So-net無料ブログ作成

44 唯一日本が先史時代からのしがらみから抜け出られず逆立ちしても先進国化できず普通の国にもなれないことがある// 今日の一言 四十四 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅹⅳ  [実存主義]

 

日本が先史時代からのしがらみから抜け出られず、逆立ちしても先進国化できず、普通の国にもなれないことがある。

それは人間であるための第一条件で、漢字で書くと二文字で、開音節表記(50音)で書くと三文字である。

東京オリンピックのとき、日本(自*党と右翼系)はそれに代わって、アンドロイドなどで対応するという。 

日本の国は、ロボットの国を目指しているのか。*

恐ろしいことである。


* この行平成29年10月吉日挿入す。

(ことば*言葉)

-

参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

43 万有引力は時間が原因としか考えられない// 今日の一言 四十三 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅹⅲ [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語/ TOKYO OLYMPIC 2020 の巻/ さすが世界のエコノミックアニマルは生きていた!/ The economic animals of world have been alive. [実存主義]

 
東京オリンピック2020
 
 
決まった前後から
 
東京の顔
 
 
三度替わりました
 
これが
 
本当の
 
’O・mo・te・na・shi' 
 
'Hospitality Without A Face' 
or
Faceless Hospitality
or
flagless fleet?
 
まさに
 
東京・日本
 
 
首を刎ねられた

ヤマタノオロチのように
 
戦前と同様 
 
怪物・怪獣
のようだ~ッ!
 
300px-Yamatano-Orochi.jpg 
大蛇(おろち) 
 
 
 
これが
 
現在
 
 
重度複合障害言語の日*語
 
 
喋る政治家・為政者
 
 
必然的にたどり着く
 
本当
 
 
姿
 
です
 
 
 
 
これじゃ若者達が引子 森になるのも分かるような気がする 
 
 
三度あることは四度ある!?
 
原子爆弾×2個 + 水素爆発・福島第1(これも縮めれば『水爆』)×1個  = 計3個
 
4度目(多分「中性子爆弾」*)はどうでせう
 
日*人にはせめて
三度笠程度でと止めて置くのが一番いいのでは!
 
* 中性子爆弾は建物等は破壊せず人間等を溶かすという。
これで原子爆弾と水爆と中性子爆弾と出揃い日*の国には完全無欠の贈り物
(Perfect present for Sadam Fusein Japan)
となる。 
歴史は良く出来ていそう
 
完全無欠のロックンローラー [EPレコード 7inch]

完全無欠のロックンローラー [EPレコード 7inch] (1981年)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: キャニオン
  • メディア: LP Record


 -
 
ぜひ 
 
そうならならいように
 
 ♪ 私、祈ってます~ ♪
 
 
敏いとうとハッピー&ブルー ベスト TFC-12018

敏いとうとハッピー&ブルー ベスト TFC-12018 (1974年)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: 株式会社テイチクエンタテイメント
  • 発売日: 2008/07/01
  • メディア: CD

 
 
こちらは
 
「三度傘」
 
22642股旅.jpg 
 
 
220px-Olympic_Torch_2010 - コピー.jpg 
神聖で素朴な採火式はオリンピックの『心』そのもの
それをすっかり忘れちゃって
’頭隠して尻隠さず
とはこのこと
 
’結構毛だらけ猫灰だらけ け*の周りはく*だらけ’
 
男はつらいよ パーフェクト・ガイド ~寅次郎 全部見せます (教養・文化シリーズ)

男はつらいよ パーフェクト・ガイド ~寅次郎 全部見せます (教養・文化シリーズ) (1969 - 1995)

  • 作者: 松竹株式会社
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2005/07/30
  • メディア: 大型本


 
300px-Olympic_flame_at_opening_ceremony[1].jpg 
 2004年のアテネ大会の聖火
 
 225px-2002_Winter_Olympics_flame.jpg
2002年のソルトレークシティオリンピック 
 
2020年東京大会の組織委員会ではではすっかり神聖な聖火の存在*を忘れてしまい
’エコノミックアニマル’!
振りを
久しぶりに 
世界に晒してしまった 
 
新しく作る国立競技場の二番目のコンセプトには
オリンピックの象徴である聖火台とそのスペースがなかった
日*国中さあどうしようという唖然とした空気が流れた感じがした
 消防報が関係するらしく臨時特別法が極秘裡に作られるかも
こう云う処に
Ms引子 森の語学の才能がほとんどない
民族的自*症気質が正直に露呈してしまう
引子 森自身は一番悪いのは文部省のお役人だ
責任転嫁して憚らない
 
みっともないから今緘口令の様に
ほぼ極秘裏に対策中の様である
女性の裸の体を晒す訳じゃないんだか
隠さない方が後々きつい教訓となって本当は日本の為世界の為なんだがな
日本はなんでも隠して国家主義・全体主義になり易い国なんだよな
日本は「恥の文化」だよな
これが誤解されて世界では
「政治家が完全主義者」と云われる
とんでもない
映画監督
じゃあるまいし 
 
 
 
日*人には
 
オリンピックより
 
90px-Mexico_torch.jpg 

富士山
 
 
 
三度傘
 
250px-Sando-gasa_sekki-ichi.jpg 
(三度笠を売る露店の様子) 

 
の方
 
 
良く
 
似合う 
 
 
帰って来た木枯し紋次郎 [VHS]

帰って来た木枯し紋次郎 [VHS]  (1933)

  • 出版社/メーカー: フジテレビジョン
  • メディア: VHS

言語の関係で日本人に多い!?
 

のっぺらぼうタイプ

160px-Ryoi_Nopperabo[1].jpg






MUJINA

小泉八雲 Lafcadio Hearn

戸川明三訳


 東京の、赤坂への道に紀国坂という坂道がある――これは紀伊の国の坂という意である。何故それが紀伊の国の坂と呼ばれているのか、それは私の知らない事である。この坂の一方の側には昔からの深い極わめて広い濠ほりがあって、それに添って高い緑の堤が高く立ち、その上が庭地になっている、――道の他の側には皇居の長い宏大な塀が長くつづいている。街灯、

人力車の時代以前にあっては、その辺は夜暗くなると非常に寂しかった。ためにおそく通る徒歩者は、日没後に、ひとりでこの紀国坂を登るよりは、むしろ幾哩も廻り道をしたものである。

 これは皆、その辺をよく歩いた貉のためである。


 貉を見た最後の人は、約三十年前に死んだ京橋方面の年とった商人であった。当人の語った話というのはこうである、――

 この商人がある晩おそく紀国坂を急いで登って行くと、ただひとり濠の縁に踞んで、ひどく泣いている女を見た。身を投げるのではないかと心配して、商人は足をとどめ、自分の力に及ぶだけの助力、もしくは慰藉を与えようとした。女は華奢な上品な人らしく、服装(みなり)も綺麗であったし、それから髪は良家の若い娘のそれのように結ばれていた。
――『お女中』と商人は女に

近寄って声をかけた――『お女中、そんなにお泣きなさるな!……何がお困りなのか、私に仰しゃい。その上でお助けをする道があれば、喜んでお助け申しましょう』(実際、男は自分の云った通りの事をする積りであった。何となれば、この人は非常に深切な人であったから。)しかし女は泣き続けていた――その長い一方の袖を以て商人に顔を隠して。『お女中』と出来る限りや

さしく商人は再び云った――『どうぞ、どうぞ、私の言葉を聴いて下さい!……ここは夜若い御婦人などの居るべき場処ではありません! 御頼み申すから、お泣きなさるな!――どうしたら少しでも、お助けをする事が出来るのか、それを云って下さい!』徐ろに女は起ち上ったが、商人には背中を向けていた。そしてその袖のうしろで呻き咽びつづけていた。商人はその手を軽く

女の肩の上に置いて説き立てた――『お女中!――お女中!――お女中! 私の言葉をお聴きなさい。ただちょっとでいいから!……お女中!――お女中!』……するとそのお女中なるものは向きかえった。そしてその袖を下に落し、手で自分の顔を撫でた――見ると目も鼻も口もない――きゃッと声をあげて商人は逃げ出した。

 一目散に紀国坂をかけ登った。自分の前はすべて真暗で何もない空虚であった。振り返ってみる勇気もなくて、ただひた走りに走りつづけた挙句、ようよう遥か遠くに、蛍火の光っているように見える提灯を見つけて、その方に向って行った。それは道側(みちばた)に屋台を下していた売り歩く蕎麦屋の提灯に過ぎない事が解った。しかしどんな明かりでも、どんな人間の仲間で

も、以上のような事に遇った後には、結構であった。商人は蕎麦売りの足下に身を投げ倒して声をあげた『ああ!――ああ!――ああ※[#感嘆符三つ、231-8]』……

『これ! これ!』と蕎麦屋はあらあらしく叫んだ『これ、どうしたんだ? 誰れかにやられたのか?』

『否(いや)、――誰れにもやられたのではない』と相手は息を切らしながら云った――『ただ……ああ!――ああ!』……

『――ただおどかされたのか?』と蕎麦売りはすげなく問うた『盗賊(どろぼう)にか?』

『盗賊(どろぼう)ではない――盗賊(どろぼう)ではない』とおじけた男は喘ぎながら云った『私は見たのだ……女を見たのだ――濠の縁(ふち)で――その女が私に見せたのだ……ああ! 何を見せたって、そりゃ云えない』……

『へえ! その見せたものはこんなものだったか?』と蕎麦屋は自分の顔を撫でながら云った――それと共に、蕎麦売りの顔は卵のようになった……そして同時に灯火は消えてしまった。

《終》

Title: Mujina
Author: Lafcadio Hearn


On the Akasaka Road, in Tokyo, there is a slope called Kii-no-kuni-zaka,--which means the Slope of the Province of Kii. I do not know why it is called the Slope of the Province of Kii. On one side of this slope you see an ancient moat, deep and very wide, with high green banks rising up to some place of gardens;--and on the other side of the road extend the long and lofty walls of an imperial palace. Before the era of street-lamps and jinrikishas, this neighborhood was very lonesome after dark; and belated pedestrians would go miles out of their way rather than mount the Kii-no-kuni-zaka, alone, after sunset.

All because of a Mujina that used to walk there. (A)


The last man who saw the Mujina was an old merchant of the Kyobashi quarter, who died about thirty years ago. This is the story, as he told it:--

One night, at a late hour, he was hurrying up the Kii-no-kuni-zaka, when he perceived a woman crouching by the moat, all alone, and weeping bitterly. Fearing that she intended to drown herself, he stopped to offer her any assistance or consolation in his power. She appeared to be a slight and graceful person, handsomely dressed; and her hair was arranged like that of a young girl of good family. "O-jochu," [1] he exclaimed, approaching her,--"O-jochu, do not cry like that!... Tell me what the trouble is; and if there be any way to help you, I shall be glad to help you." (He really meant what he said; for he was a very kind man.) But she continued to weep,--hiding her face from him with one of her long sleeves. "O-jochu," he said again, as gently as he could,--"please, please listen to me!... This is no place for a young lady at night! Do not cry, I implore you!--only tell me how I may be of some help to you!" Slowly she rose up, but turned her back to him, and continued to moan and sob behind her sleeve. He laid his hand lightly upon her shoulder, and pleaded:--"O-jochu!--O-jochu!--O-jochu!... Listen to me, just for one little moment!... O-jochu!--O-jochu!"... Then that O-jochu turned around, and dropped her sleeve, and stroked her face with her hand;--and the man saw that she had no eyes or nose or mouth,--and he screamed and ran away. (2)

Up Kii-no-kuni-zaka he ran and ran; and all was black and empty before him. On and on he ran, never daring to look back; and at last he saw a lantern, so far away that it looked like the gleam of a firefly; and he made for it. It proved to be only the lantern of an itinerant soba-seller, [2] who had set down his stand by the road-side; but any light and any human companionship was good after that experience; and he flung himself down at the feet of the soba-seller, crying out, "Ah!--aa!!--aa!!!"...

"Kore! kore!" (3) roughly exclaimed the soba-man. "Here! what is the matter with you? Anybody hurt you?"

"No--nobody hurt me," panted the other,--"only... Ah!--aa!"

"--Only scared you?" queried the peddler, unsympathetically. "Robbers?"

"Not robbers,--not robbers," gasped the terrified man... "I saw... I saw a woman--by the moat;--and she showed me... Ah! I cannot tell you what she showed me!"...

"He! (4) Was it anything like THIS that she showed you?" cried the soba-man, stroking his own face--which therewith became like unto an Egg... And, simultaneously, the light went out.


FOOTNOTES:

(A) A kind of badger. Certain animals were thought to be able to transform themselves and cause mischief for humans.

[1] O-jochu ("honorable damsel"), a polite form of address used in speaking to a young lady whom one does not know.

(2) An apparition with a smooth, totally featureless face, called a "nopperabo," is a stock part of the Japanese pantheon of ghosts and demons.

[2] Soba is a preparation of buckwheat, somewhat resembling vermicelli.

(3) An exclamation of annoyed alarm.

(4) Well!

《The end》


460px-Lafcadio_hearn[1].jpg

▲小泉八雲/(ラフカディオ・ハーン/ Lafcadio Hearn 1850 - 1904)

-


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

42 日*の国はまだすっかり抜け切ってない・自*症の入り口に立っている国家、または人類の主流から外れて傍系になりつつある国家/ 選挙公示前夜に当たって/こういう国家は決して健康な国家ではなく、少し心を病んだ異常な国家です。だから日*の国は敗戦し、核力を利用した最終爆弾が半分実験的に最初に落とされたのです。/ 今日の一言 四十二 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅻ The Nation That Is Standing In Front Of The Entrance To Aut*sm. [実存主義]

開音節言語は先史時代用の言語

人間は閉音節言語になって*はっきりした悟性を持っようになった

ソクラテスとかプラトンとか

孔子とか孟子とか 

日*の国は

いまだに開音節言語から抜けておらず

国会議員を含めて日*全体が

先史時代の残滓の

ような人間が

まだ 

マジョリティ

なのでは

-

*閉音節言語へ変わったのは西洋ではギリシャと東洋では中国で、共に今から大まかに言って3000年程前、アフリカ・太平洋・その他の地域ではおおよそ20世紀に入ってからである。

日*語の場合は開音節の段階で既に閉音節言語になっていた中国語の漢字を借用し、それらからカタカナ・ひらがなを工夫して今に至るまで使っているので、日*人は閉音節の外国(語)に真っ向から対峙することなく、カタカナ・ひらがなと云う全て日*的なもの・小さ目の目とジャングルでラグビーでもするような屈強な男も日*語という羊水のような

に囲まれて生活が出来てしまい**、永いことそう云う殆ど男社会で生きて来た。

これこそ自閉症の始まりではないでしょうか。

日*人は永い間このような生活をして来たので、もうそろそろ遺伝子情報としてその体に刻み込まれる頃かも知れません。

日*語、日*語」「大和騙し、大和騙し」と百年一日の如く言って憚らない、永年勤続の国会議員を表彰する身返りに彼らの脳みそを義務的に献体して貰い、自閉症の初期段階のメカニズムを解明すべく、永い人類の歴史において国家の、世界の石潰しで終わるのではなく、今度は本当に日*に・世界に貢献をして貰うのも日*が生き延びる道であり、非

に有意義なことだと思います。

** こういう国家は決して健康な国家ではなく、少し心を病んだ異常な国家です。だから日*の国は敗戦をし、核力を利用した最終爆弾が日*人がルモットの高級種のように見立てれられて、半分実験的に唯一最初に

落とされたのです。

人類進化における日*語の後進性と人類進化における米国の科学的先進性とが、マイナス電気とプラス電気が引き合って大きな雷が落ちる自然現象のように、日*のグラウンド・ゼロで引き合い、原子爆弾が破裂したのです。

それも場所を変えてウラン型(命名:Fat man)とプルトニウム型(命名:Little Boy)という違ったタイプの原爆が。

二つ合わせてずんぐりむっくりと云ったところか。

敗戦国でなくても世界の政治家は英語を話すようになっています。

日本は敗戦国であるから戦勝国の言語を喋らなくてはなりません。それが戦争というものです。それができないと原爆まで落とされ程の大戦争をした意味がないではないか、日本にとっても、アメリカにとっても、世界にとっても、全人類にとっても!

それができない、日本の政治家は、日本の国会議員は太陽系の屑なのか。

日本の国は原爆まで落とされ一番の敗戦国でありながら、これ程までに英語が喋れないというのは、何か特別な理由があるに違いないのです。

それは日本語にいくつかの大きな欠陥があるからです。日本人はその欠陥に目を瞑らずに真正面から真っ向勝負で対峙しなければならず、日本の政治家は始めの始めから、現実逃避をしている存在としか考えられません。

自分が変わらずに日本を、世界を変えようとしたって土台無理な話で、虫が良すぎる話なのです。

日本が変わらなければ、戦後何十年何十年経とうが、戦前と同じことがまた繰り返される筈です。

日本の国が原因でまた戦争が起きないよう、戦後今の平和憲法が公布されたのです。

日本が変わらなければ、今の憲法の第九条と第九十六条は変えてはならない筈です。

 

 Mori_Yoshirō[1].jpg

第55代

日*国内閣総理大臣 

森 喜朗

2000/06/04 - 2001/04/26

(386 days) 

 

 220px-Denslow's_Humpty_Dumpty_1904[1].jpg

Humpty Dumpty

‐ 

イングランド

出版 1797年 

形式 童話

作詞者 不明 

言語 英語

 Humpty Dumpty sat on the wall

Humpty Dumpty had a great fall

All the King's horses and all the king's men

Could'nt put Humpty together again.

ハンプティ・ダンプティが塀に座った

ハンプティ・ダンプティが落っこちた

王様の馬と家来の全部がかかっても

ハンプティを戻せなかった 


 

Fat_man[1].jpg

 ↑ Fat Man (広島に)

220px-Little_boy[1].jpg 

↑ Little Boy (長崎に)

-


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

41 いつまでも世話の焼けるの国// 今日の一言 四十一 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅺ [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

40 理論的に(戦前のように)『一人前に集団的自衛権を持った日本に未来はない』筈である/日本は集団的自衛権と共に経済も縮小して行く筈である/日本民族は人類(人間)の最後の進化段階である「言語能力」において発達障害を起こしている唯一の民族なのです。// 今日の一言 四十 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅹ [実存主義]

先史時代用*1の開音節言語の段階で「文字」を持ってはいけない*2.

それをしてしまうと、日本語のように人類の、開音節言語から閉音節言語への移行という自然界が当然想定している進化を阻害してしまうからです.

私が常日頃から口が酸っぱくなる程『(いくら語学を勉強しても身に付かない)日本語は重度複合障害言語である』と言っている根源がここにあるのです. 

日本民族は、重力の影響を受ける地球上の「生物として」最後の、最後の進化段階である「言語(能力)」において、2000年から3000年遅れの発達障害を起こしている唯一の民族なのです.

日本の国は人類の主流から外れて唯一のその傍系になることでしょう.

それでもいいですか?

そういう民族に(積極的に)戦争ができる一人前の権利を与えてはなりませぬ.

えっ? 否田くん!

君には「一人前でない」ということに納得が行かないのでは? 

君は余り知性というものがないね.

君にはそこに議論人(debater)としての限界を感じるよ. 

新しい生命を宿す存在でありながら君のような女性がいるから、この地球上から戦争が無くならないんだよ.


‐ 

*1 先史時代用ということは即自存在用ということです。人類は閉音節言語に移行することによって「悟性」を持った民族(対自存在の集団)になるのです。

*2 日本語は素朴な時代の開音節言語の段階で、すでに閉音節言語の表記方法であった中国語の「漢字」を採用してしまった、これは人類として一番してはいけないことなのです。日本に初めて核兵器が落ちた最大の理由はここにあるのです。

 マオリとかアボリジニとかナイジェリアの土着の言語(地名だけでもEdoとかAwaとかDomaとかOndoとかImoとかがある)、世界のどっかの奥地のついこの間までペ*スケースをしてたような少数民族などが喋っている開音節言語は、反って文字がないほうが良いのです*(ハワイのカメハメハ民族・ニュージーランドのマオリ族・ナイジェリアの

土着の言語などは、(開音節の段階で)文字がなっかたから英語とかの閉音節言語がどんどん普及したのです)。

開音節言語の段階で文字などの表記法が確立してしまうと、人類として自然な閉音節言語への進化が反って阻害されてしまう*4のです。日本・語(の国)がいい例です、このような国は世界広しと雖も日本しかありません。いや、ほかの銀河系の文明世界でもこの開音節言語と閉音節言語の法則は変わらないと推測されるのです。

*3 ですから古代ギリシャ語の50音表(アカサタナ表)の「線文字B」は十分に使われる前に廃れ、今のギリシャ文字(24文字)のアルファベットに取って代わられたのです。

80px-Shinzo_Abe_cropped[1].jpg 

第57代 

(1885~通算*)

日本国内閣総理大臣

安倍晋三 

*一代当たり2.31年在籍、ただし、小数点以下は10進法です

 

265px-Linear_B5B15D-fe0d3線文字B.jpg 

 △線文字B(おおよそBC1500年頃)

ref[1].gif

images線文字b.jpg 

 

images線文字B59音表.jpg 

 ×

「カタカナ」からアルファベットへには絶対なりえない 

  

 images8TXKIMG2.jpg

  

 images[8].png

 

線文字Bを解読した男―マイケル・ヴェントリスの生涯

線文字Bを解読した男―マイケル・ヴェントリスの生涯

  • 作者: アンドルー ロビンソン
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本


線文字Bの解読 (みすずライブラリー)

線文字Bの解読 (みすずライブラリー)

  • 作者: J. チャドウィック
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 1997/06
  • メディア: 単行本

-


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

39 日*が世界にあると… 連続都知事の辞任にあたって// 今日の一言 三十九 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅸ [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

38 重力子は見つからない筈である// 今日の一言 三十八 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅶ [実存主義]

重力子(重力波ではない)は見つからない筈である

 

というのは

重力(=引力)は

「時間」が原因であり

時間の効果・結果は見ることができるが

時間そのものは見えない

からで

ある

 。

とろで

時間の一番の根底の意義は何だと

思いますか

 

それは

物事は同じ時間経過世界にないと比較対象にならない(事象し得ない)』

という

考えの上に成り立っている

のです

 

そこに

(物体)が一点に集まるという万有引力

の現象が生まれる

のです

 

 だいぶ

難しくなりました

この同じ「時間経過世界」の意味を分かっていただける方は

下にあるタグを押して

頂ければ

幸いです

 

では

またお会いしませう

  

[わーい(嬉しい顔)]

-



参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     

 


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語/ バスタの巻 [ことばと社会]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

37 開音節言語の段階で「国家」を形成してはいけない// 今日の一言 三十七 / Today's One Word ⅹⅹⅹⅶ [実存主義]

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感