So-net無料ブログ作成

125 なぜ日本人は外国語が喋れないか/なぜ日本人には語学の才能がないか/それは日本語にはそのDNAがないから [実存主義]

身体の遺伝子に相当する言語の遺伝子・『音韻』の種類に日本語とかアボリジニとかマオリとかカメハメハとか純粋古代ナイジェリア語とかにある音韻があっても、今や世界の趨勢である閉音節言語にある音韻が日本語には

欠けているため、日本語を先に身に付けてしまうと必要とされる遺伝子が無い状態となってしまう(この逆は全く當らない)。

いくら口では「喋れる、喋れる!やってみな」と簡単に言っても、日本人が外国語を習得するには、普段命を懸けて生活している日本語の、この無遺伝子状態を克服す

る程の血が出るような涙ぐましい努力が必要である。

それは本業でもないと到底できない相談である。

国会議員さん!理解してあげてや。

この点、半島の民族に大きく水を開けれているよ。

る。

ところで閉音節言語のDNAには次の四種類の音韻がある。(V=母音、C=子音)

⑴ V
⑵ CV
⑶ VC
⑷ CVC

☆この内、日本語などの開音節言語には⑴⑵のみがある。Cはクラスター(子音群)の場合がある。

☆日本語は⑵と⑶との間のとき*に、漢字を採用したため(何も漢字が悪い訳ではない)、閉音節言語への自然で正常な発達が行われず音韻的に発達障害に陥り、それによ

る恒常的な欠陥を埋めるものとして漢字を利用して来、今も音韻的に開音節言語にとどまっている重度複合障害言語である。

日本は幸せな民族である。

(*今から1800年程前辺りのことであろうか)


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 



       
      


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感