So-net無料ブログ作成

今日の一言 十一 / Today's One Word ⅹⅰ日本の国『だけ』は普通ではない!でなければ日本に人類史上始めて究極の理論の一つで態々(わざわざ)一番強い核力を利用し、違ったタイプの原子爆弾が粗(ほぼ)同時に二つも落ちることはなかった筈である!/ 『開音節言語で国家を形成してはいけない!』/ 今までの常識やいままだ市井の人である’カード’氏は真の日本を認識してない!私は命を掛けるつもりで言っている、歳でもあるからであるが [実存主義]

nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言 十 / Today's One Word ⅹ 大自然と一体  [実存主義]

目の前の他人(ひと)の言動をまさに『現象』と考え、捉えることができたなら、そのとき人間は

〔大都会に住みながらも〕完全に『大自然』と一体になり得たと言るのではないだろうか。

こういう表現を取る人は宗教家の中でも少ないのではないのではないでしょうか!?

真偽は別として

僕だけかも知れない。

サルトル自身が『行動の教義』と言ってるとおり、サルトルの実存主義の影響である。


にほんブログ村


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

隠者となることを決意す (3/31)/ 松尾芭蕉や山頭火のような旅の真似事でもいいから旅をしたい。 [実存主義]

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言 八 / Today's One Word ⅷ どんな数列でも永遠に続く円周率の数列の中に見出せると云う/ 全ての人間関係は相克に終わる(サルトル) [実存主義]

どんな数列でも永遠に続く円周率の数列の中に見出せると云う。

日本語と英文は主語を起点として*円周を反対方向に構成されて行く。

反対方向とは日本文の構成順序は決して英文の構成順序のなかに見出せないこと表わしている。

またこの逆も然りである。

日本文と英文とは並行に進むどころか(なぜなら「円周上」の現象であるから」)接触点も交点もなく、ただ二つは反対方向に遠ざかるだけの関係である。

これは人間のライフスパンを子供と大人の分けた場合に例えることができる。

幼児に大人であることを求めることは出来ないし、大人に幼児であるよう求めることも出来ない。

ただ大人は幼児期を実体験をしており、幼児のことを経験的に知識として多少知っている。

開音節言語(=児童期の言語・先史時代の言語)と閉音節言語(=成人期の言語・有史時代の言語)とはそう云う関係にあるのである。

現代英語も元を質せば線文字B「アエイオウ」「アカサタナ」の開音節言語の古代ギリシャ語に辿り着くのである。

-

 主語を起点として*: こう書くと日本語と英文は主語が共通となるように思われるがそれは違う。日本語の主語は「助詞」の「は」が付いた形で、快音節減後を唐に卒業している英語には代名詞「We」とか「Robert」とか名詞そのものを使う。「我々‐は」と「We]は同じではない。「ロバート‐は」と「Robert」とは同じではない。であるから正確に言うと主語

を共通の出発点とすることは出来ない。

このように日本人には日本語の影響が第一義的にしみこんでいる筈であり、英語人には英語の影響が染み込んでいる筈である。

このようなに日本人で構成されている国家は幼児にとっての親のように包括的に認知・保護してくれる超大国を金魚の*のように付いて行くのが最善の方途の筈である。

-


にほんブログ村


にほんブログ村


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言 七 / Today's One Word ⅶ [実存主義]

20世紀に入ってアフリカ大陸の国々や太平洋の島国が閉音節言語をも喋るようになっても、未だに開音節言語しか話せない日*の国は人類の言語の進化という見地から、体力のある内経済的一等国から陥落する前に超大国・*国の(準)州になるのが一番いい筈である。

さもないと日*の国は英語も喋れずに人類の主流から外れて行く!?

-


にほんブログ村


にほんブログ村

-



参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の一言 五 / Today's One Word ⅴ [実存主義]

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

今日の同音異義語 [実存主義]

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感