So-net無料ブログ作成

日本の国会議員は半導体のようなもの!/ 日本人はコンピューターみたいな頭脳をして切れると聞いたことがあるが/ Almost All Japanese Dietmen Are Like A Semiconductor?/ 日本の国は自*症だから・・・ [ことばと社会]

日本の国会議員はセミコンダクター(半導体)みたいなもの。

日本に伝わってくる外国語を日本人にしか読めない、日本人しか発音しないカタカナ語に変えてしまうのは、試験問題を自己流に書き換えてしまって、それに答えているようなもで、それを常時やっているのは一種の精神疾患。

中国語では「自身の言葉」に置き換えている筈である(当て字など全部ではないが)。外国に関わるときは、その外国語自体を使うしかない。日本人の場合、カタカナを使うっちゃうのである。

これを世界の自*症と云わずして何と言おう!

中国人は外国語を通して情報を正確* に把握し外国語を通して情報を発信し、世界と意思疎通しているのである。

世界では外国語が両導体として働いているのであり、日本では日本語のカタカナ(語)が半導体の役割をしている。

生身の人間は両導体の筈である。半導体は金属の世界であり、半導体のような代議士は、無機質な思考をする傾向がある筈である。

こういう意味でも、日本の国会議員は本来の仕事の二分の一半分しかしてない**筈である。日本がこれまで来られたのも、あとの半分は他のセクターが補完して来たのである。

* 漢英辞典などを引いて

** 1990年代に入って日本には戦勝国米国から毎年他項目に亘る「年次改革要望書」なるものが届くようになっている。これはねじれ国会云々以前に、日本の国会が正常に機能してないことを意味し、日本の国が実質的に独立国家でないことを意味している。

ASEAN(東南アジア諸国連合)などは、共通言語(英語)を持ってお互いに刺激しあって情報交換などをし世界の潮流に遅れまいとしている。

二例を挙げれば、児童ポルノ規正法で書画の所持を禁止してないのは日本とロシアだけだったという。米国は再三法制化を要望してた。

またハーグ条約で国際結婚で離婚した場合子供の取り扱いについて細かくしているが、日本はその条約を批准してないため離婚した日本の親は一方的に子を日本に連れ帰ってしまうので、北朝鮮は拉致と同じではないか」と北朝鮮は米国に噛み付いているらしい。米国は交渉がやりにくいらし

く、日本にハーグ条約に加盟するよう再三要望している。

このように衆参両院が立派に鎮座ましましてもセーリ能力がほとんど欠如し、日本の国会はほとんどしっちゃかめっちゃかなのが実情なんでありまする。

それもこれの日本のエリート中のエリートが時代に即した言語・英語が話せないことが遠因であり、根源的な原因なのである。

重要:

・日本語の音韻は先史時代に生まれた音韻で、今では日本語は特殊な言語。ナイジェリアなどで話されてる土着の言語とおなじ系統に属す筈の閉音節言語の筈です。

人類はアフリカから広がったという。それなら言語も広がったはずである。素朴な開音節言語がアフリカで生まれその言語が世界に広がり、ユーラシア大陸の大きな大陸では他の生物、他の人種から自己の種族を保全するため頭を働かせ、脳の量を多くして音声語彙の豊富な開音節言語に移行

してきた。言語が開音節言語にとどまったのは、皮肉にも人類が始めて現れたアフリカであり、日本のような島国、世界の島嶼、封鎖された大陸であった。

言葉に関しては戦前と変わらない/ むしろカタカナ語の多様など日本語はますますアイデンティティを無くしている
Little_boy[1].jpg


♪♪ 男はつらいよ ♪♪

作詞:星野哲郎 作曲:山本直純

(セリフ)
私生まれも育ちも 葛飾柴又です
帝釈天でうぶ湯を使い
姓は車 名は寅次郎
人呼んでフーテンの寅と発します

俺がいたんじゃ お嫁にゃ行けぬ
わかっちゃいるんだ 妹よ
いつかおまえの よろこぶような
偉い兄貴に なりたくて
奮闘努力の甲斐もなく
今日も涙の
今日も涙の 日が落ちる
日が落ちる

ドブに落ちても 根のある奴は
いつかは蓮* の 花と咲く
意地は張っても 心の中じゃ
泣いているんだ 兄さんは
目方で男が 売れるなら
こんな苦労も
こんな苦労も かけまいに
かけまいに
男というもの つらいもの
顔で笑って
顔で笑って 腹で泣く
腹でなく

(セリフ)
とかく 西に行きましても
東に行きましても
土地 土地の
お兄貴さん お姐さんに
ごやっかいかけがちなる若造です
以後 見苦しき面体
お見知りおかれまして
今日こう万端ひきたって
よろしく おたの申します
 
* 「はちす」と読む

(合掌)

車寅次郎/ 俳優 渥美 清
120px-Kuruma_torajirou[1].jpg

 ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つ見つけた! (2014年4月追加)


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0