So-net無料ブログ作成

サルトル VS アラン!?/ 『行動の教義』と『悲観主義は気分のものであり、楽観主義は意思のものである』*/ 『人身事故をゼロに!』を願って*** [実存主義]

兼ねてからサルトルがアランを意識して述べていると思われる箇所を掲げてみる。

それは彼の書籍、「実存主義とは何か」の最終部分**である。

その前に、両者の代表的な言葉を掲げてみる。私自身はサルトルの実存主義の良き理解者だと思っているので、サルトルを先に掲げさせて貰うことを、お許しください。

サルトル: 『実存は本質に先立ち、本質を創る』、『実存主義は楽観論であり、行動の教義である』

アラン: 『悲観主義は気分によるものであり、楽観主義は意思によるものである』*

これらに対する私のコメント:

両者の上の発言は、両方とも正しいと思う。人間は遅かれ早かれ一度は「絶望」に突き当たるものだが、その対処の仕方は、サルトルの方が本質的と思われる。

(このアランの言葉の正しさを、客観的な証拠と思われるものを挙げて述べたいと思うが、いま文面を構想中なので、ここではご容赦ください。)

* 二通りの訳があるようだが原著はフランス語の書かれた筈で、いずれにしても類人猿くん僕には分からない筈である。

『実存主義とは何か』の最終部分**

  『以上いくつかの考察によって、われわれになされる反駁ほど不当なものはないことがわかる。実存主義とは、一貫した無神論的立場からあらゆる結果を引き出すための努力にほかならない。この立場は決して人間を絶望に陥れようとするものではない。しかし、すべて無信仰の態度をキリ

スト徒流に絶望と呼ぶなら、この立場は本源的に絶望から出発しているのである。実存主義は、神が存在しないことを力のかぎり証明しようとするという意味で無神論なのではなく、むしろ、たとえ神が存在しても何の変わりもないと明言する。それがわれわれの観点なのでる。神が存

在すると信じているのではなく、神の存在の問題が問題でないと考えるのである。人間は自分自身を再発見し、たとえ神の存在の有効な証明であろうとも、何物も人間を人間自身から救うことは出来ないと納得しなければならない。この意味で実存主義は楽観論であり、行動の教義である。

リスト教徒が自分自身の絶望とわれわれの絶望とを混同し、われわれを絶望者と呼ぶのはただ欺瞞によってである』 (下線は類人猿くんが付加)

** サルトル全集 第十三巻 「実存主義とは何か 副題:実存主義はヒューマニズムである」p76 - 77

***2015年10月追加

(参 考)

 サルトル: 1905 - 1980  フランスの哲学者

 アラン: 1868 - 1951  フランスの哲学者

サルトル全集〈第13巻〉実存主義とは何か (1955年)

サルトル全集〈第13巻〉実存主義とは何か (1955年)

  • 作者: ジャン=ポール・サルトル
  • 出版社/メーカー: 人文書院
  • 発売日: 1955/07/30
  • メディア: 単行本

200px-Jean-Paul_Sartre_FP.jpg

絶望(2)・・ブログトーナメント - ポエムブログ村
絶望(2)・・ブログトーナメント

§ 今日のニュース(2011/09/19[Wed]) 

・野田首相が初の外遊で、ニューヨークへ、今回は「顔合わせ」程度で、同盟深化の目標は確認はするが、普天間の飛行場の移設やTPPの交渉参加など個別の問題については突っ込んだ話ないとみられる、とのこと。

類人猿くんからのコメント:

・米側では、日本側が偏らずにいろんなチャンネルを通して、問題が煮詰まって来るのを静観する気持ちもあるのではないか。首相が毎年替わり、参勤交代ではなくて、一勤交代とも云えそうである。米国は表面ではニコニコしているが、こういう無駄を非常に嫌う国でもある。さて、野田総理

には持ちしてもらいたいものです。

Sankin kotai.jpg

▲江戸時代の参勤交代

参考資料

MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)・先史人用の開音節言語であり、英語・中国語は対自存在(Being-for-itself)・有史人用の閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One - En - Phenomenon)を見つけた!/日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一人類進化的に発*障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 自然哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村


コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 2

Low cost cialis 20mg

沒有醫生的處方
cialis price thailand http://kawanboni.com/ Warnings for cialis
by Low cost cialis 20mg (2018-04-14 07:07) 

Austspaw

Cialis Kaufen Hannover What Is Cephalexin Monohydrate Pilule De Cialis Pas Cher <a href=http://getpharmacyonline.com>п»їcialis</a> Cephalexin Dosage For Dogs Cialis Levitra Ou Viagra En Ligne Dexamethasone Over Counter
by Austspaw (2019-07-17 04:22) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0