So-net無料ブログ作成

カタカナ語について感じること その一 英語教育をパーにしているカタカナ表記/ こういう国の国会議員は頭もパー? [ことばと社会]

 中学・高校・大学の英語教育パーにしているカタカナ表記

たとえば、「ヘルス」というカタカナことばを例にとって見よう  「ヘルス」はもともとの語源は、英語の「 health 」である*1 そして中学校から大学までの授業では「 health 」として眼にし、「helθ」として発音して、勉強しているだろう しかしながら学校の外へ出れば、あるいは学校を卒業すれば、週刊誌にしろ、町の看板にしろその他のものほとんど全てに「ヘルス」とカタカナで表示してある カタカナの「ヘルス」の表示だけを見るようになり、「ヘルス」の意味が一人歩きしちゃって、日本独自の意味合いを持つようになってしまうのである これでは英語が習得できるわけがない!

もう社会人になって「 health 」のつづりをすっかり眼にしなくなると、「ヘルス」から「 health 」とういつづりはもう頭にないのである。元の英語のつづりを書けといわれても書けなくなるのである 「ヘルス」であるから「herusu」と綴ってしまうかもしれないし、「helusu」かもしれないし、「hersu」かもしれないし、「hels」と書いてしまうかもしれない。「health」と正しくつづれる社会人はそうはいないのではないか 英和辞書を引いても所定の見出しに容易にたどり着けないのである これでは英語が習得できるわけがない!

Alphabet 26文字で書かれたものを、音節記号であるア・カ・サ・タ・ナ・・*2 で書くことに、元々無理があり不自然なのである せっかく授業で習ったものがパーになってしまうのである 単語一つとってもこのようなのだから、one phrase も英語で言えないのである これでは英語が習得できるわけがない!

以前 variety show で小さな看板に日本語で書いて、「これを英語で何と言いますか」という番組があったが、日本人の語学力の無さはひどいものであった 日本人がある国でテレビタレントになったことは聞いたことがないが、その国からは次から次へと日本語の堪能なタレントが入れ替わり立ち代り来る タレントでなくとも、「ここが辺だよ日本人」という番組の中で、日本人の顔立ちに似たシカゴ出身の Kevin Clone 氏(写真)か誰かが言った、「漢字あり、ひらがなあり、カタカナありの日本語はへんてこりん?な言葉」というような発言をした気持ち、理解できるのである タレントなどを通じて日本人のことはその国の要人なり文化人の耳に薄々入っているかも、いろいろな政策立案に役立させているのでは 

いったんカタカナ語にしてしまうと、もとの英語の正しいつづりに戻すことは、pro の magician の trick を見抜くのと同じくらい至難の業になってしまう これではそれ以後、英語を勉強する気にもなれない人たちが殆どになってしまうのでは これが、相反する自己撞着の教育をいまだに気が付きもせずに?同時にしているのが日本の行政だと思う 真面目にやってるのかと言いたい これも最もふざけた行政の一つである それとも英知がないというべきか もっとはっきり言ってこれを「馬鹿」と言わずして何と言おうか 原爆が一つならずとも二つも落ちたのも頷けるのである 口では国際交流といっているけど これ鎖国の政策の soft 版じゃないの? これが語学について一番大きな?日本人の頭の中で起きてる混乱の一つ、日本人が輪をかけたように語学力がないと言われる所以であると思う このことは殆どの全てのカタカナ語について言えるのである。日本人は朝から寝るまで日本人に囲まれ、日常で話題が外国のことに触れることは殆どない この意味で日本人は自己中心的である 日本は大変な変わり者である これでは英語が習得できるわけがない!

国際社会は日本だけをいつまでも特別扱いはしてくれないと思う でも金をばら撒いているだけでいいか 放置自転車を修理して物を送るだけでまあいいか 言語とか人種とかいうものは人類が発達するにつれ自分の一国の言語では済まなくなり、人種も入り混じってくるのである energy が拡散しつつあり、entropy が増している方向に向かっているのである また人種は多様化の方向に進むのである、一億人前後の鰯のように同じような人が一箇所に固まっているのは、自然現象の純粋な確率の問題としても極めて少ない確率だと思う、だからそういう社会は60年ほど前に1500年程度続いた文化歴史が二個の原爆でおシャカになったのだ 京都とか神社仏閣が空襲のターゲットにならなかったのは米国の choice だったという 

日本が変わらなければまた同じようであれば、いずれそう遠くない未来に崩壊するのは必定だ こんな目が貧弱で、顔の表情が乏しく、顔が扁平なってしまった民族が「人間」としてこれから先、長いこと存在する訳がない 

中国語には漢字しかないから、「コンビニ」なんていう originality のない言葉は決し生まれないだろうし、「便利店」あるいは「convenience store」*3 と書くほかないのである 日本の社会人で 「convenience store」 とつづれる人がどれほどいるだろうか 漢字しかない(要するに文字としての mode が統一している)中国語は、英語を「 convenience store 」と表示するしかないのである これは外国語の習得に都合がいい さらに、日本ではカタカナ語にした場合に起こるもう一つの混乱、たとえば「ヘルス」が一歩きして「変な意味合い」を持つことはないのであり、 alphabet の正しいつづりが目の前にあるから、意味が分からなければ英語の辞書を引いて覚えることができる 

「ワ-プロ」とか「パソコン」とか「コスプレ」とか「ブラピ」とか(人の名前を縮めて「ブラピ」ということ自体精神科の領域の問題なのである、「プレゼン」とか、水に浮くような一円玉を平気に使っているような心象比重の軽い脳みそから出、ことばとして「 originality 」 のない言葉は中国人は作らないのである 目の細い、それだけでも見方が狭量だし、加えて共通言語も出来ないから、話合いの足手纏とい、邪魔になるだけだから、中国、インド、米国の behind-the-scene の negotiation には加われないだろう 

ひがみ根性が強くて、性格が粘着質で(話している日本語は癒着言語に属するそうだ)、戦前のように、生娘が婚期を逸してそれでも一人前の女になりたいと(いま日本が一人前の女になることは、大量破壊兵器を持つことではなくて、共通言語がしゃべれることになることだと思う)、現在の軍事同盟を破棄して hysteric にならないと良いのだが 現在の軍事同盟を破棄して日本が原爆を作り上げた段階で 今度は水爆だとか中性子爆弾が落とされるだろう

*1この「 health 」は、三省堂・ファースト英和・和英辞典(中学生用)によると、「学習指導要領」に示された507語のその他の基本語900語の一つと書いてある 

 *2日本語以外にこういう音節言語で記録に残っているのは古代ギリシャの前身であるミケーネ地方で使われていた線文字Bだけ(写真)、このあとギリシャ文字が出現、現在では24文字らしい

 *3「convenience」 は高校学習語彙、「store」 は中学学習語彙、両方とも「三省堂・グローバル英和辞典・新装版」による

怪しい日本語研究室

怪しい日本語研究室

  • 作者: イアン アーシー
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2001/03
  • メディア: 単行本

怪しい日本語研究室 (新潮文庫)

怪しい日本語研究室 (新潮文庫)

  • 作者: イアン アーシー
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2003/04
  • メディア: 文庫

                 <日本語の「五十音」に相当するミケーネ文明の線文字B>

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

  • 作者: ケビン クローン
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本

<「日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由」と書いてあるりますが、自分は次の論理でこのことを理解している: つまり人間も自然の造物の一つであり、ダーウィンの進化論に従っているのである、同じ種でも最初に一番環境に適応し、他をどんどんと引き離した者は、他の者が絶対に追いつけないところまで進んでしまうということです、例を挙げれば、人間が二足歩行をし始めてから17万年経つという説があります、それなのに未だに恒常的に二足歩行をする種は現れていません>

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

  • 作者: アーサー ボストン
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本

 ◇ 


MyRelatedBlogPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた!  (2013年10月追記)

参考資料 (平成29年11月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 
    
 

nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 3

troy

日本語馬鹿にする前に日本語の深みを知れ。

カタカナがあることで文章を書く上での表現が広がるとかわかってる?

人の名前を訳すってアメリカ人も頭文字とってあだ名にしてたりすんじゃん。

ブラピとかアメリカ人が訳さないのは訳せないのであってただ単に日本語の方が発音構造上に可能なだけだ
by troy (2008-01-05 03:49) 

西海岸在住

ほんとにたまたまここを訪れた者です。

カタカナ語に関して、まったく同じことを考えてる方がいると知ってびっくりしています。カタカナによって外来語を取り入れることのできる日本語の拡張性はおそらく世界の言語の中でも特異なものだと想像できるし、たぶんそれによる有利性も見逃せないのでしょうが、英語が標準言語としてまかり通ってしまっている businessの現場では、それのもたらす弊害が有利性をはるかに上回っているのが現実だと思います。

カタカナ語で壊されていない日本語は美しい言葉だし、私は母国語を誇りに思っています。けれど仕事で訪米する日本人がカタカナ語に邪魔されてまともに意思の疎通すらできないのを何度となく見て、Sartreさんと同じ意見を持つに至りました。

My 2 cents worth...
by 西海岸在住 (2008-02-14 16:04) 

さるとる

西海岸在住さま
Commet に気が付くのが遅れていまい、失礼いたしました。「日本語の拡張性」、私には新しい表現です。、確かにそれは日本の国内に限っての意味合いであるのではと思うのです。日本にいてももう日本に通用することだけを知っていれば良いという時代ではないと思います。またそのことは日本文化を否定するとも思いません。「カタカナで壊されてない日本語は美しい」という表現も私には初めてですが、まさにその通りだと思います。和歌や俳句はカタカナで書かれていませんですものね。
by さるとる (2008-02-23 18:10) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0