So-net無料ブログ作成
言語社会学 ブログトップ

日本語は言語の弛緩期をいまだに脱していない!?/ 日本人の英語の習得はもう必要不可欠!/ 同音異義語の存在 [言語社会学]

言語には生成期、発展期、充実期、弛緩期、さらに充実期、完成期、再び弛緩期、他の言語に征服される直前の衰退期などがあるのと思います。

日本がまだ大陸(漢字* )の影響を受けてなかったころは、純粋に「あかさたなはまやらわ」の50音表を正確に発音してたのに違いない。そのころは、語彙は非常に少なかったに違いないと思われます。東南Asiaや、太平洋の島国やAfricaの国々の多くの民族、部族は日本語のような50音

開音節言語だけを喋っていたが、視覚面の利点を大いに生かした漢字を採用した日本と違って20世紀前半頃まで狩猟などの素朴な生活をしていたようです。それらの地域にも音声語彙の豊富な英語が普及して来、物質的にも表情的にも豊かになって行くと思われます。

正確に」とは、
Sa, shi, su, se, so でなく、sa, si, su, se,so と。
Ta, chi, tsu, te, to でなく、ta, ti, tu, te, to と。
Ya, yu, yo でなく、ya, yi, yu, ye, yoと。
Wa, n でなく、       wa, wi, wu, we, wo, n と。

国語辞典を引くと、「発音記号」に相当するところに「見出し」として「せいこう」、「せいき」、「こうもん」、「こうしゅう」、「しゃせい」、「むせい」、「せいり」、「しょちょう」、「かんちょう」、「だんしょう」、「だんそう」、「こうしょう」、「よくじょう」、「こうしょく」、「こうせつ」、「こうび」、「ふかんしょう」、「かんつ

う」、「ぼうこう」、「じょそう」、「せいし」とか表示されているが、実際には「セーコー」、「セーキ」、「コーモン」、「コーシュー」、「シャセー」、「ムセー」、「セーリ」、「ショチョー」、「カンチョー」、「ダンショー」、「ダンソー」、「コーショー」、「ヨクジョー」、「コーショク」、「コーセツ」、「コービ」、「フカン

ショー」、「カンツー」、「ボーコー」、「ジョソー」、「セーシ」と発音されている**。(これほどの同音異義語のon-parade の言語の国は、世界中探してもどこにもない筈である。ある一つの基準で選んでもこれだけの数がある。全体の数は夥しいものになる。変わった国だ。同音異義語は曲者な

のである)。

別の例を挙げればOlimpic は「オリンピック」または「オリムピック」と書き直されます。世界の地名を漢字で書く方法がありますが、それとは違って非常に紛らわしいのです。「カタカナ」は日本語の発音記号ですから大概の日本人はイコール原語と同じと受け取ってしまうのです。日本人は「カタ

カナ」というMagician のtrick に酔いしれているようなものなもののようです。

日本人が戦争に負けたのは外国の策略、姦計によって戦争に負けたのではなく、自分の言語のtrick にずっと引っかかっていたのだと思います。わざわざ日本人にしか読めないカタカナに変えてしまって日本人は日本語だけの塀の中だけでも曲がりなりに生活できるようになってしまった。これ

は自らを外に向かって心を閉ざしてしまった世界です。日本人は認識論的に世界の人と違いがあるのではないでしょうか。

これほど発音に関して大らかな国は、他にないのではないか。大らか過ぎるのではないでしょうか。音韻に関してこれほどルーズな言語は他にないのではないでしょうか。このことをあまり意識してないと、これは日本人の性格を創るのではないでしょうか。顕著な本音と建前とか、総論賛成各論反

対だとか。日本語はいまだに弛緩の段階から抜け出せないでいるのではないでしょうか。

「コンクリート」よりも「人」へと、「教育」とういソフト面に重点がsift したから、日本人には忍耐の時期が続くと思われるが、永い目で見ると日本にも少し僥倖が見えてきたのかなぁ。


* 日本人は漢字を採用することによって視覚的に語彙を豊かにして来たが、その分だけ音声面で神経が行き届かなくなってしまった。会話をしていて「音声」は話すそばから消えてなくなってしまう現在的なものであるが双方的なものであり、「視覚」は書いたそばから記録に残りますが「過去」か

らの一方通行の通信であること忘れないでください。中国語は閉音節言語で音韻が開音節言語よりずっと豊富ですから、視覚言語でなく英語と同じ音声言語に属します。


** 「セーコー」は「セイコウ」より退行した発音であること。人間は文章と言うものを喋っているときは息(energy)を消費しているのであり、一音節のenergy の強さは文尾に向かって弱くなっていく法則が働いている。これをわたくしは、「文章におけるエネルギー逓減の法則」と呼んでいる。

文章はその音節が文頭から文尾に向かって、あ>え>い>お>う の順序で並ぼうとする傾向がある。この順序は唇の開き具合の大きさの順であり、息(エネルギー)が小さくなってゆく順序です。

この法則は単語を一つ発音するときもこの法則が働いていると考えるべきであり、単語にもエネルギー逓減の法則が働くべきであり、そうなっていないッと言うことは、この「セーコー」等の発音は一時的な退行現象と思われる。

細かことになるが「セ」 と 「セーコー」または「セ」は、後者のほうが多くのエネルギーを消費している。何故なら、「イ」よりも「エ」の方がエネルギーを多く消費しているからです。これは「」と「」にも言える。

 ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! 《2014年5月初旬追加)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本語の音声語彙は英語に比べてどの位ありうるのか 英語は日本語の2510倍 - (内容にかなり量があるので、「ことば」に興味のない方はご遠慮していただいた方が・・) [言語社会学]

英語は「陽のあたることば」、「日本語は日陰の言語」、だから色々と陰湿、陰険な事件が多く、いじけた人間しか作らないけど、自分の生まれた国のことばだから、ほどほど(ほどほどが一番)に大切にしよう。これからは英語も話せ、視野の広いバランスのとれた人間になろう。

日本語の音声語彙は英語に比べてどのくらいあるのか?

結論: ぼくの試算によると、日本語の音声語彙は、英語の 1/2510 である。

定義:音声語彙の数とは、同じ音声(発音)でいろいろな意味を持っても、一つの音声語彙と数えるものとする。

日本語とは音声語彙が豊富な言語なのか、それとも少ないのか。ここで理論的・数学的に大まかな考察をしてみよう。日本語の単語で、五音節を超える単語はそうあるものではない。あきらめる・あこがれる・かくれんぼ・さかのぼる・ささやかな・たてまつる・ぬいぐるみ・はずかしい

・たぶらかす(*1:参照)、のように音節が多い単語で、一番数が多いのは五音節単語ではなかろうかと独断する。では1~5音節までの音節で成り立っている単語の組合せは理論的・数学的にどの位あるのでしょうか。ひらがな・カタカナそれぞれを74個とする(*2:参照)。

アーシーさん(写真1)曰く、「・・・ご参考までに、平仮名・カタカナそれぞれの総数は、濁点などの付いているやつを除いても、「ゐ」(「*」、*は「ゐ」のカタカナ形)と、「ゑ」(「*」、*は「ゑ」のカタカナ形・・・ ワープロ機能にない文字なので仮に「 *」 にしました)を入れてもて四十八と、例

えば英語のアルファベットの二十六を大きく上回る。濁点とかの付いているやつを別に数えると七十三個、「ヴ」まで含むと74個に上る。誰も気にかけちゃいない数字を、あえてここまで計算するは当研究室らしい」

と。

(*1: イアン・アーシーさんの本「怪しい日本語研究室」、p186より採用)

写真1▲

 (*2: イアン・アーシーさんの本「怪しい日本語研究室」、p184~186を参考にしています、3ページに亘っていますが、あいだの p185 には全面「ミケーネ文明の線文字Bの「五十音図」〔写真2〕が載っているため

です)

写真2▲

ひらがな・カタカナそれぞれ74個して、

一音節(一文字)で成り立ちうる言葉は、数学的には、         1×74=74通り
二音節(二文字)で成り立ちうる言葉は、数学的には、                      74×74=5,476通り
三音節(三文字)で成り立ちうる言葉は、数学的には、                74×74×74=405,224通り
四音節(四文字)で成り立ちうる言葉は、数学的には、         74×74×74×74=29,986,576通り
五音節(五文字)で成り立ちうる言葉は、数学的には、  74×74×74×74×74=2,219,006,624通り

合計(A) 2,249,403,974 通りです。

このうち、ほんの僅かな言葉の組合せを日本人は使っているのです。一方英語の場合、一単語当たりアルファベットがいくつ入っているでしょうか。ピンからキリまでで、多いのは20文字近いでしょうが、多いのを例

に採る訳にも行きませんので、今日は12月3日なので、オックスフォードの英英辞典 「Oxford Advanced Learner's Dictionary of Current English, Kaitakusha 発行 1985 年版」の辞書の123

ページを参考にします。

このページには見出し(Entry)が30単語ありまして、一番長い単語として「candelabrum」〔日英辞書を引いてみますと、「枝付き燭台(しよくだい)」とありました〕で、11文字です。これは長すぎてレア(rare)なので、次

長いのが「candidate」〔候補者〕と「candytuft」〔日英辞書を引きますと、「【植】 マガリバナ 《観賞草花》」と言うことです〕のそれぞれ9文字です。日本語の場合五音節としましたが、五音節とは(ア行の5音を除

いて)アルファベットに換算すると10文字(なぜなら、「カ」は「ka」と表しますから)に相当しますから、9文字は内輪で一番近いので妥当かなと、また独断します。では、アルファベット9文字で、どれだけの「組合せ」

が数学的に考えられるでしょうか。まず、

一文字で成り立ち得る言葉は、数学的には                                     26通り
ニ文字で成り立ち得る言葉は、数学的には                                    26×26=676通り
三文字で成り立ち得る言葉は、数学的には                             26×26×26=17,576通り
四文字で成り立ち得る言葉は、数学的には                        26×26×26×26=456,976通り
五文字で成り立ち得る言葉は、数学的には                 26×26×26×26×26=11,881,376通り
六文字で成り立ち得る言葉は、数学的には            26×26×26×26×26×26=308,915,776通り
七文字で成り立ち得る言葉は、数学的には      26×26×26×26×26×26×26=8,031,810,176通り
八文字で成り立ち得る言葉は、数学的には26×26×26×26×26×26×26×26=208,827,064,576通り
九文字で成り立ち得る言葉は、〃  26×26×26×26×26×26×26×26×26=5,429,503,678,976通り

合計(B) 5,646,683,826,134 通りです。

このうち、僅かな組合せを言葉として英国人は使っているのです。英語の可能な組合せと、日本の可能な組合せとの割合はどうなのだろう、どちらがどのぐらいの割合で多いのだろうか

日本語の場合、(A) 2,249,403,974 通り、 英語の場合、(B) 5,646,683,826,134 、BをAで割ってみると、B/A=2510です(小数点以下四捨五入)。(A)にしろ,すべてが言葉になる訳ではありません、10万組のうち一つの割合かも知

れませんし、二つかも知れません。(B)にしろ,すべてが言葉になる訳ではありません、10万組のうち一つの割合かも知れませんし、二つかも知れません。ここでは、単純に日、英とも同じ状況と考えることにします。

10万組の中で人間の生理的・感情的リズムに合う単語が一つぐらいか、二つぐらいとしましょう。或いはそれ以上あるかも知れません、が仮に幾つであるにせよ、およそ2500倍ほどのがあるには変わ

りはありません。これに英語の母音「A・E・I・O・U」はそれぞれにいくつかの発音がありますから、2510倍の数倍になるのではないでしょうか。日本語の音声語彙いかに貧弱な数であるかが分かるでしょう。和語

にしても漢字の熟語にしても同音異義語が多すぎます、「とる」、「つく」とか。本来の漢字の読み方を亜流に使っていますから「売」、「買」が同じ発音なってしまうのです、中国人や台湾人の発音は微妙に違います。

「コーテー」にはいくつ違った単語があるでしょうか。同音異義語は数え上げたらキリがありません。日本語には同音異義語が major になってしまった言語なのです。この多い同音異義語が曲者なのです、しいては

日本人の顔相にも影響していると思います、一言で言えば日本人の顔が外国人から見れば皆同じにように見えるのは日本人が自己主張が弱く、感情を抑えているからでありません、特別な状況下を除いて感情

なんか抑えられるものではありませ、それは本人の意思以前に反射的に顔に出るものです、本当は音声語彙のあまりもの貧弱さに起していると考えます。そういう日本語は自然界が想定していない言語です。

なんと暇な人だなんて言わないでください、誰かテレビで言ってましたよ、人間は暇でないといけないと。ニュートンが万有引力に気が着いたのも、微積分を確立させたのも、超暇だったからだと。アインシュタインも

そんなタイプの人のような人だったようです。音声面での語彙が、槍を持って腰に蓑草を巻き、鼻に小動物の骨を横に通している部族の言語と五十歩百歩と思われる言語を使っていても、いま経済的には一応繁栄

ているのは、漢字の視覚面の意味をほぼ正確に把握し、「実存(主義)は本質に先立ち、本質を創る」というサルトルの実存主義に適った言語を喋っている国との安全保障体制に負うところが大きいと思う。アメリ

カ嫌いの人には済まないけど。

 ◇


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     


にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
言語社会学 ブログトップ