So-net無料ブログ作成
検索選択

実践 私の実存主義講座 第11回/ 「即時存在」の音韻/ 外国人の中にはカタカナ語の多さに「この国には自分たちの言語を持ってないな」と思うに違いない。 [ことばと社会]

外国人の中には、発音の相関関係が分裂症的な所があり原語と相似的なカタカナ語の多さに、「この国には自分たちの言語を持ってないな」或いは「二番煎じの

言葉しか話してないな」と思う人もいるに違いない。

また、本来音韻が先史時代の生活用(即時存在用)に造られた開音節言語のみが喋られていること知って、アニミズムから半永久的に抜け出れない国であると思う

人もいるかも知れない。

アニミズム

コメント(0) 

104 象徴天*は日本の国には欠かせない [ことばと社会]

昔から日本には天*制があるからと言う単純な理由からではない。

日本人は(国会議員を含めて)「鰯の群れ」と言われ、漢字を採用したとは言え先史時代の生活用に造られた開音節言語を唯一いまだに喋っている日本の国には、

国民統合の象徴としてまた国家として自然を尊び自然を畏敬し自然に感謝する祭祀*を、国民が陛下を煩わせることなく祭司に専念できるよう環境を整え執り行う

象徴天*の存在も必要だと思う。

国会ではいつまでも派閥がなくならず、縦割り行政もいつまでも無くならず、また日本の国はいつまで経っても「民族に一度」の言語改革**をもせず、この意味

で全くと言っていいほど戦前から変わろうとせず、難しいことが分からない***親政法経で心象皮被りの国会議員の多い日本の国には、今の憲法は象徴天*が掲げ

られていて、集団自衛権も剥奪させられてい、世界語の喋れない自閉症気質の国会議員の国には確実に世界平和に貢献できる世界に誇れる憲法だと思う。
-
祭祀*

陛下は祭祀を毎日のようになされていると言う。全然存じ上げていませんでした。

言語改革**

開音節言語(先史時代のような生活用言語)から閉音節言語(有史時代のような生活用言語)への言語改革。開音節言語だけで国家を形成している国は日本だけであ

る。

難しいことが分からない***

僕がしょっちゅう問題にしている言語と国家の関係などを分かってる節がありそうな国会議員は、大泉純二郎親子辺りかも知れない。純二郎氏はそんなに遠くな

い以前「言語と原発廃止」について漏らしたことある。


IMG_0817.JPG
コメント(0) 

103 人間が自由に動き廻ること自体が「自然現象」である。 [ことばと社会]

人間が自由に動き廻ること自体が「自然現象」である。 

だから個人の些細な言動も「自然現象」の筈である。


人間が自由に動き廻ること自体が「自然現象」である。 

それゆえ、個人の些細な言動も「自然現象」の筈である。


人間が自由に動き廻ること自体が「自然現象」である。 

それ故個人の些細な言動も「自然現象である。

コメント(0) 

102 気象現象と同様自然現象と考える様になって来ている [ことばと社会]

自分は、戦争は勿論のこと一個人の些細な言動まで、人間社会の出来事はすべて気象などと同様、自然現象ではないかと考える様になって来ている。

実利的にも、その方が他人の所為で自分の人生がやり直しが効かなくなったてしても諦めが付くと言うもの。

そう言う人は沢山居るんじゃないかな、口に出さないだけで。


タグ:自然現象
コメント(0) 

101 煩悩を'Earthly desire' とはよく言ったものである/ 地球で物事が事象し得るのは「地球」の重力があるから/ ♬分かっちゃいるけどやめられねぇ♬ [ことばと社会]

'Earthly desire(s) とは、どうも「煩悩」のことを言うらしい。

実に云い得た言葉だと思う。

そして、*語は宇宙そのものだとか*語は神に選ばれた言語とは言わないが、なぜか宇宙に直接接してその隣に存在している言語であり、その他諸々の言語は*語の外側にずうっと延々と一列に続いていて宇宙からどんどん離れて行く言語だと思う。

特にとんでも無い数の同音異義語があってひらがな・カタカナ・漢字と三つのモードの違うチンドン屋の衣装の様な三つの表記法が同時に存在し*、本来自然界が未開(先史時代)の人達専用に作った開音節言語の儘で重度複合障害言語(世界で一番不健康な言語)の日*語は、ビリから二番目のブービー賞ものよりずっと引き離されて、最後の最後に鎮座ましましている言語なのでありまする。(ただし始めから人工の言語・エスペラント語は問題外の外。日*語はエスペラント語より良いと思う。)

僕は最近、母音は重力の影響を受ける様なこと書いた。

それは話し手の意志の儘に声帯が震えてエネルギーを持った暖かい息の塊が口を突いて口外に出るので、その塊は重力の影響を受ける筈と書いた。

そこへ行くと、子音は声帯が震える訳ではなく口腔と舌が作る形あるいはその形を激しくかすめて出る風の様な音であるから、子音はあいうえおの母音をあかさ

たな的に増やす(豊かにする)役目と、拡散する性質・能力・可能性のある母音を一拍で抑える(切る)役目がある。

演歌の「与作」などの名曲には母音の長音などが沢山あって、母音は感情の現れなのであり、母音は感情と言っても良い。

また、「煩悩」も感情なのである。

そしてその感情を抑え、切るのが重力の影響を受けない子音の役目なのである。

だから*語では「煩悩」のことを 'Earthly desires' と呼ぶのは、重力の源は「地球」そのものであり、煩悩は様々な欲求を抑えられない状態を言うのであるか

ら、正に文字どおり*語では「煩悩」のことを 'Earthly desires' と言うのである。

*語こそ宇宙と隣り合い宇宙に一番近い言語だと思うのです。

*三つの表記法が同時に存在し*: 

これらの異常性を持つに至った原因中の原因(根因)は唯々日*語が漢字を採用してしまったことにある。一つの言語は音節言語(未の先史時代)から閉音節言語(有史時代)へと人間と同じ様に必ず成長して行くものなのである。日*語はそれ自身が開音節言語からいまだ脱却(皮)してない時期に既に漢字体系も出来上がりすっかり閉音節言語になっていた中国語の漢字を無断借用して、日*語は蚕が羽根の付いた成虫になる前にあの蠢く太い胴体に大きな羽根を強力セメダインか何かで付けてしまったようなこと/何も開音節言語が悪い言っているのではない。開音節言語は開音節言語に向いた生活の時代に立派に役割を果たしてきたと考る。あのレヴィストロースもそう言うこと言っているのだと思う。

コメント(0) 

100 世界から尊敬される節度ある自*症気質の国の見本となろう/ We, Japanese, can do!! [ことばと社会]

先史時代用で本来音声だけで文字を必要しない未開文明用の開音節言語だけをいまだに話していて語学の才能のな

い自*症気質の日本の国は原発を廃止し集団自衛権を持たず養父の様なアメリカと純金治産者の様な日本との日米

同盟を基軸として尊大でなく、節度ある自*症気質の国として世界の見本となり世界から尊敬される国になりましょう。

そうすれば日本に続く国が第二、第三と現れるでしょう。

職人堅気で一途で努力家の日本人ならできる!!

'Yes, we can do' it by our supreme claftmanship!
コメント(0) 

99 いつの時代でも「真理」と思われること [ことばと社会]

-

『本物の馬鹿は死ななきゃ治らない』

'A genuine fool is not curable unless he dies.'

or

'A genuine fool is not curable until his death.'

Which is better?

本物の馬鹿はいつの時代にも居るもの。

人間が全ての面で負けて

いまだに開音節言語をだけを喋っている馬鹿なリーダーが多いと

未来はロボットたちに征服される!?


タグ:本物の馬鹿
コメント(0) 

98 「重力」は現世的なものの根源と考えるから・・・ [ことばと社会]

私は重力は現世的なものの根源と考えるから、日本のことも世界のことも政治のことも、全て最初に重力を振り切って宇宙旅行に踊り出た言語、英語特に米国英語を基

準に考える処がある。

こう言う人は後にも先にも私だけのようである。

これでは基地外の人間と思われ兼ねないので、ずるいようだか国際政治などの話は事が収まってから延々と愚駄愚駄と述懐することにする。

極東の四国の将来についても言語・英語で判断する。

世界史と言語が符号していると思う処:

日本に続いて朝鮮戰爭で原子爆弾を使用するつもりだったマッカーサー元帥をトルーマン大統領が更迭させて、原爆を落とさせなかった時期と、朝鮮半島で開音

節言語から閉音節言語へ移行すべく民族で一度の筈の言語改革の第一歩であるハングル文字の全面使用が始まった時期とどう言う訳か、人類の永い歴史において

ぴたっと一致しているのである。

このことはとても偶然の一致と思われない。

互いに関係しているのある。

 
自由でいよう9ブログトーナメント - その他ブログ村
自由でいよう9ブログトーナメントに参加しています


コメント(0) 

日本人と外国人との間に生まれた子息たちに美男美女の割合が非常に高いのはなぜか [ことばと社会]

日本人と外国人との間に生まれた子息たちの顔立ちに、美しさを感じるケースが多いのはなぜか。

それはいまだに未開用の開音節言語であることに加え、ひらがな・カタカナ・漢字ありのほとんど荒廃寸前*の、世にも稀な(重度複合障害言語の)日*語の因

縁/影響が交配(結婚)によって突然、半分無くなる/切れるからである。

何も日本人が悪いと言っとるのではない。

日*語が悪いと言っているのである。

荒廃している一例: 

日*語ではよく「何何的な」という表現を使う。この「な」という日*語の助詞は、その直前の中国語の漢字『的』が既に持っている役割と同じであって、更に

「な」を付けることは二重であり文法上明らかに違法である。

日*語は行動・行為以前の認識(認知)段階で違法行為を犯してている。

極めて粘着質でしつこい行為と言わなければならない。

カタカナ語などは「言葉の産地偽造」であって二番煎じの言葉であり、それが顔に表れる筈はずである。

日*語の欠陥を挙げたら切りが無い。

そもそも日*語が未開用(先史用)の開音節言語のままで既に閉音節言語として完成していた中国語の表記法・漢字を採用してしまった(西暦2〜5世紀頃?)のが

間違いである。

これは人類最大の愚行であり、日本に原爆が最初に落ちた最大の理由である。

こうして日本人の粘着質で思い込みの性格が知らず知らずの内に醸成されて来たのではないだろうか。

こうして盧溝橋鉄道事件とか南京事件とか真珠湾奇襲攻撃などをし掛けて来たのもさも有りなんと言うところである。

私の一円現象を見れば開音節言語と閉音節言語が相性がすこぶる悪く、容易に入れないことが分かる。それを無理にしちゃったのが日*語である。


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

実践 私の実存主義講座 第10回/ 今年こそは重力を振り切り最初に宇宙旅行をした言語を習得しよう [ことばと社会]

今年こそは万有引力を、ついでに色々なしらがみを振り切り、最初に宇宙旅行をした言語を習得しよう。

英語は、僕の知る限り、子音で終わる単語の割合が一番多い言語ということ。

と言うことは一番重力を受けにくい言語であると言うこと。
 
だから米国は宇宙旅行に一番乗りができた。

これも人間のやることは「言語」が原因である証左の一つである。


自由でいよう9ブログトーナメント - 旅行ブログ村
自由でいよう9ブログトーナメント
タグ:月世界旅行
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感