So-net無料ブログ作成

英語も中国語も喋れない日本の代議士が外国と友達関係を作れない日本の国の性格をよく知っていてか「Tomodachi」作戦と称して・・・ [ことばと社会]

 MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つ見つけた! (2014年3月追加)

  □ 

より日本人に親しみ感を持ってもらうために「ともだち作戦」と称して、今回の大地震災害と原発事故に大きな協力をして呉れている。

総理大臣や閣僚にもなり得る代議士が英語も喋れず中国語も喋れず、世界に友達を作れず人間関係を作れない世界の自*症気質の代議士の国を意識しているのかいないのか、米国が「tomodachi」とういのは今回だけでなく米軍放送を聞いていると以前から使っており、日本に駐

留している軍隊がホスト国のコミュニティとの融和を図る努力が見受けられた。

日本人のリスナーを増やしたい為もあってか、もう何十年も前にはFEN* (Far East Network)との名称だった米軍放送が、決まった時間に歌謡曲などを流していたプログラムもあった。今は自分は米軍放送を殆ど聞いていない。

日本の代議士は世界の御鹿馬ちゃんである、英語もろくに出来ずに、世界の情報からどんどん取り残されていて。

* ソビエト連邦が崩壊してから東西の冷戦状態がなくなってその緊張が薄れたのか、FEN の定時ニュースも無くなった。名前もFENでなくなり、NPR (National Public Radio) になっているのかなぁ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0