So-net無料ブログ作成

実存 私の実存主義講座 第51回 早急に健全な二大政党を目指すのではなく・・・/「カバを相手の時の時じゃない」 [実存主義]

性急に健全な二大政党を目刺すのではなく、自*党の中にも言語(日本語)の意味を位置づける者が出てきたようだから、何とか今の自民党改革派が中心となる内閣を造るのが、一番良いのではないかと思う。

性急にすると、また民*党の二の舞となる。

今の平和憲法第9条96条を変えてはいけない。

これがいつも最優先課題です。

それが出来なければ、忍耐強く次の機会を待てば良い。

何も慌てることはない。

好機は必ず再びやって来る。


  ♫ 王将 ♫ (1961)

  西条 八十  作詞

  船山 徹     作曲

  村田 英雄  唄

吹けば飛ぶような将棋の駒に

かけた命を笑えば笑え

うまれ浪花の八百八橋

月も知ってる俺らの意気地

あの手この手を思案を胸に

やぶれ長屋でことしも暮れた

愚痴も云わずに女房の小春

つくる笑顔がいじらしい

明日は東京に出て行くからは

なにがなんでも勝たねばならず

空に灯がつく通天閣に

おれの闘志がまた燃える


  ♫ 柔 ♫ (1964)

  関沢 新一  作詞

  古賀 政男  作曲

  美空 ひばり  唄

勝つと思うな 思えば負けよ

負けてもともと この胸の

奥に生きてる 柔の夢が

一生一度を一生一度を

待っている

人は人なり 望みもあるが

捨てて立つ瀬を 越えもする

せめて今宵は 人間らしく

恋の涙を 人間らしく

恋の涙を 恋の涙を

噛みしめる


口で言うより 手の方が早い

馬鹿を相手の 時じゃない

行くも来るも 座るもふすも  

柔ひとすじ 柔ひとすし

夜が明ける


http://politics.blogmura.com/tb_entry63572.html 日本ブログ>

政治ブログ

>

政治ブログ トラコミュ

>

問題提起します!に参加してます。

 
 
 


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第50回 執着、粘着、煩悩/ Adhesion, Stickiness, Earthly desires/ 皆んな近くにあれば良いなと思うものばかりです [実存主義]

執着、粘着、欲、みんな自分の元に置きたくなるものです。

全て「引力」が作用する事象なのです。

音声では、「母音」は人間の執着、粘着、欲を生み、「子音」はそれを断つ。

「母音」は地球の重力の影響を受けるが、「子音」は受けない。

なぜなら、子音は「声」ではないからです。

人間の執着、粘着、欲の原因は、「斥力」というものが無い地球の「重力」なのです。

日本語は必ずと言って良い程、音節の最後が「母音」で終わる開音節言語ですが、英語は単語の最後が、殆ど「子音」で終わる閉音節言語です。

よって日本語は英語よりも、ずつと煩悩的な言葉なのです


'Vowels' cause adhesion of Humans and 'consonants' sever it.

'Gravity' of the Earth causes the adhesion.

Japansee is open-syllable language that has all syllables end with vowel, and English is closed-syllable language that has almost all words end with consonant.




 
 
参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 


タグ:粘着性 煩悩
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

数時間前深夜にICBMが発射され、日本のEEZ内に落下したと。記者会見で記者の一人が「防衛大臣が辞任した隙を突いたのではないか」の質問に対し・・・ [実存主義]

それに対し、岸田外務兼防衛大臣が「何とか何とか」答えていたが、僕の答えは、次の通りである。

(私からのお願い: 今回の記事の内容は、呉々も他言することのないよう、希望いたします)(^_^)


『日本語〔近代・現代〕国家を想定してない開音節言語であり、国家を形成してはいけない言語であって、その国会議員がいると反って、日本が世界がややっこしくなり、放っとくと最後には必ず戦争をやらか

のです。

だから今の平和憲法があるのです。』

(以上、下記の私のブログより)



夜も大分深くなりました

お休みなさい

バイバイのバイ!(^_^)

Z-Z-Z-Z-Z・・・

http://politics.blogmura.com/tb_entry63572.html 日本ブログ村>

政治ブログ

>

政治ブログ トラコミュ

>

問題提起します!に参加してます。

 
参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 
 
 
 



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第49回 蓮舫氏が代表を辞めると言う/ 心機一転この際、党名も一緒に変えたら [実存主義]


「民民党」はどうだろう。

'Of the people, by the people, for the people'

三つ目の「民」を目指して、安心して政治を任せられる政党になって貰う為に。

上野動物園のパンダも目出度く生まれ、きっと同じ音を繰り返す、皆んなに好かれる名前が付けられるだろうし。

それに今は夏真っ盛りで、みんみん蝉の季節だから。
 
 
 
 

参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 

タグ:ミンミン蝉
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第48回 言語は次のように発達して来たのではないか [実存主義]


 居酒屋 (英語: tavern) を例にとって
 
開音節言語の日本語は、開音節言語から発達して来た閉音節言語の言葉をことごとく、言葉の先祖返りをさせ、他人の言語を巻き込み、機械的に開音節言語のはちゅおん記号カタカナに書き換えて、利用しているに過ぎな
い。
-
このことは音声面においては、日本語が開音節言語の段階で止まってしまっている、発達障害の言語であることを、如実に示していると思う。
-
そして日本語は漢字を採用したのであるが、中国語のもう一方の視覚面である「漢字」が、日本〔語〕の最大の欠陥と思われる処を埋めて余りあるのであり、日本語は音声と視覚の役割の量が至極アンバランスで、極めて
自然であり、肝心な時にちっとも役に立たない、ポコチン共和国の言語なのでありまする。

-
Prehistoric Greece          taveruna (Written in Linear B in form of open-syllable language.)
  ↓
Early modern Greece      taverna   (Written in Greek for the first time in form of closed-syllable language)
  ↓
Modern Greece               taverna   ( 〃 )
 
Prehistoric England        
  ↓
Early medieval England   taverna  (Maybe)
  ↓
Modern England              tavern

Prehistoric Japan            
  ↓
Early modern Japan        
  ↓
Modern Japan                タベルナ (Written in 'katakana' script, pronounced 'ta_be_lu_na'. This word is not popular in Japan) 
* We don't have 'v' in Japanese pronunciation. We also don't have 'r.' Instead of this we use 'l.'
http://politics.blogmura.com/tb_entry63572.html 日本ブログ村>

政治ブログ

>

政治ブログ トラコミュ

>

問題提起します!に参加しています。

参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第47回 本当に嘘だったとしたら『嘘を「丁寧に」説明する』なんて/「誠実に」を使わなかった訳・ [実存主義]


本当に嘘だったとしたら、「〔嘘を〕丁寧に説明する」なんて自己矛盾であり、もう人格が破綻していると思う。

と言うことは、自*党が人格破綻を来たしていると言うこと。

シメシメ。

「誠実に」なんて、尚更使えない。

あとは、ただ待つだけで良さそうだ。

http://politics.blogmura.com/tb_entry63572.html%3E  (日本ブログ村>政治ブログ>政治ブログ>トラコミュ>問題を提起します!に参加してます。

 
 
参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 機械の巻 [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第46回 アベべ内郭の法界は誓ぞなもし(愛媛弁)/ お「坊っちゃん」より [実存主義]

暴力を振ったり、血を流したりする訳には行かないから、遅々としても辛抱強く、待つのである。

永い日本の歴史において、日本の財政*を戦前のように床豚ままで巣食う、いまだに言語の無い所に初めて出来、未開生活用のカテゴリーに属する開音節言語しか話なさず、見識が非常に狭く、世界の自閉症気質の一部の官

僚・政治家たち、世界の「日本の穀潰し」たち。

ムキにならずに、笑って吹き飛ばそう。

そこが日本人のいい処だと思う。


* 日本語は音韻面では、開音節言語でとどまってしまった世界の唯一の発達障害の言語である。日本の国が「AはAである」が通用する「即自存在」の世界で先進国になれたのも、組み合わせればほぼ殆どの概念を表せる、言語のもう一方の面である視覚面で、「漢字」を採用したからに他ならない。


http://others.blogmura.com/tmt_rank20745.html>日本ブログ村>

その他ブログ

>

記事トーナメント

>

「日本」62

>

ランキング結果発表

 
参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 

タグ:穀潰し
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感