語に停まっているのは、国家的・民族的な政治の責任である

どっか遠い半島の国では日*語によく似た**情緒的な言語をアルファベットの機能とそっくりな独自の文字を創作して、全ての単語に意味のある閉音節言語にしようと、前世紀の半ばほどに永い永い***航海の旅に船出した国がある。

開音節言語だけを喋っている「国」は日*だけとなる、世界で唯一異質の国となる。

どっかの国の首相は大粒過ぎて、人類史に残らない

Any premier of somewhere will not go down in the history of humankind.

どっかの国の首相が人類史に残るには...

*(「など」というのは文章の最後に終わるのは「動詞(現在形)」だからである)

**言語が一番似ている所為で外見では日本人と一番見分けが利きにくい顔立ちをしている

***100年以上かかるだろう

♪ 'Rudolph The Red Nosed Reindeer' ♪

 Rudolph the red-nosed reindeer

 Had a very shiny nose

 And if you ever saw it

 You would even say it glows 

 All of the other reindeer

 Used to laugh and call his names

 They never let poor Rudolph

 Join in any reideer games

 Then one foggy Christmas Eve

 Santa came to say, hoo hoo

 Rudolph with your nose so bright

 Won't you guide my sleigh tonight?

 Then all the reindeer loved him

 As they shouted out with glee

 Rudolph the red-nosed reindeer

 You'll go down in history

#43  どうもどっかの放送局は「LED電球百何万個云々」という表現を・・・。(2013年11月追加)

「百何万」に変えたようだ

そういえばこの間、「電球が何万個、何万個」と一シーンで何回も云ってたなぁ

あの時はさすがに堪えたな

男性だったか、女性だったか忘れたけど

つぎは、「何万」の番だ

何万棟(とう)になるのかなぁ

何万棟(むね)になるのかな、それとも何万世帯かな

いずれにしてもこういう子供のころから言いなれた美しい響きの日本語がなくなるのは至極残念なことだ。

#42 日本に対する敵意丸出し。(2013年11月追加)

中国が、米国がロウハニ政権のイランと合意した直後に尖閣列島沖を防空識別圏を設定したのは、米国と世界に対する配慮からだろう。

中国の、東アジアの敵意は日*に集中してきた

日*は他国に対して、世界に対してこういう配慮をしたことがあるか

そもそもこの様な緊張の引き金を強いたのはどこのドイツだ

きっと英語を喋らしたとき、たどたどしいカタカナ英語のような発音をするのではないか。

-

#41 'Kamehameha' だって同じ音を繰り返すのは二回だぞ。(2013年11月追加)

'Kokokoza' では、同じ音が三回も繰り返しているぞ

こんなのは、[健全な]言語とはとても言えない!

これは、(擬態語、擬音語)ではない

幼稚園児が唄う、’どんぐり コロコロ’ でもない

アフリカにある教会の名前だって ’コロコロ’ だって二回反復までだぞ 

こんな不自然極まりない言語で良い訳がない!

答弁に立つどっかの国の国*議員に、dead fish のような無表情のようなところがあるのも、こういう言語のためと思われる。

何とか賞と云う文学賞をとりながらカタカナ語ばっかりで、英語を国民の前で一度も喋ったことのない奴だ!

-

# 40  開音節言語しか喋れなくて国家形態を保っている民族には注意しろ!(Be careful with a people who speak open-syllable language only and are maintaining a form of nation!)(2013年11月追加) 

まあ、そういう国はいまや地球上に一つしかないからな(Now there is only one such country on the Earth.)

こういうことだから日*にだけ原*が二つも落ちたのである

だから、平和憲法は変えちゃ駄目だ!

# 39 人間はいつ猿から人間(対自存在)になったのだろうか。(2013年11月追加)

サルトルはこのことについて具体的に何も書き物にしてないようだ。余分なものを一切取り去ったのが哲学の精髄であり、精華というものだろう。

-

# 38 日本人に語学の才能がないのは、日本語が子音字のない開音節言語であることが最大の原因なのです。(2013年11月追加)

ですから小手先の変革では状況はほとんど変わらない筈です。 

-

# 37 よく問われる質問で、日本語に漢字・ひらがな・カタカナがあるのはなぜかという・・・(2013年11月追加)

これはひとえに日本語が開音節言語から閉音節言語に移行できず語彙が極めて少ないと言うハンディキャップを補うため、視覚的に語彙を増やしているのに他ならないのです、ただの一言です

-

# 36 日本列島と4色問題/言語も重力の影響を受ける!!(2013年11月追加) 

いまから40年ほど前、米国の二人の学者か研究者がその当時の電子計算機を1000時間稼動させて、4色問題を解いたというニュースがラジオで流れた。

どんな細かい地図でも4色あれば、同じ色が隣り合わせにならずに塗りつぶすことができると(ただし飛び地などは考えないものとする)。

日本列島を考えるとこのことを思い出す

プレートが四つ集まるところ位置しているのは日本ぐらいのものではないか

日本語は世界で一番変わった言語ではないだろうか

この二つは引き付け合うのではなかろうか

温かい空気の塊りのエネルギーを持っている息(と言うことは質量があると言うこと)が必ず音節の終わりに付く開音節言語だけを喋っている民族は、すでに閉音節言語になっている民族あるいは閉音節言語と共生している民族よりも、より地

球の重力(引力)に引っ張られており、中々移動を嫌う民族にしているのではないか

一億以上の人間が住み実質的に国語として話されている日本語が、今に至るまで開音節言語に留まっているのは、日本列島が世界で一番地震の多い一番危険な地殻上にあるからではないだろうか

なぜかと云うと日本語は世界で一番「不自然な」言語だからである

不自然な言語、時代のそぐわない言語は、絶滅の淵と隣り合っている!?

数千年前に日本列島に定住し、その頃は先史時代の生活にマッチした開音節言語であったがその後、既に閉音節言語に発展していた中国語の視覚面だけの漢字*を採用して視覚的に無制限に語彙を作れるようになっために閉音節言語

に移行しようと努力しない言語になったため、日本語は半永久的に開音節言語のままにとどまってしまった

日本語は世界で一番危険な地殻の上で喋られる一番不自然な言語になってしまった 

日本語がそうだから、最近の日本の若者の内向き志向には驚くものがある

日*語だけを話している日*の国の政治家・高級官僚は、じ*しのごとく日*レットウに屁張りつく! ? 

* 閉音節言語の漢字の一部を利用して開音節言語の発音記号としてカタカナ(ひらがなはカタカナを変形したもの)に変えてしまったことは、「先祖返り」に近いことではないでしょうか。

**日本語に漢字・カタカナ・ひらがながあるのは、偏(ひとえ)に日本語が開音節言語から閉音節言語に移行していないからに他なりません。日本語はそうして語彙を増やすほかないのです。日本語は音韻面(現在)を十分に使ってない言語

だとも言えます。その分日本語は視覚面に頼っているのです。会話において音は話してるそばから、聞いているそばから消え現在的なものです。そして視覚は過去から現在への一方通行のコミュニケーションです。日本人がとても過去志向

な民族であることが分かります。カーソルが納豆の糸のように後を引いて確定しないのもこのためです。こういう民族は機械のようにとても単純な面を持っている。だから日本には後見人のようなものが必要なのです。

そういうこともあって、このところ日本にはまったくの素人が駐日*国大使に三代続けて任命されている。

◎ 納豆 - Wikipedia

# 35 日本は自制の利かない国、国家を止めることができない国、だから危ない国。(2013年11月追加) 

# 34 中東・朝鮮半島には核兵器は落ちない筈である(2013年11月追加) 

落ちるとすれば(一番可能性が高い国は)、**である。 

なぜかと云うと、カタカナ*〔語〕があるからであり、

カタカナ〔語〕は、人類最大の愚行だからである

だから**にだけ二つも落ちた 。

* ひらがなに変えても同じ 

# 33 今日の同音異義語 /さんせっと(2013年11月追加) 

・「そこのサンセット77というスナックに入りましょう」

・「これを3セットください」 

# 32 今日の同音異義語 

「最新のししゅう病治療」 / 「恋のししゅう」 / 「ししゅう・ワッペン」 /  「この部屋にはししゅうが漂っている」など

(2013年11月追加) 

 #31  日*語がはっきりした「あ・え・い・お・うの五音」を持っている開音節言語の希少価値は認めます(2013年11月追加)

- 

 #30  いま世間では日本を代表するような施設での食材の偽装で喧しいが/とヨウショク (2013年11月追加)

そこで同音異義語の文章を作ってみた

「政府のヨウショクに就いているある政治家が赤坂の老舗のヨウショク屋さんでブラックタイガーというヨウショク海老を食べていた」

三つともよく使われる言葉である 

こういう言語はあまりないだろうな

前にも書いたが、沢山の同音異義語は人間の顔立ちを無表情にする筈である

なぜなら一つで二通りの、三通りの役割を果たさなければならない「無理」があるからである

日本と朝鮮半島の言語とはどちらが同音異義語が多いだろう

その半島の言語も子音表記のあるハングル文字の全面採用で、50年100年経つ内に同音異義語が淘汰され構文もSOVからSVOに変化して行き、言語の種類としてはアルファベット系言語に属する言語に変わっていくに違いない。

日本人と余り変わらない顔立ちは、表情豊かな顔立ちに変わって行くに違いない 

残った国は、この地球上で日本だけとなる。

地震の最多発地域での原発再稼動だとか放射能核廃棄物の最終処分場の候補地をこれから探すとか(放射能が消えるまで10万年掛かると言う)、現(うつつ)を抜かしている場合じゃないと思うのだが

エコノミックアニマルとしか言いようがない。 

- 

#29 エコノミックアニマル【economic animal】(2013年11月追加)/ 日本は半分狂っている

 安*さんやら京東電力のだれそれやらのエコノミックアニマルぶりは話している言語ゆえに終生変わらない!? 

 先月亡くなられた天野祐吉氏の訃報を伝えるニュースの中で、氏が「日本の国は経済、経済ばっかりでしょう・・・」 のような嘆慨する生前の映像が流れていた。

エコノミックアニマルとは、 

 ・経済的利潤の追求を第一として活動する人を批判した語

 ・経済的利益を追い求める動物の意。昭和40年代,国際社会における日本人の打算的・利己的な態度を皮肉った言葉

 これらの言葉がたんなる批判とか皮肉ではないことが、僕の「日*語は即自存在向きの言語である」と言うこの小論文で分かっただろう。 

最近オバマ大統領が東アジアに軍事力を増強するという。

新米だったル*ス前米駐日大使は日本人に馴染めなかったのではもしれない。

彼は当初「思い遣り予算」について、そのネーミングに不満を漏らしていた。

東アジアがどっかの国のお陰で、少しずつおかしくなってきている。

日*と北*鮮とはどちらが異質性が強いか。

一番重要な「言語」で言えば日*である。

芥川賞をとるほどの日本語力のある人が英語を満足に喋れない。

電力会社のような国の基幹産業の社長さんがいまどき英語も満足に喋れないなんて、日本は狂っているとしか言いようがない。 

日*語が「重度複合障害」の難病言語である証拠である。 

戦前と似てきているようである。 

△△エコノミックアニマルの第一人者  △△第二人者 △△第三人者 ・・・

- 

#28 「心」とは、一番重力・引力(物質)と対極に位置するものではないでしょうか?(2013年10月追加)

「心」とは何ものにも捉われない自由なものであるべきではないでしょうか。 

サルトルは「意識」それ自体は「無」であると言っている。 

無であるから形も重さもないことである。 

だから意識は重力(引力)の影響を受けないことになる。 

この意識とは「心」と同じとサルトル君は解釈する。 

動物が人間に近い心を持つには、「頭部」がより地球の重力の影響を受けない「二足歩行」になり、手が自由に使えるようになる必要があるのではと思う。 

チンパンジー?それともオランウータン?には、社会性があるという。 

彼らにも、「心」が芽生え始めたのだろう。 

 #27 中国人は産地偽装の言葉など使わない(2013年10月追加)。

いまテレビを見ていたら中国の街角が映り、その街角にコンビニのように「なんとか超市」と書いてあった。

きっと、スーパーマーケットのことだろう。

中国語にはしっかりとした言語があるから、意味のある自分の言葉に置き換えて表示する。

日*語は自分で作った言語ないから発音記号であるカタカタに置き換えて言葉を作る。

発音記号の羅列はどこまで言ってもただの「無機質な」記号の羅列で、言葉とは云わない。日*人は記号の羅列を言葉だと勘違いしている節がある。

また右から左へと外国語をカタカナ語に変えてしまうことは、言葉の産地偽装でもある。

言葉は精神の発露であり、

日*人の精神性のベースにはこのカタカナの影響が多くあると思われる。

#26 今日の同音異義語(2013年10月追加) 

・ 大陸で短足と胴長と"おいコラ”の傲慢な精神と小さな目と出っ歯と扁平な顔立ちとで、タイエキも振りまいてきたどっかの国のタイエキ軍*・野*人

これもみないまだに開音節言語しか話さない/せない民族だからである。

 * タイエキ(たいえき/ 【taieki】): 1.退役(retired [soldi*r]/ veteran)  2.体液(bodily fruid/ semen or sperm)

出兵した人から、半島の人は体毛が薄いということを直接聞いたことがある、もう30年程前ことであるが。

 #25 今日ラジオで聞いた同音異義語 (2013年10月追加)

「エーゴバンまで作られ・・・」

-

 #24 人間は本来、永遠に眠りたいのではないだろうか

だから人間は最終的に自分の存在を疑うこともない、そのものだけで100パーセント「存在できる」死に落ち着くのではないだろうか。

サルトルはこのことを、『対自存在が即自存在に飲み込まれる』と言っているようである。

(2013年10月追加) 

 #23 日本政府はこの小論文を速やかに検証すべきである。さもないと外国の政府機関か民間の研究機関が、日本政府より先に検証しちゃうよ。(2013年10月追加)

 The Japanese government should immediately start verifying the short essay of mine titled 'Japanese is the language for Being-for-itself'.

Or, foreign countries will start verifying the essay more earlier than Japanese government does. (Added in October, 2013)

 #22 この小論文の哲学的意味が分かるまでおよそ4年4ヶ月ほどの歳月が掛かりました (2013年10月追加)

かねてから日本語文と英語文の順序は真逆の反対回りであることには気が付いていました。またあまたある言語の中で一番対極に位置するのが日本語と英語であるとも感じていました。

MyRelatedBlogPage 日本文と英文の語順は反対回り/ このことは哲学的に宇宙的にど.. 

それが今年の半ばごろになって、サルトルの「即自存在」と「対自存在」の定義、『即自存在とはそれがあるところにあるもので(それが)あらぬところにないもの、対自存在とはそれがあるところにないもので(それが)ないところにあるもの』が、

そっくりそのまま日本文と英語文の関係に当てはまる(該当する)のではないかと閃いたのです。

そこでこのページの冒頭にある小論文を書いたわけです。

と云うわけで、日本語文と英語文の反対回りとその哲学的・宇宙的意味が分からないと表明してから4年4ヶ月ほどの歳月が掛かった次第です。

-

  #21 責任が持ち越されるはずである (2013年10月追記)

自分で責任をとらずにうまく切り抜けたつもりでもその責任は事故、病気、障害などの「不都合*」と云う形で、子に孫にとその家系に継承されるメカニズムではないかと考えることがある。

 * 事故・病気・障害などは「主体性が阻害されている状態」と考えることができる。「主体性の哲学」と言われる実存主義は人間に関わる全ての事象をカバーしている哲学では!?

#01 'It is better to be alone than in bad company.'

『悪い仲間と一緒でいるよりは一人でいる方がよい。』

(米合衆国第一代大統領 George Washington, 1732-1799)

-

#02 'When the people fear the government, there is tyranny. When the government fears the people, there is liberty.'

『人民が政府を恐れているときは専制政治がある。政府が人民を恐れているときは自由がある。』 

(米合衆国第三代大統領 Thomas Jefferson, 1743-1826)

-

#03 早くも、Abe 包囲網!?

 日本の Aberaham Lincoln さん、不如意なことが多いからと言って変な気を起こしたりして、狂い咲きなどしようとしないでね!日*の国は歴史の節目節目で狂い咲きをしようとして来た国だから。

 #04 ”Abe とは思考方法が違うようだし、俺を大*領にしてくれた英語を留学までしても英語のえの字も喋れず、横柄な日*の政治家は鼻持ちならなくて好きになれないから、俺との間に日*人にすこぶる受けのいい筈の「誰それ」を人事

よう。

おれは直接的にはなるたけ接触をしないようにする。

それにしても今回も前回と同様この人事には苦労したなぁ。プロの政治家は誰も引き受けて受けてくれなし、前任者は一期だけで絶対に辞めさせてくれって云って聞かないし。どちらも政治家としては新米であった”(このつぶやきは想像で

り、fictionです)

-

#05 この論文で、英語オンチの政治家は短期的にはエリート中のエリートと思われちやほやされるが、その実永い日*の歴史においては国の財政を一番に巣食う日*の石潰し・世界の石潰し、率先して国を滅ぼしているということが証明

きた!?

-

#06 心の世界

ぼく(サルトルくん自身のこと)、この歳になって思うんですけど、人間の社会って”心”の社会、”心”の世界だと思うんです。

今はただ、単純にこう表現するほかないんです。

-

#07 一番強い(=良い)生き方

ぼくは宗教家ではないが、最近、「一番強い(良い)生き方」と云うことについて考えることがある。

完全にそういう生き方をしたいと思っているが、行動までは繋がらないが内心一時的に感情的になってしまうことがある。

-

#08 日*語にひらがな漢字、カタカナがある訳/ 日*人自身に気が付いて欲しいこと(これはとても希少性のある言葉!?←誰も言って呉れそうにないので自分で言っとく)

それは端的に云うと、日*語が先史時代の生活に最適な開音節言語にと停(とどま)っており、有史時代に必要とされる語彙を、視覚的に増やすために採用されている。

ただそれだけのこと。

日*の国は言語が閉音節化されないまま、国家までに肥大化してしまった人類史上で唯一の国です。だから原*爆弾が二つも落ちたのです。

-

#09 一度嘘をつくと次々とより大きな嘘を使わざるを得ない所以・だから嘘をつく時は余程注意してつかないと

テレビのニュースで ”会社役員が自宅で刺し殺されていた” と

家の中が荒らされていたと、だから自宅に入った強盗と鉢合わせになってまずいと思われたのか、強盗にめった刺しにされたのではないかと

このように始めは唯の泥棒行為のつもりがそれを隠すために殺人行為にまでに発展しまうのである

このようにならないよう、嘘は微細なことに留(とど)めるよう普段から習慣付けましょう

連鎖反応を起こさない、罪のない嘘に留めるよう習慣付けましょう。

この悪循環から脱するために、努めて楽天的に楽観主義に努めましょう。

これは、云うに易し行うに難(かた)しですが。

そうすればいま若い君も、色々経験して年取った頃には、聖人君子に近い境地になれる!?(2013年8月追記)

-

#10 同じ日本人でどうしても理解できないこと・日本人の印象を悪くしていること

テレビを見ていて長いこと忘れていたことを思い出した。と云うのは自然とお酒を殆ど飲まなくなってから久しいからであるが、アルコールを注文すると「お通しです」と言って勝手に有無を言わずに僅かなおつまみを出し、あとでちゃんと請求

する。

これは金銭に対する日本人の印象を非常に悪くしていると思う。

ふつう外国では、一方的につけるサービスで無料ににすべきである。

それができなければそのような慣習は止めるべきである。

注文ごと現金払いで済ます明朗会計のカウンターバーでは、最初に注文するアルコール類には、小さなグラスに入ったナッツを無料でサービスして呉れた。

アルコールが進み、もっと食べたいときは注文すればよい。

これは日本の、日本人の金にたいする印象を非常に悪くしていると思う。

日本人はこういうところで損をしている。

それとも今は、純粋なサービスになってんのかな。(2013年8月追記)

-

#11 絶対的視点

・サルトルの実存主義哲学は我々に絶対的視点を与えてくれる!?(2013年8月追記)

  Existentialism of J.P. Sartre gives the absolute point of view to us!?

-

#12 なり手がない!?盥回し人事のようなもの!?一番の同盟国との冷え切った一面!?

 このところ外交にはずぶの素人が三人続いている。前任者氏については政権が続いているにもかかわらず四年で交代。二期目は固辞したのだろうか。

政治や外交で活躍しているプロの政治家や外交官は、日本を嫌って避けているのではないか。

こんな「欺瞞」に満ち溢れ、いまや人類共通の言葉英語がぜんぜん普及しない国など好きになれないと云うのも一つの理由か。

それともそのうち東アジアが戦前のように世界の政治の中心になっていく可能性があるとでも思っているのではないだろうか。

 それにしても政治家がいまだに土着の開音節言語しか喋れないと言うのは、本当に世界の困りものである。

だから日本列島に閉じ込められでいたのであろうが。

今ではそれでは通用しない。(2013年8月追記)

-

#13 かねてから自分は日本語と英語は対極に位置する言語であると言って来た

この英語と日本語を結び付けその関係を明確にして呉れたのがサルトルの「実存主義」の哲学であった。私が書き上げたその小論文がこのエントリーの論文である。(2013年8月下旬追記)

MyRelatedPage:

 日本語と英語との大きな違い・日本語と英語は一番対極する言語で..

音声言語に対極に位置するのは視覚言語(中国語)ではない事実は..

-

#14 英会話の番組で英語を教えてるそばからカタカナ表記を使って、この番組の担当者は英語教育に熱意が薄いことが分かる!?

番組の中で外国人の講師やアシスタントの名前を紹介するのに必ずと言って良いほど「ご丁寧に」カタカナ表記を使っている。

英会話と言いながら日本人が観念的に勉強していることから抜け抜け切れないことが分かる。

この遠因であり原因であるのは、日本語には子音を表わす表記法がなく、日本語がいつまでも開音節言語にとどまっているからであり、日本が言語最「先」進国であるからである。

日本語万歳!(2013年9月追記)

-

#15 英語*と実存主義が表わしている日本の国民性/今の平和憲法の大要は変えてはいけない

日本人の向き志向 =(イコール) ’Being-In-Itself**(即時存在)’ 

日*人は民族的に(と云うことは「言語的に」と云うこと)軽い自*症気質!?

*   フランス語でも同じ。フランス語では、'être-en-soi' と云うらしい。

** 即自存在に対立する概念として、Being-For- Itself(対自存在)がある。

 ・・・ 最近耳にした言葉: 『内向きな日本の若い世代の出現には驚いている』 を聞いて・・・

(2013年9月追記)

-

#16 サルトルの実存主義は「主体性の哲学」とも言われる。「病気」も「事故」も身体が不自由になって本人の主体性が削(そが)がれることに変りがないので、彼の哲学は「病気」、「事故」の分野にも適用・応用できる哲学なのではないでしょうか。

なぜ人間は病気なるのか、なぜ人間は「事故」を起こすのか、サルトル哲学を敷衍して行けば「病気」・「事故」についても適用・応用し、それらを予防しうる哲学ではないだろうか。 

類人猿の申取くんは奇異なことを言う。

(2013年9月追記)

-

 #17 二三日前Webでbrowsingしていたら、アメリカ人の女性に、「なぜ日本はカタカナを廃止しないのか」のようなことを言われたと言う記事が載っていたが・・・/閉音節言語に発展できずに開音節言語留(とど)まってしまった唯一の言語/だから平和憲法がある

それに対する日本人の意見はどれもこれも私には的を外れている意見のように思えた。

その中には日本語が漢字、ひらがな、カタカナの三つの表記方法があって他の言語より優れた言語であるような意見もあった。

この女性ように外国では市井人の中でも(専門の言語学者でなくてもと云う意味)このように的を得た鋭い質問をする人もいるんがなと感心した。

日本にカタカナがあるのは唯一つの理由からだけである。

それは、日本の国(民族)が世界で唯一開音節言語から閉音節言語に移行発展進化できなかった民族(国家*)に他ならないからである。

「あかさたなはまやらわ」の五十音言語は先史時代の生活に必要とされる(極めて)少ない音声語彙しか作り得ないので、その欠点を補うためただただ漢字やひらがな(カタカナ)を採用して視覚的に語彙を豊富にしているに過ぎない。

このことが日本人にはなかなか分からない。

日本人は本当に輪に輪を掛けたような、漢珍頓で御目出度い民族だと思わざるを得ない。だから日本にだけ一度ならず二つも落ちた。

日*人がいる限り、この地球上から戦争はなくならないと思う。

だからいまの、「平和憲法」がある

* 日本語に非常によく似た朝鮮半島の言語には子音を表わす文字がありいま盛んに使われている。日本語にそれがない。この半島の言語は日本語によく似た部分(同音異義語が多い、助詞があるなど)を少しずつなくして行き、ほぼ完全な閉音節言語に近づいて行くに違いない。

(2013年9月追記)  

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

  • 作者: アーサー ボストン
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本


-

#18 母音言語と子音言語に関するほかの意見もあります

    『子音言語民族はすっぱりと割り切れるが、 母音言語民族はなかなか (PDF) (2013年9月追加)

-

#19 カタカナ語は、そのほとんどが「産地偽装」の言葉であり、話者を自*症気質にする言葉です 

そういう国は、とても一等国にはなれない、

程ほどにしないと、身分不相応なことをするといずれ不幸がやってくる、

戦前の戦艦大和だとか、ゼロ式戦闘機だとか。

日本もどっか遠い半島の国々(二カ国)のように、子音も表わす独自の文字体系(アルファベット機能を持ったものが理想)を考案するなり、それをする気がなかったら現在の開音節言語の日本語を一時捨てる位の気概で、国家規模で英語

育をすべきであると思う。

世界からの素朴な質問: 『なぜ日本はカタカナを廃止しないの?』

これに対する的確な答えにめぐり合ったことがない。

その理由は、悲しいかな、いま最も進化した言語、*語・*語を話す人が極めて少なく、アマチュアはもとより言語学者を含めても、広い世界観に立つことができない人がほとんどだからと思われる。

 (2013年9月追加)

-

#20 人間はなぜ戦争をして来たか、大戦争(世界大戦)を2回までして来たか

戦勝国の言語が広がるため、世界が一つの言語で分かり合えるために

人類が共通の言語も喋れるように。

この法則にどうしてもそぐわない、馴染まない国がこの地球上に一つある

だから原*が二つも落ちたのである

いまだに開音節言語しか話さない国である、

開音節言語と閉音節言語はそれぞれ別の発達段階の言語である筈でありながら、自己の言語が開音節言語のままで閉音節言語の視覚面だけを横着に採用してしまった世界で一番不自然な言語を喋っている国である

その横着が、特に為政者・政治家の無能、横着が今に続いていると言ってよい。

今に至るまで開音節言語だけに留まっているのは、国語に子音表記のないことが一番大きなネックになっているからと思われる。

 ハングル - Wikipedia

  (2013年10月追加)

 100px-Abe_Shinzō[1].jpg


タグ:どんぐりころころ 憲法 ドイツ 病は気から どんぐり 無理 エネルギー かば コロコロ おもてなし ハンディキャップ 産地偽装 無機質 横着 二足歩行 無表情 基地外 エントリー メンタリティ スプレー缶 カーソル 平和憲法 オノマトペ 実存主義 George Washington 主体性 あいうえお Tommy Lee Jones 戦争放棄 超市 野蛮人 第一人者 二度あることは三度ある Thomas Jefferson 特異性 エコノミックアニマル 嘘っぱち 後見人 ケビン・クローン 難病言語 重度複合障害言語 対自存在 即自存在 主体性の哲学 constitution E=mc2(乗) かばう ** 反対回り dead fish EXISTENTIALISM Being-in-itself Being-for-itself peculiarity エネルギーを基準 意味が基準 真逆な順序で並んでいる 意味を基準 それがあるところにないもので、あらぬところにあるもの 改正手続 E=mc2〔乗〕 対自している E=mc^2 絶対的視点 absolute point of view 土着の開音節言語 世界の困りもの このエントリー 遠因と根因 日本語万歳! ご丁寧に 予防しうる哲学 漢珍頓 カタカナはなぜあるのか 日本人がいる限り なぜ日本はカタカナを廃止しないの 人間はなぜ戦争をして来たか 4年4ヶ月 家系に継承 タイエキ ヨウショク 現を抜かす 単純な面 個と戸 公船 内部崩壊 英語よりカタカナ語が多い国 産地偽装の言葉 二次的な不都合 あ・え・い・お・う 私の現象学というものを持つ 知性のない 反面教師性 おぬしこのことが分からぬか そのときが来るまで 地蟲 安倍倍 基地外の国
nice!(63)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 63

コメント 3

よしあき・ギャラリー

ご来訪いただき光栄です。
by よしあき・ギャラリー (2014-01-28 18:15) 

全く理解出来ません

言語の音節構造と思想に一体何の関係があるんですか?
言語の音節構造なんていくらでも変遷していきます。
こんなの理論以前の問題ですね。
話になりません。
母音の響きと自殺率に一体何の関係があるんですか?
そもそも貴方が仰るように複雑な子音クラスターを持つ言語を話す民族が先進的であるというのなら何故アメリカインディアンは駆逐されたのですか?

ヌーハルク語の例:[xɬp'χʷɬtɬpɬːskʷʦ']

貴方の謎理論だと今頃この人たちが世界の覇権を握っていなければならないのですが・・・・・・・・・。

by 全く理解出来ません (2014-07-06 00:05) 

追記

(ほね、なか、おいしい、おれつぶす、たべる、おまえ(ら*)そこ、いる)←もう立派な言語ですね。原始的でも何にもありません。所謂孤立語と呼ばれる文法の類型です。貴方の信奉しておられる英語や中国語もこれに近いものです。英語は屈折語、中国語は膠着語としての特徴も持っていますが。
by 追記 (2014-07-06 02:04) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。