So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の同音異義語 接待・贈与の巻 [同音異義語]

昨日のニュースで、「韓国では古くから接待したり贈り物をしたりする習慣があるので、オショクジケンが絶えないとのこ

とで、何千何百円以上(「¥」に換算してた)の接待・贈り物を禁止する法律ができた」ようなことを言ってたよ。

いままでは、御食事券を幾ら政治家・業者に上げても汚職事件にならなかったのかなぁ。 

そうだとしたら、政治家天国だったんだ。 

- 

 
- 
 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

68 今日の一言 開音節言語で国家を形成してはいけない/神と紙は髪一重・そのたった一枚の紙からのご託宣!//68 Today's One Word: We should not form a state by open-syllable language./ The difference between Kami & kami is the thickness of one kami. This is An Oracle from a mere sheet of kami. [ことばと社会]

 開音節言語*で国家を形成してはいけない。

それ故、我が国は憲法で戦争放棄を謳っているのです。

日本語は今に至るまで開音節言語の数有る様態の一つに過ぎません。

その証拠の一つは初めての原爆二個の破裂で日本が敗戦したことです。

We should not form a state by open-syllable language. 

Therefore we denounce war in our Constitution.

 Japanese has still been mere one of variations of many open-syllable languages.   

One of the proofs is that Japan lost World War Ⅱ due to two explosions of first atomic bomb.

-

 denote: 【kami】has several meanings, for examples, 'God'(神),  'paper'(紙), 'hair'(髪), 'upper'(上) -----  

 * 開音節言語: 日本人には厭でしょうが、土人たちが話していた、文字を必要としない先史時代の生活をするための音声専用言語。日本語は閉音節言語に進化する前に「漢字」を利用することを覚えてしまったので、普通の(自然な)コースを辿って閉音節言語に永久に進化することができない言語になってしまった。日本語は一番の変わり物、それも

いに反対回りで、とてつもない程の。

-

「一円現象」

日本語文: 「私達は/先週の金曜日/五番街の/ホテルのレストランで/夕食会を/しました」

英語文 : 'We/ had/ dinner/ in the hotel's restaurant/ on 5th Avenue/ last Friday/.'

私達は = We →

先週の金曜日= last Friday. しました= had

5番街 ↓ = Fifth avenue     夕食会を ↑ = dinner

の ↓ = on         で ↑ = in

ホテルのレストラン → = the hotel's restaurant

-

サルトルの言葉

「即自存在」とは:それがあるところにあるものであらぬところにないもの

'Being-in-itself' is what is where it should be, isn't where it shold be.

「対自存在」とは:それがあるところにないものであらぬところにあるもの

'Being-for itself' is what isn't where it is, is where it should not be.

-

互いに反対周りと云うことは、「互いにあるところにない」(と云うことは「互いにないところにある」ということ)ことであり、日本語文と英語文がこれに相当します。

日本語文が「即自存在」に、英語文が「対自存在」に相当するかは以前のエントリーの記事に書いてございます。

ここでは量が嵩みますので割愛させて戴きます。

- 

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代(土〔着〕人)用で文字を必要としない音声専用言語であったのであり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用で必然的に文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象・「正円現象」または「一円現象」と言う)を見つけた!

- 

MVC-057S.JPG

一円現象!?/ ¥1 phenominon?

参加してます 

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

67 言葉は心と物との統一場理論である/一基地外からのメッセージ 今日の一言 六十七// Today's One Word ⅵⅹⅶ The Languages are the Unified Theory of Worlds of Mind and Things. [ことばと社会]

「言語」は「心*」 と「物**」の世界の統一場理論である。

`A language (especially English and Japanese) are Unified Theory of World of Mind and Thing.' 

日本語はそもそも即自存在・Being-itself・先史人用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(現象)を二つみつけた! 

- 

*  心: サルトルの「実存主義」 - サルトル自身による別の呼称「行動の教義」が通用される世界

**物: アインシュタインの E=mc2(乗)が通用される世界  

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

66 They seem to me they wear a reluctant or forced smile to each other, don' they? 今日の一言 六十六// Today's One Word ⅵⅹⅵ [ことばと社会]

AAiw2Nf Zhi JinPing & Abe.jpg 

Meeting in Hangzhau (杭州) 2016

私には彼らはお互いに気の進まない、押し着せの笑みを浮かべているように見えます。

 

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

65 聖職者には質素であってほしい、特にお金に関しては、この人のように 今日の一言 六十五// Today's One Word ⅵⅹⅴ [ことばと社会]

『人柄の良さは

その性格を備えている人にとって

知識よりもお金よりも名誉よりも

価値がある』

- ヘンリー・ウォード・ビーチャー -

(会衆派宗教牧師・社会改革者・演説家) 

-

'Good nature is worth

more than knowledge, more than money, more than honor

to the persons who possess it.'

- Henry Ward Beecher -

(Congregationalist clergyman, social reformer, and speaker, 1813 - 1887) 

230px-Henry_Ward_Beecher_-_Brady-Handy.jpg

聖職者って・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
聖職者って・・ブログトーナメントに参加してます 

ヘンリー・ウォード・ビーチャー 

-

200px-Sakamoto_Ryōma.jpg 

坂本竜馬 (1836 - 1867) 

これら写真の二人には共通点があり、それが質実な感じを与える 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

64 今日の一言 閲覧数がやっと2,000,000件を超えました// Today's One Word ⅹⅹⅹⅹⅹⅳ [ことばと社会]

総閲覧数*が

やっと

2,000,000件**を

超えました

僕としては

’長かったなぁ’

と云うのが

正直な実感です

これも一重に皆様のお陰だと、感謝と御礼を申し上げます。

ジャポンよ

永遠なれ! 

*2016年9月2日現在

**最初の百万より次の百万の方が長く感じた

 

2,000,000件超えました.png 


タグ:総閲覧数
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

63 今日の一言 日本の国は”ハッポウ美人”は向いてない、なぜかって日本の国にはそんな美人は多くない// Today's One Word ⅹⅹⅹⅹⅹⅲ   [ことばと社会]

ロシアと平和条約など結ばない方がいい。

日本は世界に迎い入れらたと思い込み気が緩み、また世界のあちこちでデカい態度を取り狼藉の類を働き兼ねない。 

世界で唯一ワン・ワン国家の態度がデカくなり、戦前の繰り返しになり兼ねない。

日本には一つ位日本より大国で日本が嫌われ国を造っていた方が適度の緊張感があって良い筈だ。

日本の国には八方美人は向いてない。 

安倍倍首相は何かと日本の歴史に家名を残すことが第一次的な理由では!?、それと絡めていて。

唯一いまだに開音節言語の国が永いこと閉音節言語の大国の狭間にあって永世中立国的に泳いで行けるかな。 

 -

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代(土〔着〕人)用で文字を必要としない音声言語であったのであり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用で必然的に文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象・正円)を見つけた!


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感