So-net無料ブログ作成

どうして日本語では助詞が二つも付くのか/ 日本語は東西南北島国日本の全体の方向性など知らなくて済んだ手に槍を持ち腰に毛皮を着け裸足で原っぱを駆けずり回っていた頃に生まれた音韻言語の可能性が強い!/ 筈であるシリーズ [理論言語学]

どうして英語に限らず他の言語では、'Letter from Canada' と助詞に相当する前置詞が一つで済むのに、「カナダから手紙」と言うふうに、日本語では「助詞」が二つも必要なのだろうか。

日本語にはこの表現が非常に多い。

「カナダから手紙」とか、「~について」とか。

「カナダから手紙が来た」の場合は一つの助詞で済むのに

Letter from Canada とか About ..... とか

(コウサツ)

から」という助詞は、その前の「カナダ」に関わりを求めている助詞である。この「から」は、方角的には「カナダ」という言葉に向いているのである。矢印で表すと、

カナダ から

である。 

しかしながら、この文節の流れとしては、

カナダ  から  の  手紙 

と右方向に流れている。

この文節の流れと、「←から」の方向性とは正反対なのである。文節の流れを、「←から」という助詞の方向性が打ち消してしまっている。

それで方向性を失った文節を元の右向きの戻すために、左右両方に関係性を求める助詞「」を挿入することによって、文節全体を右方向の流れに整流しているものと思われる。

Letter from Canada では、文節の流れが 

Letter → from→ Canada 

であり、助詞に相当する前置詞 from- も係わり合いを求めている言葉は「Canada」であって、文節全体の流れ沿っている。そのためそれ以上何もいらない。


これを人間の歩行にたとえると、途中まで歩いてそこで一旦反対を向いて少し歩き、また正反対に向きを変えて歩くようなもので、日本語を喋るということは日本語内の感覚では正常感覚であっても、日本語から一歩出ると心象世界で 方向音痴 を起こす筈の言葉なのである。

§ 英語音痴の国会議員が日本の国を滅ぼす!

英語オンチが国を亡ぼす (新潮OH!文庫)

英語オンチが国を亡ぼす (新潮OH!文庫)

  • 作者: 寺沢 芳男
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2000/10
  • メディア: 文庫




このため日本の代議士、閣僚は役人がお膳立てし、役人に引率されて行く小学生のようなもので、自分で一人で行動できない。後は読み方を一夜漬けで特訓し、英文か日本語の原稿を読むだけ。おおかたの日本の代議士は、このような日本語の感覚で寅さんよろしく肩で風を切るように

して世界を泳いでいるだけと言ってよい。これじゃ「寅次郎さん」と似たり寄ったりにたり貝。彼らも家族、後援会と国民の間の板ばさみになっているから。国民より後援会の人の方がずっと大切なようなシステムになっておるからだ。

車寅次郎(銅像)/ 故渥美 清氏
120px-Kuruma_torajirou[1].jpg

順不同
Kantaro_Suzuki_suit_cropped[1].jpgGenjin (Kiki Kirin).JPGLittle_boy[1].jpg80px-Shigeru_Yoshida_smiling2[1].jpgNobusuke_Kishi_1956[1].jpg
32005058.Octopus1s[1].jpgTakeo_Fukuda_1977[1].jpgMVC-034S.JPGu16447652[1].jpg
55_Yoshiro_Mori_3x4[1].jpg200px-Sintarou_abe[1].jpg57_Shinzo_Abe_3x4[1].jpg250px-Tiburón.jpgMVC-011F.JPG
52_HatoyamaI[1].jpg200px-Hatoyama_family_1953[1].jpg200px-Yukio_Hatoyama[1].jpg


ではなぜ日本語ではこのようなことになるのか?

それは日本文が意味のない母音の持つ響きのあり方によって秩序だっているからであり、意味・概念・理性ではないからである。ですから日本人は情緒的なのである。

日本語: 健 土曜日の夜* 東京ディズニーランド 彼女 婚約指輪 贈 

* 幅のある時間帯を表しているのでこの文節を性格づける「助詞」は付かない、何故なら時間は我々の知覚できる三次元の世界をすっぽり包み込むようにして見えないがどこにでもあるからである

日本語: 健wA 東京ディズニーランドdE 彼女nI 婚約指輪O 贈rU

英 語: Ken presents a engage ring to her at Tokyo Desneyland Saturday evening.**

**  日本語と同じタイプの言語(線文字Bが出来たときの古代ギリシャ語)が後に周囲の言語の影響を受けて、ぼんぼちぼちぼち単語の語尾が子音で終わるようになると語順が主語+目的語+動詞から主語+動詞+目的語に変わり、ますます語尾の子音が多くなって、現在のような英語になったと思われる。

上の日本文の文節はその文節の最後の音節の母音が、AEIOU の順序で終わっているのです。この順序は声楽で習う「あえいおう」の順序で、これは正面から見た唇の開き具合がだんだん小さくなって行き、それと共に吐き出される息の量が少なくなって行く順序なのです。

吐き出される息はエネルギーを持っているので、息が少なくなって行くということはエネルギーがだんだん小さくなって行くことなのです。

日本語は物理的な量の多寡によって並んでいるのです。物理的な大小なのです。

ですから、日本人は物の大小、物理的な大小に弱い、音の大小、上下の縦の関係でしか物事を考えない傾向が強いことが判ります。

本人がなんと言おうが、生麻、垣谷、吹伊、階二、田福、曽根中、木林、泉小その他は縦の関係でしか物事を考えない傾向が非常に強いことが解ります。

そこへ行くと、英語は各単語の最後(ということは各文節の最後)も子音で終わることが非常に多く、子音は理論的に音韻を持っていないので、吐く息はエネルギーを持っていないことになり、エネルギー逓減の法則が働きません。

では何が英文を順序建てているかと言うと、それは「文節の持つ意味合い」です。英文は意味合いの強い順に並んでいるのです。

「健は贈る」と来れば次には「何を」と目的語が生起されます、まして「贈る」となれば「電信柱」を贈る人はいないでしょう。日本語の順序で、「健は東京ディズニーランドで」と言ったら、次に続くと文節は無数のケースが考えられます。すてがらに、えーごのべぇ、目的格ばつぐるじょす(助詞)

さへづよー(必要)なくなるんだっちゃ

このように、英文は、「言葉の意味合いの大きさ」で順序が決まって来るのです。日本語は「音の大小・高低」という物理的な多寡の順序で、英語は「言葉・概念」の世界の順序で並んでいるのです。

ですからこのことで日本語が「重力」の影響を大きく受けていることがわかり、「移動」を嫌う言語であることが分かります。

一方英語は言葉、意味、概念の強さで文章が作られて行くから、開音節言語の日本語よりはるかに「重力」の影響受けません。

このため英語が「移動」を厭わない言語であることが分かります。イギリス人が海洋民族と言われた由縁です。

このように、言語は中国語、英語のような閉音節言語に変わって、孔子だとか孟子、ソクラテスだとかパスカルだとかデカルト、サルトル、アインシュタインなどの世界の見方を変える哲学者、科学者が現れて来たのです。サルトルが出て、出尽くした感がありますけれど。


(このころは人間は「おれ」「おまえ」「あっち」「こっち」「そっち」「そこ」「ここ」とか、「おまえ、さき、つかむ」など代名詞と簡単な名詞や動詞の現在形を使って、身振りを交えて意思疎通していたかも知れぬ)
MVC-051S.JPG

MVC-044S.JPG

MVC-008F.JPG

3fba140321d788e0bbb31d929969adaa[1].jpg はじめ人間ギャートルズ

(その後定住し社会生活をし始める頃ろになって人間は、「おらうらのはやしおまえべちゃこばすてぇ」とかなんとか、「助詞」を使った文章を使い始めたのではないか。いまの開音節言語の日本語の基礎はこの頃(石器時代後期?)に出来たのかも知れない。それ以来日本語の音

韻は、基本的には今に至るまで変わってない開音節言語の筈である)

(この助詞の二重使用については以前にも書きました。今回は焼き直しです)


勘太郎月夜唄

作詞:佐伯孝夫 作曲:清水保雄

影かやなぎか 勘太郎さんか
伊那は七谷 糸ひく煙り
棄てて別れた 故郷の月に
しのぶ今宵の ほととぎす

なりはやくざに やつれていても
月よ見てくれ こころの錦
生まれ変わって 天竜の水に
映す男の 晴れすがた

菊は栄える 葵は枯れる
桑を摘むころ 逢おうじゃないか
霧に消えゆく 一本刀
泣いて見送る 紅つつじ

 ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象 - 「正円現象」または「一円現象」とも言う)を見つけた! (2014年に追加)


参考資料 (平成29年10月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 
    
 

コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 1

??

子音は理論的に音韻を持っていないので
音韻という言葉の意味を本当にご存じで?
by ?? (2014-07-06 02:43) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0