So-net無料ブログ作成
ことばの世界遺産 ブログトップ

どっかの国の人はいくらなんでも言語についてはそんな奇妙奇天烈なことはしない/ 味噌と*を一緒こたにしてしまった日*人/ 古い遺伝子「ひらがな」、「カタカナ」/ 「言葉の世界遺産」を大事にしなさい!! [ことばの世界遺産]

カタカナ(ひらがなも同じ)は日本語の発音記号!

なぜなら「タ」は「た」しか、「ら」は「ラ」しかしか読まないからである。

中国人は、"Convenience store" のことを堂々と自信を持って「便利店」と書く。

中国人は漢字* という「言葉**」の並びに発音記号を入れたり、挟んだりはしない。

なぜかというと、言葉と記号とは機能が違うからである。

機能の違うものを同列に並べたりはしない。それをしちゃったのが日本語である。

「言葉」と「記号」を一緒こたにすることは、味噌と*を一緒こたにするようなものなのである。

漢字を貰った国なのに漢字を大事にせず、「記号」の方を大切にする蝙蝠的変節漢、これじゃ世界からの信頼を失うよ!

当然顔相に、味噌と*を一緒こたにしたような雰囲気*** が出てくるのは当たり前である

何故こうなるか、日本人だけが言語の古い遺伝子「ひらがな」、「カタカナ」を持ていて、日本人はカタカナ依存症なのである。

矢鱈滅多ら発音記号に過ぎないカタカナに書き換えないで、各国の「世界遺産」を大事にしなさい!!普段から盛んにそういっているのは誰ですか!NHK である!!こんなことをするのは日本は世界の自*症だと言うことが判る。

額、眉、目、鼻、口蓋、顎が整っていて統一性のある顔立ち
225px-Einstein1921_by_F_Schmutzer_2[1].jpg

造作がばらばらで概して表面積が少ない扁平な顔立ち/ 同音異義語とか音韻の乏しいゲンゴは記憶ヨウリョウが少なくてスム無表情な顔を民族的に造って行く/ 無理に統一性度を付ければ①②③の順、でも①は扁平度ナンバー1
000260[1].jpg③  000573[1].jpg①  000694[1].jpg


* 漢字には読み方(発音記号)が別にあって、それは表面に出ることはない。英語もまったく同じ。

** 英語では "word" という)

*** 扁平で統一性が無く、部品がばらばらで、貧相で楽しめない顔相

希臘の古代文字線文字B/ 日本語のひらがな(カタカナ)と同じ機能で紀元前12、3世紀ごろ消滅している265px-Linear_B[1].jpg

 ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (2014年3月追加)


nice!(8)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ことばの世界遺産 ブログトップ