So-net無料ブログ作成
検索選択

実践 私の実存主義講座 第19回 新卒採用とか人事異動が日本では4月に集中するのは桜の開花と同じ現象!?/ 即自存在と対自存在/ 実存主義 [ことばと社会]

僕の知識ではこの宇宙は質量かその別形態であるエネルギーで成り立っていると思う。

このことはアインシュタインの質量とエネルギーの等価理論E=mc2(乗)を見れば分かることである。

また「温度」もエネルギーの一つの在り方だと思う。

春になって桜が咲くのも温度(気候)が原因である。

全てが温度が原因だといっても過言ではなさそうである。

日本の国が春になると新卒採用があり人事異動あり、会計年度が教育年度が変わるのは「温度」が原因ではないのかと思うのである。

外国(閉音節言語の国)では新卒採用とか人事異動とかは一年を通して万遍なく行われていると聞く。

僕は日本の国(開音節言語の国ーこの言語で国家を作っているのは日本だけ)が「春」に拘泥する原因は「温度」に原因があり「日本語」にその原因があると思うのである。

僕の考察によると日本語文は「エネルギー低減の法則」によっての構成されて行く。

英語文は「意味合いの強さ」によって構成されて行くのです。


日本語文の最大単位は文節です。

日本語文は各文節の最後の母音がアエイオの順で構成されて行き最後に動詞の現在形の母音の「ウ」で終わります。

アエイオウの順は口から吐き出される暖かい息の塊がのど元を衝いて口蓋の外に吐き出されます。

息にはエネルギーがある筈です。

ですからアエイオウの順は口の空き具合が低減して行くと共にエネルギーも低減して行くのです。

つまり日本文は「エネルギー低減の法則」に従って構成されて行くのです。

そこへ行くと英語は意味合いの強い順で構成されて行くのです。

『私たちは、もちました』と来れば『「何」を?』と目的語が、話し手にも聴き手の心にも必然的に惹起されます。

この二つの文節だけで次に目的語が必要とされていることになりますから、次に「夕食会 (supper party)」と言えば日本語のように目的語を作る「助詞」というものが要らなくなるのです。

もう後は「どこ・で?」「いつ?」と自然に続くのです。

時間節が最後に来るのは、時間というのはどこにあるのか人間には分からず目に見えない三次元の空間のどこにあるのか特定できないから助詞も要らなるのです。

このように英語文は「意味」(概念・役割・機能)を基準に構成されて行くのです。

日本語文は「エネルギー低減の法則」によって構成されて行き「エネルギー」が基準であるから、その別形態である「温度」が決定的な要素になるのです。

日本列島で起り日本語で毎年同じ時期に繰り返される伝統・習慣は開花や冬眠などの動植物と同じで、「温度」(気候)とそれにマッチした開音節言語の日本語が互いに呼応していることが解ります。

そこへ行くと英語・中国語文は「意味」(役割・機能)で構成されて行くのです。

日本語は「即自存在」であることが解り、

英語文は「対自存在」であることが解ります。





コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第18回 「人間の存在」は現象である。 [ことばと社会]

「人間の存在」は現象ではないのか。

人間を個体と考えるのではなく、時間と共に事象する『現象』ではないだろうか。

依って、人間は「死」に迎えことによって「無」となる。

サルトルは「対自存在自体」は無であると言っているから、重さも形もないのであろう。

私自身は「対自存在自体」とは「意味」・「概念」のことで、「言葉・言語」のことであると思っている。

サルトルは対自存在自体が具体的に何であるか言及してないようだが、「言葉・言語」とズバリと言ったのは私が最初であろうか。

この対自存在を持っている存在が「AはAであったとしかいえない」世界に住む人間なのである。

言語を持っているのは人類だけだが、文字を持たなかった人類は「AはAである」が通用する「即自存在」であったと思う。

而して人間には2000〜3000年遅れの発達障害気味の即自存在寄りの人から対自存在の人まで様々な段階の人がいる 。

特に日*の国には先史時代用の開音節言語をいまだに喋べっている国家なので、「AはAであったとしか言えない」が通用する対自存在在よりも「AはAである」が通用する即自存在寄りの人が非常に多い筈である。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

126 もし日本に始めから漢字がなかったら・・・ [ことばと社会]

もし日本に漢字がなかったら・・・

古事記、日本書紀の編纂も出来なかったに違いない。

日本は何も出来なかったに違いない。
 
アフリカ大陸の脇にあって、マダガスカル島のように動物天国の国なっていたかも知れません。*(* 2017年追加)

20世紀末半ばぐらいまでアポリジニやマオリの様に腰に動物の皮の腰巻きをし、鼻には動物の骨を通し、手には槍を持って野原を駆けずり回っていたかも知れない。
 
 

マルコ・ポーロもこれなかったんだなぁ。

日本を「黄金の国」と称したのは、畳の色が彼の想像力を掻き立てたという人もいる。



コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

125 なぜ日本人は外国語が喋れないかなぜ日本人には語学の才能がないかそれは日本語にはそのDNAがないから [ことばと社会]

身体の遺伝子に相当する言語の遺伝子・『音韻』の種類に日本語とかアボリジニとかマオリとかカメハメハとか純粋古代ナイジェリア語とかにある音韻があっても、今や世界の趨勢である閉音節言語にある音韻が日本語には

欠けているため、日本語を先に身に付けてしまうと必要とされる遺伝子が無い状態となってしまう(この逆は全く當らない)。

いくら口では「喋れる、喋れる!やってみな」と簡単に言っても、日本人が外国語を習得するには、普段命を懸けて生活している日本語の、この無遺伝子状態を克服す

る程の血が出るような涙ぐましい努力が必要である。

それは本業でもないと到底できない相談である。

国会議員さん!理解してあげてや。

この点、半島の民族に大きく水を開けれているよ。

る。

ところで閉音節言語のDNAには次の四種類の音韻がある。(V=母音、C=子音)

⑴ V
⑵ CV
⑶ VC
⑷ CVC

☆この内、日本語などの開音節言語には⑴⑵のみがある。Cはクラスター(子音群)の場合がある。

☆日本語は⑵と⑶との間のとき*に、漢字を採用したため(何も漢字が悪い訳ではない)、閉音節言語への自然で正常な発達が行われず音韻的に発達障害に陥り、それによ

る恒常的な欠陥を埋めるものとして漢字を利用して来、今も音韻的に開音節言語にとどまっている重度複合障害言語である。

日本は幸せな民族である。

(*今から1800年程前辺りのことであろうか)

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

124 君がこれから英語を勉強して喋れるようになれる確率は・・・/ 日*語はシオマネキ!?それともオートレース場のモーターバイク!? [ことばと社会]

全てのものが芽吹く4月の初日 に鑑み、期待に胸を膨らませよう!

君がこれから英語を勉強して喋れるようになれる確率は、限りなくゼロに近いということ。

理由は、今の日*語が重度複合障害言語であるからである。

このことは日*語が開音節言語の段階で「漢字」を採用してしまったことから始まっている。

なにも漢字が悪いと言っているのではない。

おそらく今から1800年ほど前から始まったことであり、知ってる人はそういない筈である。

漢字を採用したとはいえ閉音節言語の中国語の発音は日*人には出来ないため、開音節の「あかさたなはまやらわん」の別称「いろは」を疑似使用しているに過ぎず、宇宙時代になった今でも日*語が先史時代の生活に最適な語彙だけしか作り得ず、まだ文字と言うものが無く音声語彙だけの筈だった原初的な開音節言語にとどまっていることに変わりはない。

日*語は*語に比べると音韻面ではとても時代錯誤も甚だしい、音声語彙の非常に貧しい言語であると言わざるを得ません。

この音韻面のレベルで日常生活をしていると日*語の言語としての視覚面の役割・評価が日*人自身の中で実力以上の自惚れ・自己陶酔なっていくはずです。

「日*人は優秀な民族なんだぞ。難しい漢字を読み書き話すことが国民全員できるのは日*人だけである。」

「野菜や果物が色、形、大きさを揃えて箱に入れて入荷されて来る、そこまで気を遣っているのが日*人なんである」

日本の旅館では夕食に二十前後の小鉢に盛られた料理が色とりどり鮮やかに列ぶ。

日本では新聞を購読する人が多いのも、メールよりもファクスが好まれるのも、みんな「視覚」が他の民族より優れているからと考えられている。

「日*人は誰しも難しい漢字を読み書きできるんたぞ、日*人は優秀なんだ」

実は日*語の音韻面での致命的な欠点を補わざるを得ないのが漢字の存在なのである。

特別に日本人の視覚が優れている訳ではなく、原因は日*語の音韻面が余りにも時代錯誤的で極めて少ない語彙しか作らない言語だからであり、その日*語の音韻面を基準にすると相対的に視覚面で果たしている漢字の役割は音韻の場合の何十倍にも當る。

日*語を他のものに例えるならば、オートレース場のハンドルがとんでもない方向を向いていて公道の走れないバイクか、左右の鋏の大きさが大分違うシオマネキと言ったところか。

これがシオマネキやオートバイ程にとどまっていてくれれば良いが、再び戦艦大和のような巨大な化け物みたいなも物になって貰っては世界は再びはなはだ困るのである。

複合」に加え「重度」であるから日*語は地球上で唯一の難病言語の筈である。

であるから一生涯金と労力を掛けても外国語が身に付かない。

特に重要な処はボールド字で強調しときます。


Fiddler_crab[1].jpg

Is he or she 'calling tide'? His name is 'Shio-maneki' (inviting tide) in Japanese.

 


コメント(0)