So-net無料ブログ作成

135 私は失敗したことがない。一万通りの上手く行かない方法を見つけただけだ。 [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

134『時間自体にもし現在しか無かったら、時間は永遠に在る筈である」 [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第38 英語の習得は日本人にとって第二の「一生の仕事」」である/ [実存主義]

開音節言語の生活言語を話す日本人が、一円周上を反対回り構成されて行く閉音節言語の英語を習得することは、並大抵なことではない。

なぜか?

それは、考えられる得る言語の中で一番真逆な言語であるからである。*1

大方の日本人は匙を投げ、諦めの精神に陥ってその理屈が解らないから、擬似餌を喰わされても夢は捨てられないのが現実である。

人類の進化・発展の歴史の中で開音節言語が閉音節言語に変わる時期は、人類の生活様式が未開が未開で無くなる時期、先史時代が有史時代に変わる時期、人間が「即自存在」から「対自存在」に変わる時期であるのが一番自然なのである。

アフリカ・インド洋諸島・太平洋のマクロネシア諸島の民族は、みんなバランスの取れた自然な発展をしている。

日本は縄文式時代最後期辺りで、高度な概念を表す漢字を当て字として利用することを覚え*たことから始まって、漢字の概念を視覚面で理解し利用するようになり、開音節言語を音韻の豊かな閉音節言語へ発展させる努力を一切しなくなってしまった。

このことは、マスター*ーションを覚えてしまった動物園の猿が、ずっと猿のままであるのと同じようなものである。

小さい動物園にあった。

日本も小さい。

アフリカ大陸の脇にあり、動物王国のマダガスカルより小さい。

太平洋戦争までおっ始めたのも、日本の狂い咲きの言語病理としか思えない。

日本の国は、言語の行き詰まりの諦めの上に成り立っていると言っても過言ではない。

このことは発音記号の役割を果たしている仮名が二通りあることで分かるだろう。


*1: 開音節言語(未開用・先史用・即自存在用)*2が閉音節言語に成長し得る方途はただ一つ、子音と母音を分解して子音を表せる文字体系を造ること。

*2 いまだに開音節言語の日本がこれほど豊かになったのは、現代の日本が未開性を抜けていのも、「概念」の豊かな漢字があったからである。



参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 
 


タグ:一生の仕事
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第37回 こういう考え方はいけないのかなぁ [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第36回 この小論文の重要度☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆/ 心と物の統一場理論はサルトルの実存主義です。 [実存主義]

「心」と「物」の統一場理論は、サルトルの「実存主義*」である。

「物」の世界を「AはAである」が通用する「即自存在」の世界とし、「対自存在」を「AはAであったとしか言えない世界」として、薄手のたった一冊の本**に表している。

「即自存在」の世界については、星の数ほどの科学者が、星の数ほどの論文を書いて来た。

サルトルは「物」の世界と「心」の世界の連続性を明らかにし、言わば『世界は人間的な世界しかない***』として、「物」と人間的な「心」の接点を明らかにした。

サルトルは人類最後の哲学者です。


*サルトル自身による別称「行動の教義」

**「実存主義とは何か」(副題)-実存主義はヒューマニズムである。

***『世界は人間的な世界しかない』

しかし、ヒューマニズムには別の意味がある。それは結局こういうことを意味している。すなわち人間はたえず自分自身の外にあり、人間が人間を存在せしめるのは、自分自身を投企

し、自分を自分の外に失うことによってである。また一面、人間が存在しうるのは超越的目的を追求することによってである。人間はこの乗り越えであり、この乗り越えに関連してのみ対象を捉えるのであるから、この乗り越えの真中、核心にある。人間的世界、人間的主体性の世界以外に世界はない。人間を形成するものとしての超越と、人間は彼自身の中に閉ざされているのではなく、人間的世界の中に常に現存しているという意味での主体性と、この二つのものの結合こそ、我々が実存主義的ヒューマニズムと呼ぶものなのである。

 

(『実存主義とは何か』71-72頁-昭和30年7月30日初版発行-昭和44年6月20日改訂重版発行-翻訳者伊吹武彦-刊行者渡辺睦久-印刷者田中幾治郎-発行所株式会社人文書院-京都府下京区仏光寺高倉-電話(35*)3341・3391-定価280円-株式会社文巧社-坂井製本)


参考資料 (平成29年10月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 
       
 


 
 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第35回 言葉の先祖返り [実存主義]

未開で言語のないところに最初にできるのが開音節言語であり、それを母胎にしてできるのが有史時代用の閉音節言語である。

而して、横文字(閉音節言語)をカタカナ(開音節言語)に変えることは、言葉の「先祖返り」に等しい。

語は敢えて、横文字をカタカナに変え先祖返りさせて、利用している。

このような言語は、例外中の例外ではなかろうか。

なぜなら日本語は一旦先に身に付けてしまったら、血の出るような努力をしなければ、外国語は身に付かない程の難病言語だからである。

憲法を変えてはいけない。

加憲程度でいい。



参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 
 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第34回 一円周上を反対回りとはどういうことか [実存主義]

私の「一円現象」で円周上を反対回りとはどういうことか。

それは同じ条件下で、あること柄が互いに方向が逆だとか、可能な限り距離が遠いとか、最大限に正反対と言うことだと思う。

円というものはそういうもだと思う、平行線と違って。

開音節言語と閉音節言語の関係は平行線ではなくて、円周上を反対回りに丁度一周して完結する。



参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像 タイトル              
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義         
 
 
 
 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感