So-net無料ブログ作成
検索選択

実践 私の実存主義講座 第18回 「人間の存在」は現象である。 [ことばと社会]

「人間の存在」は現象ではないのか。

人間を個体と考えるのではなく、時間と共に事象する『現象』ではないだろうか。

依って、人間は「死」に迎えことによって「無」となる。

サルトルは「対自存在自体」は無であると言っているから、重さも形もないのであろう。

私自身は「対自存在自体」とは「意味」・「概念」のことで、「言葉・言語」のことであると思っている。

サルトルは対自存在自体が具体的に何であるか言及してないようだが、「言葉・言語」とズバリと言ったのは私が最初であろうか。

この対自存在を持っている存在が「AはAであったとしかいえない」世界に住む人間なのである。

言語を持っているのは人類だけだが、文字を持たなかった人類は「AはAである」が通用する「即自存在」であったと思う。

而して人間には2000〜3000年遅れの発達障害の即自存在寄りの人から対自存在の人まで様々な段階の人がいる 。

特に日*の国には先史時代用の開音節言語をいまだに喋べっている国家なので、「AはAであったとしか言えない」が通用する対自存在在よりも「AはAである」が通用する即自存在寄りの人が非常に多い筈である。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

126 もし日本に始めから漢字がなかったら・・・ [ことばと社会]

もし日本に漢字がなかったら・・・

古事記、日本書紀の編纂も出来なかったに違いない。

日本は何も出来なかったに違いない。

20世紀末半ばぐらいまでアポリジニやマオリの様に腰に動物の皮の腰巻きをし、鼻には動物の骨を通し、手には槍を持って野原を駆けずり回っていたかも知れない。

マルコ・ポーロもこれなかったんだなぁ。

日本を「黄金の国」と称したのは、畳の色が彼の想像力を掻き立てたという人もいる。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感