So-net無料ブログ作成
検索選択
ことばと社会 ブログトップ
前の10件 | -

実践 私の実存主義講座 第15回 英語の単語を一顧だにせず右から左へと・・・ [ことばと社会]

閉音節言語の英単語を右から左へと一顧だにせず開音節のカタカナ語に書き替えることは、二足歩行の人間を四足歩行の動物や六足歩行の昆虫や百足歩行の地虫と一派一絡げにするようなものである。

日*人はこのことを少なくとも数百年間やって来た。

日*の国会議員の答弁が世界一無表情なのもこのためである。


タグ:一派一絡げ
コメント(0) 

実践 私の実存主義講座 第14回 おめえおんなのこでけえおかあさんさたずげばいげんけな。 [ことばと社会]

『おめえおんなのこでけえおかあさんさたずげばいげんけな。』

言葉に重しを付けて地面を引きずってるような、いまだに開音節言語の地虫言語と高速増殖炉(の運用)とは同じ場所(ステージ)に同時に(同じ時代に)存在してはいけな
い(存在出来ない)と言うのが実存主義(即自存在と対自存在)的なもの考え方です。
我が日本政府は英語教育と同じ(開音節の日本語で生活しながら閉音節の外国語を一般公教育で習得するは絶対に不可能)で絶対に出来ない事をやろとしている。
出来ないことをことをやろうとするのは自分の尻尾を掴もうと[台風][台風]廻っている狗・猫と同じで鹿馬のすることです。

このことは私の発見した俗称「一円現象」を見て解る。


コメント(0) 

200 Still, Worm Language! 地虫言語と原子力とは相性が悪い/未だに開音節言語だけを話してい言語が地虫の様に地面にへたり付こうとしている日*語/ 平成猿々合戦ぽんぽこりん糞尿譚の国 [ことばと社会]

母音は声帯が人間の意思に従って振動し暖かい息の塊り(流れ)がその影響を受けて「声」というものが発声し、その息の塊り・流れが口外に排出される。

暖かい空気は質量を持っている筈で、この間この暖かい空気は、常に地虫*1達が蠢いていて数センチすら空中にいられないような地球の表層へ落ちよう、落ちよ

う*2と地球の引力の影響を受動的に受けている筈であり、受動的であるからヤル気のない怠惰な性格で現象する筈である。

日本語は開音節言語なのでほんの僅かな例外を除いて音節には必ず母音が付き纏う。

この母音がこの地球上の煩悩(現世)的なことを一手に引き受ける(^。^)。

この母音がこの宇宙の煩悩(現世)的なこと全てを事象させている。

「粘着」然り。「執着」然り。「相克*3」然り。

母音がある限り、母音が付き纏う限り煩悩的なこと・現世的なこと・争い事が絶え間なく付き纏う。

言語のない所に初めて土着の開音節言語ができ開音節言語が十二分に使われて来ると、このままではいけない、煩悩ばかりに関わって争いごとばかりに明け暮れ

てはいけないよ、煩悩を断ち切って概念・観念・意味・智慧・知性の世界を知りなさいと自然界が、新しい言語、母音を(一時)断ち切る言語、単語の語尾が子

音で終わる閉音節言語*4を造って来たのだが、日本語はそう言う閉音節言語に発展出来ずに、その前の開音節の段階で成長が止まってしまった言語なのです。

これには漢字の採用が大きく関わっている。

日本は縄文時代の後期の原初的な熊蘇的な生活をしていたに違いない。

よく目にするあのヤマトタケルの衣装は漢字が入って来てからの衣装の様な気がするがどうだろう。

漢字と言う当時超文明的なものが入ってくるまでは日本人は超原始的な生活をしてたのではないか。

ヤマトタケルがあの衣装を着る様になるのは弥生時代に入ってからではないのか。

yamatotakeru[1].jpg



地虫*1 日本人が何かと茣蓙を敷くとは言え平気で地べたに座ることに違和感を感じないのは日本語が母音〆めの原始生活に適した開音節の言語をいまだに話しているからに他ならない。
毎朝毎晩人類が何兆何京回繰り返している行為にはごく僅かな引力と言えどもその影響が如実に現れるというもの。

*2 いつまでたっても開音節言語にとどまっている日本の国が、同じ島国でもイギリス(オランダ・スペイン)のように海洋国家になれなかった処か、天上天下唯我独尊の自閉症紛いの国になってしまった理由はここにある。
日本の国がいつまでもカタカナ国家で語学の才能が全然ない世界の自閉症気質の国家に成り下がってしまった理由もここにある。

*3 人類最後にして最大の哲学者サルトルは、全て人間関係は相克に終わると論破している。そういうものだとすれば全然成りたなかった人間関係も少なくとも表面上は波風立てずに穏便に進められる場合もあると思われる。

*4 閉音節言語の子音には2つの役割がある。アイウエオの五つの母音をかさたなはまやらわ行的に多様化させること。つまり五つの母音と9個の子音があれば50音以上の50音表が出来てしまう。

もう一つの役割は人間の自由意思によって発声でき人間社会の出来事を事象させている「母音」を開音節言語のように際限なく使ったり野放図したりして今の池籠氏の国有地払下げに纏わる「猿猿合戦」よろしく自我同士ぶつかり合い・争いに明け暮れることがないよう、もっと概念・観念・意味・智慧・知性の世界を広げるために、単語の終わりに子音を置いて母音の影響を抑えているのが閉音節言語での子音の役割であり、今の英語が最も代表しています。
そのため英語・中国語には「而」の字を除いて意味の無い単語(漢字)はないと高校の時漢文の時間に習いました。

その英語さえ日*のエリートと言われる人達は喋れない。

日*の国は本当に言語的に発達障害の国です、開音節言語から閉音節言語への移行と言う健全でただ普通の発達が出来なかった、ただそれだけの為に。

こう言う国は突然戦前の様に狂い咲きするかも知れないから今の渦中の池籠氏の様に外国勢は、北朝鮮後も日*の国に気を許してはいけない。

このことは言語病理(学)的に考えば素人でも分かことです。

余談ですが今社会問題化して世間を騒がせている池籠氏などは人間としては最低の部類で人類的には「先史時代の残滓」と言うべき人間としてクズのまたクズ人間でしょう。

あの校庭にまだ埋まっているであろう誰かがドサクサに紛れてしたかも知れない糞尿混じりのクズのような。

200 Still, Worm Language! 地虫言語と原子力とは相性が悪い/未だに開音節言語だけを話してい言語が地虫の様に地面にへたり付こうとしている日*語/ 平成猿々合戦ぽんぽこりん糞尿譚の国

コメント(0) 

今日の同音異義語 7up 8up!/ 『セブンナップ・エイタップ!』か/ 七転び八起きの巻 [ことばと社会]

最近の日米自動車摩擦に関したインターネットテレビのNHKワールドニュースで、アメリカのケンタッキー州ジョージタウンのトヨタの組み立て工場で、カムリを組み立てている組立工のTシャツの胸に、’7up' をもじって、'8up' と書いてあったよ!

カムリは日本から輸入されているのではなくて全てアメリカで生産されていて、『バイ・アメリカン!そもものだよ』と近くのミルウォーキー市のオートショウでカムリを前にしてちょっとトランプ大統領に当てつけるアメリカ人の見学者もいて、いつも陽気なアメリ

カ人のプロモでした。 

「7回トライしても、8回目に起き上がればいい」ということか。

 「日本には『七転び八起き』という諺があるよう、アメリカさん八度目で起き上がりなさい」と言う励ましのつもりなのかなぁ。

 '7up' のロゴに重なり合う様にして '8up' と書いてあり '〔七転び〕八起き' なんて粋だよなぁ。
 
組立現場では、"Seven-up, Eight-up!(セブンナップ飲んだ後は八起だ)" と言って、鉢巻きさせて発破でも掛けてんのかなぁ、そんな事したら米国では労働問題になっちゃうだろうな[わーい(嬉しい顔)]。 

コメント(0) 

今日の同音異義語 キングサーモンの巻 [ことばと社会]

最初は「キングサーモン」と聞こえちゃった。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

120 どうして日*語はこれほどまでにデタラメな言語になってしまったか/副題 デタラメな言語はデタラメな顔立ちを作り易い筈である/Japanese is the language that has been derailing the rules of the Nature ever since. [ことばと社会]

Tamias_sibiricus_(standing)[1].JPG
 
どうして日*語はこれほどまでにデタラメな言語になってしまったか/ 副題 デタラメな言語はデタラメな顔立ちを作り易い筈である/Japanese is the language that has been derailing the rules of the Nature ever since.

sa, si, su, se, so でなく         sa, shi, su, se, so に
ta, ti, tu, te, to でなく           ta, chi, tsu, te, to に
ya, yi,  yu, ye, yo でなく       ya,    yu,    yo に
wa, wi, wu, we, wo,  ではなく   wa, ー ー ー ー 

なってしまったのか。

この表から解るように自然界の50音表は左の表の筈であることは誰でも理解することが出来る。
 
左の表には原子の周期のような規則性があるからである。

これこそ小さな大自然そのものである。

日*の国は狂ってるとしか言い様が無い。

だから今の平和憲法がある。

日*語も原初的な素朴な生活が保たれていた間は目的語を作る助詞には”wo”が使われていた筈である。

なぜかと言うと、この「を」(今の日本語では”お”と発音しちゃっている)の助詞には「お*んこ*」の「お」とは違い、直前の言葉(単語)を話手自身が目的語であることを自

覚し、そのことを聞手にも理解して貰う必要があるために、その時代当時この「を」には目的語を強調すると言う余分な役割が付加されていたと考るべきで、ふつう単語の始

め・途中・最後に使われる単なる「お」と区別する必要から「を(wo)」と言う単なる「お(o)より強い響きの発音が使われていたと考える方が合理的であると思慮するからである。

'Wo' だけではない。

以前は Yeast 菌の 'yi' などと日本人は発音していた筈である。

漢字と言う人類の最高級の智慧の一つとも言える「漢字」を原初生活の時代の後期に日本人は手に入れちゃったものだから、日本語はその時から子供の内に「女」を囲むことを覚え

「大金」を手に入れることを覚えてしまった子供の怪物の様な者に使われるような言語に♬なって行ってしまった〜〜♬よこはま〜〜いい行ってしまった〜〜(ここの部分は「横浜黄昏れ」のつもり)。

唯一原爆の落ちた日本語だけが変わっていて、超ずば抜けて大超不自然なのである。

ではなぜそうなってしまったのか。

一言で言えば、日本が文字の無かった原初時代の生活からいつまでも抜け出せられなかった頃、ちょうど言語の二義的な側面である漢字を採用したので、飛躍的に

「概念」の世界を広げることが出来る様になってしまつた。

言語のない所に初めて出来、原初的な生活用に向いた素朴な開音節言語では、閉音節言語になってから出来た漢字を駆使するには言語の一義的な面である音韻面に細かく気を使う必要性がが無くなつてしまいそれ以来音声面を犠牲にしていることが現在にいたるまで延々と二千年程続いているのである、二千年もである。

日*民族が言語に関してはいかに怠惰な民族であるかが良く分かるであろう、二千年もの間言語改革を殆ど何もしてこなかったんだよ。

普通なら開いた口が塞がらない程何も言えない筈だ。

だから僕一人が声を大にして言っている。

政治家の三階氏などのアイウエオなどの発音は幼児のそれの様によたよたしいが、それでも東洋の国の一つで国会議員になれたのは第一に「漢字」のお陰と考えなければならない、オバマ氏が米国大統領になれたのは英語のお陰と考えるのと同様に、この三階氏の恩知らずめ!

こう言う処が日本人の幼児性が何時迄も抜け切れない処ではないのか。

これも元を正せば日本に入って来た漢字のお陰と言うことが出来る。

これが今の日本の弛緩し切ったただらしない現在の50音表の真の姿である。

これが日本の歪んだ精神性の在り方である。

これが大和魂が大和騙したる由縁であって、小学生に右翼の思想を植え付けさせようと痴性の全然ないことをしようとし、現在の50音表とそっくりなその精神性はまさに先史時代の残滓に他ならない、死んで治らないほんまもんの鹿馬である。

日本だけが(大)自然界の法則から外れている。

核力を利用した原爆が最初に日本だけに落ちた一番の理由もここにある。

今の社会問題化している右翼の小学校を作ろうとしていた篭*理事長の顔立ちは一見ハンサムのようだが(^。^)よく見ると、ひらがな・カタカナ・漢字混じりの日本語

が作って来た寄せ鍋・ごった煮(hotpod)の代表格的な顔立ちで、二度と見たくない。

いくらpodcast 時代だとは言え、顔だちの寄せ鍋・ごった煮感は洒落にもならないぜ。

貴様様は日本の恥だ、恥じを知れ、恥じを!

もう二度と公共の場所に顔を出すな。

バカヤロウ!

今どき先史時代の残滓たちめ、お*んこなすめ!


さて気難しい理屈を言ってしまいました。

脳味噌をほぐす為にもここらクイズを!

上の文章の中に「お*んこ」と言う言葉が出て来ましたがこのアスタリスクの処にはひらがな一字でなんと言う字が入ると思いますか。

答えは次の写真の下にあります。

Tamias_sibiricus_(standing)[1].JPG
答は「し」です。「お新香」とも言うようです。日本語は重度複合障害言語でコツを掴まないと難しい言語でありんす。

コメント(0) 

119 ついこの間まで万世一系で神と同一視せられていた天*も戦後も最近になって現世的なことをのたまわれるようになった [ことばと社会]

ついこの間まで万世一系で神と同一視せられていた天*も戦後も遺伝子技術が発達して来た最近になって「火葬に願いたい」と現世的なことをのたまわれるようになられた。

象徴天*陛下万歳!

タグ:火葬 土葬
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

119 本文と発音記号の区別の付かないがらっぱちそそっかしい鼻っ柱が強いイノシシかカバのようで人類最高の言語も碌に喋れない発達障害の国家に・・・/ 世界の願い/ World's Hope [ことばと社会]

本文と発音記号の区別の付かないそそっかしい・がらっぱち・発達障害・知恵遅れ・人類最高の言語も碌に喋れない自閉症気質の国家に核兵器・原子炉のイグニッションキーを持て欲しくないというのが世界の願い。
最近の芝東問題もしかり。

私の一円現象から伺えることである。
発達障害* 日本語は開音節言語から閉音節言語へと正常に移行出来なかった銀河系で唯一!?の言語

119 本文と発音記号の区別の付かないがらっぱちそそっかしく鼻っ柱が強いだけのイノシシか鹿馬のようで人類最高の言語も碌に喋れない発達障害気味の国家に・・・/ 世界の願い/ World's Hope

コメント(0) 

117 言葉が先かそれとも後か [ことばと社会]

人は仮説を立てられると頭がいいとされるようだ。
仮説を立てる為には仮の言葉を存在させる必要がある。

と言うことは言葉が先に生まれると言うことの証左の一つではないか。

通称「一円現象」とも呼ばれる私の「正円現象」では、日本語と英語文が一円周上を共通の主語を出発点として互いに反対方向に構成されて行き、それだけでなく主語

の一つ手前でそれぞれ文章が終止し、一つの円が完成します。

宇宙で全ての基本で最も簡潔で最も美しい正円現象です。

これが回転すれば地球の様な球体にもなります。

いまでも開音節言語に止(とど)まっている日本語は、例え漢字を採用したとは言え「国権の最高機関」の国会議員であっても、「即自存在までの人間」用の言語を喋っ

ている事になりはしないでしょうか。
こう言う国会議員は短期的にはちやほやされ重要視されますが、永い日本の歴史においては幕府が崩壊し、原爆が二つ落ちて国が滅びたように、只の石潰しでしかない

が判ります。
そのままこのままににして置くとこう言う不健康で重度複合言語を喋っている日本の国は定期的に滅びる様に出来ているのです。

滅びる間隔が累進的に速くなっているのです。

だから終戦後いまの平和憲法が出来たのです。

だから今の憲法があるのです。

貴方は日本の国が同じ様な歴史を繰り返して国さえ無くなり、只の一部族な下がることを望みますか。

先の第二次世界大戦の日本の各地を絨毯爆撃に従事した戦闘機の乗組員の中には「一層のこと日本を二度と国の形態を取れない位にしたい」のような感慨を述べる人も

いたようです。

MVC-057S.JPG
これは一円現象でも正円現象でもありません。本当の一円現象どこにあるのでしょう?


コメント(0) 

116 どなたか私の誇大妄想・自惚れ・驕りを抑えて下さい・止めて下さい/ ひょとすると人類最大の発見の一つに匹敵する!? [ことばと社会]

『「即自存在」が「日本語」そのものであり、「対自存在」が「英語」そのものである」ことが間違いであることの理由・根拠を、どなたかコメントして頂けませんでしょうか。

サルトルが完成させた実存主義(主著「実存主義はヒューマニズムである」/別名「行動の教義」とも言われる行動哲学)について議論(コメント)しませんか。

116 どなたか私の誇大妄想・自惚れ・驕りを抑えて下さい・止めて下さい/ ひょとすると人類最大の発見の一つに匹敵する!?


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - ことばと社会 ブログトップ