So-net無料ブログ作成

いまの年金制度は働き手10人が一人の年金者をサポートすればいい時代に出来たと/ 日本はもう破綻すると思う/ 開音節言語だけの「国家」が生き延びている国は日本以外ない!? [開音節言語]

  MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (2014年4月追加)

 ◇

日本が高度経済成長期で、官僚任せで殆ど机上で作り上げた年金制度は、将来少子高齢化で、働き手が一人で一人の年金生活者を支えるという。

こんなことできる訳がない。

政治家集団は、その場限りの嘘をつかないで正直に万歳をしてもらい、財政能力がある内(委託料が払える内)に、同盟国の*国に「委任統治*」をお願いして貰いたい。

でも日本の国*議員はがん細胞のようなもので、自分が巣食ってる人間の身体が死ぬまで貪欲に蝕み、最後に自分自身も死んでしまうんだよな。

日本は政治家が閉音節言語しか話せず、時代の先を読むことを主な職責としない(これは政治家の仕事!本来官僚は政治家が動かすもの)官僚任せの政治は今後も変わる筈がない

これは何を意味するか、それは国家の破綻、滅亡である。

前回の原爆二個の投下がこのことを実証している。

日本はある国に「委任統治」をお願いし、閉音節言語への移行を成し遂げた後に、住民投票によって、独立するかしないかを決める。

将来、未来永劫に何を云われるか分からないから、日本には原爆は落ちないと思う。

世界は日本の破綻が、明らかに日本人自身に帰するような環境を「一方で」整えていくに違いない。

それは経済破綻によるか、大自然災害であろう。

* 終戦直後の「占領政策」も広い意味での「(短い無料の)委任統治」と考えることが出来ると思う。今度こそは言語も変える委任統治をお願いする。日本が真剣にお願いすれば*国は引き受けてくれると思うよ


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

??

そもそも日本語ほどに開音節が発達した言語などこの世に僅かしかありません。(少なくとも閉音節を認める言語と比較せば)
もともと数が少ないのなら、残る数も少なくなるでしょう・・・・・。
by ?? (2014-07-06 00:38) 

??

開音節構造と思想に一体何の関係があるんですか?
by ?? (2014-07-06 00:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0