So-net無料ブログ作成

いまどき代議士が英語が喋れないということは陸(おか)に上げられた魚みたいなもの [ことばと社会]

もう唐に代議士が土着の言語だけ喋っている時代ではないのである。いまはそれが顕在化、顕現化しただけ。幕末と戦前と今回で三回目である。日本人がどうしても超えられない言葉の壁がある。日本は他の先進国とは一線を画しているよ。日本は他の新興国に追い抜かれるよ、いずれ!

土着の言語ってひと*えの時代の言語だよ、コンピューターの作られた時代の言語じゃないよ、縄文式時代のひとご*の、アボリジニとかマオリとかがブーメランを持ってほとんど裸で喋っていた母音があいうえおの五通りしかない同じ系統(開音節)の言語だよ!

日本の代議士はそういう言語しか話さない、英語を喋る人はほんのぼんぼちぼちぼち。ここではそれだけ。


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0