So-net無料ブログ作成

閉音節言語の「言葉」を開音節言語の「発音記号」で書き換えちゃっ・・・ [理論言語学]

駄目じゃないの。

ナンセンスじゃないの!?

「言葉」と「発音記号」はそもそも、機能が違うじゃないの!

このことと他の政治課題の全てとを、同時進行的に考察、審議する必要があるのでは!?

言語のない所に最初にできる言語が「開音節言語」であることは分かっているが、古代ギリシャの線文字Bや現在まで続いている日本語のカタカナ(「ひらがなで」も同じ)が発音記号である理由をいずれはっきりさせなければならないと思っている。

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (2014年3月追加)


タグ:発音記号
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0