So-net無料ブログ作成
ひらがなとカタカナ ブログトップ

総理大臣へごく普通人からのご託宣/ To our Prime Minister, an oracle from quite ordinary person/ Yes We Kan! [ひらがなとカタカナ]

ひらがな或はカタカナを無くさない限り、再び世界が日本を見限るときが来る。最初は太平洋戦争と二個の原子爆弾の投下。

Unless Japan abolish hiragana or katakana script sooner or later, the time will come again when the world forsakes Japan.

The last time was the Pacific War and two atomic bomb drops.

The bradnew instant cup noodle "Yes we kan"
DSC_0393.JPG
nice!(9)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

何のことはない、ひらがな(カタカナ)は漢字から突然変異した先祖返りの遺伝子のようなもの [ひらがなとカタカナ]

何のことはない、永い言語の発達の歴史において、ひらがな(カタカナ)は漢字から突然変異した先祖がえりの遺伝子のようなもの* 。これが日本人が語学下手の理由である。なんとかしないと、日本の民族にはこの遺伝子が一生付き纏うことになる。

先祖返りした遺伝子なんて聞きたくないだろうけれど。


* 語彙の豊富な今の中国語が出来る前には中国語は、音声語彙の極めて少ない言語・日本語のような開音節言語から発達してきたことは充分考えられることであり、漢字が日本に伝わって来てその漢字から開音節言語の発音記号の役割をするカタカナひらがなが出来たことは、進化の流

れ、歴史の流れ、時間の流れに逆行していることだと思う。

 ◇

手前味噌的?小論文

参考資料 MyBlogRelatedPage: 平和憲法9条と96条は変えてはいけない/日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (2015年7月下旬追加)

-

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 自然哲学へ
にほんブログ村

にほんブログ村 政治ブログ 憲法へ
にほんブログ村

ランキングに参加してます。よろしかったらポッチとお願いいたします


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

セイキの論文?/ 日本人のrobot 好き、機械好きは変わらない [ひらがなとカタカナ]

 MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を二つ見つけた!

 □

日本人のrobot 好き、機械好きは変わらない。何故なら、日本人は無機質の「発音記号」を、文章に使っているからである。日本人はひらがな、カタカナを使っている限り、software、人文科学の分野ではどんどん世界から遅れると思われる。こんな簡単なこと、日本人はなぜ解らない?夜

もかなり深くなりました(笑)。誠に勝手ながら、おやすみなさい。Good night!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひらがな、カタカナはあくまでも発音記号であって、その羅列は「言葉」とは言わない [ひらがなとカタカナ]

ひらがな、カタカナはあくまでも発音記号であって、言葉の本体ではではない 言葉の発達段階において、文字が出来た初期の頃は口から出た発音をそのまま記号で記(しる)し、その記したままに読む時代があっただろう しかし高度に言葉が発達してくると、記述したとおりに読まなく

ってくる時代に入って来る そこに発音記号というものが生まれて来るのだと思う そして発音記号とは本文に組み込まれる性格のものではない 発音記号とは本文の裏か奥に位置しているものであり、あくまでも別の機能を持ったものだと思う 本文と発音記号が混じった言語をほか

に眼にしたことがあるだろうか 少なくとも私にはない 衣服に喩えると、外出着が「本文」であり「発音記号」が肌着だと思う ところがいまだに上は肌着で、下は外出着のように、本文と発音記号を一緒こたにしてる言語があるのだ

カタカナ語について感じること その一

 ◇

MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (2014年5月中旬追加)


タグ:肌着 外出着
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
ひらがなとカタカナ ブログトップ