So-net無料ブログ作成

究極の言葉 外国語をカタカナに変えてしまうことは人類最大の愚行である、それ以上の人類の愚行はないのではないか/ Sartreくんは変わったことを言うね/ Therefore, as many as two atomic bombs dropped only in Japan. [カタカナと外国語]

外国語を会音節言語用で発音記号であるカタカナに変えてしまうこと**は、「人類最大」の愚行である。だから日本にだけ原子爆弾が二つも落ちたのである。
-ごく普通人のご託宣-

(*「原子爆弾」なんて言葉を使ってごめんなさい、日本の鹿馬な国会議員等が理解しようとしないごく普通の平民のご託ですから)
* 私は自分の言葉をご託宣として書いたので殺されるかも知れないと恐れています。


In the final analysis it is the maximum foolery in the human race to change the foreign language into the katakana that is the pronunciation sign (= keys). Therefore, as many as two atomic bombs dropped only in Japan.
- Quite ordinary person's Oracle -

* I am very sorry to have used words such as 'atomic bombs.'
* I fear that I might be killed because of having written my words as oracle.


** 外国語を発音記号であるカタカナに変えてしまうこと:

<英語からカタカナに書き換えた場合>

たとえば「drive」は「言葉」であって「発音」は別にある。日本人は「drive」という字面をみて頭の中にある音韻「ドライブ」に書き換えてしまう。この「ドライブ」はカタカナ表記による「発音記号の羅列」であって「言葉」までに発達してない「発音記号」なのです。

日本語はカタカナ、ひらがなが出来て以来「漢字」という言葉の間に発音記号を雑居させてしまった言語なのです。日本人はそのことが当然、自然なことと思うようになってしまったが、「言葉」と「発音記号」という機能の異なるものを本来同列に並べることは出来ないのです。中国語にしろ

英語のしろ発音記号は辞書を引かないとお目にかかれません。この二つは上着の肌着に例えることが出来ます。

日本人は英単語という「言葉」をカタカナという「発音記号」に置き換えちゃっているのです。

<日本語をアルファベットに書き換えた場合>

「カラオケ」を英語綴りにする場合、まず「音韻」を頭に思い浮かべてアルファベットで「karaoke」と綴ります。これはアルファベットを発音記号として使用しているのです。このよう大方のアルファベット系の言語はカタカナ表記に替わることも出来るが、自国語の「言葉」も綴ることができるようです。

この「karaoke」が【kæra'əυki】とでも発音されるようになったらとしたら、「karaoke」は言葉(word)となります。Tsunami 【tsu'na:mi:】にしろ、origami 【ori'ga:mi】にしろ日本人のように平坦に読むのでなくアクセントとイントネーションが付くのでしょうから、アルファベット綴りにす

ことによって「言葉」(単語/ word)に変わると言って良いでしょう。

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象=正円)を見つけた! (2014年5月初旬追加)

 □  


nice!(9)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 9

コメント 1

qoo2qoo

ご訪問ありがとうございました。o(´▽`*)/
外国語をカタカナに・・・!!
※いつもマキちゃんを見てくれてありがとうございます♪
by qoo2qoo (2010-03-31 10:14) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0