So-net無料ブログ作成

人類の進化を妨げる先史時代の残滓たちの「世界のマイナス100人」に日本人が占める位置! [実存主義]

開音節言語から閉音節言語へと人類の潮流に乗れず日本国民を人類の主流から外れさそうとして『世界のマイナス100人』に入る先史時代の残滓のような政治家・文化人は、あの人と、あの人と、あの人と・・・、

そして▲▲さんと▼▲さんと××さんと・・・・・・・〔途中省略〕・・・・・・・・、そして最後の100番目を占めるのは私なのかなぁ。

それとももっともっと上位に占めるのかなぁ。

それとも1地位を占めるのかなぁ。

-

参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

詐欺とサルトル哲学について/ と『人間関係はすべて相克に終わる』 [実存主義]

サルトルは

『人間関係はすべて相克に終わる』

と言い切ったそうな。

だから、人間世界では国会議員から下々のものまで「詐欺」が横行し、いつまで経っても無くならない。

サルトルはよく『欺瞞』と云う言葉を使ったようである。

日本の国会議員の国民に対する大きな欺瞞(詐欺)から小さな欺瞞まで挙げ連ねたら切がない。

この言葉、

『人間関係はすべて相克に終わる』

を知っているのと知らないとでは

その後の人間関係ががらりと変わる筈です。

大哲学者がこのようにずばりと言ってくれると、国会議員の国民に対する大きな欺瞞(詐欺行為に相当する)にほとんど諦めが付くと云うもの。

そういう前提にたてば、反って人間関係がギクシャクしないでスムーズ、スマートに行くかも知れない。

国民の日本の国会議員に対する気持ちは、『諦め』から出発するしかないのではないでしょうか。

最後に彼の論文

『実存主義とは何か』

における最後の最後の部分を掲載する。

『・・・・・・・・。神が存在すると信じているのでなく、神の存在の問題が問題ではないと考えるのである。人間は自分自身を再発見し、たとえ神の存在の有効な証明であろうとも、何物も人間を人間自身から救うことは出来ないと納得

しなければならない。この意味で実存主義は楽観論であり、行動の教義である。****教徒が自分自身の絶望とわれわれの絶望とを混同し、我々を絶望者と呼ぶのはただ欺瞞によってである。』

斜字t「****」はブログ管理者が施した。出処:「実存主義とは何か』副題(日本語版のみ?)「実存主義はヒューマニズムである」P76-77:JEAN-PAUL SARTRE著 人文書院 昭和30年7月30日初版発行 昭和43年1月10日重版発行 翻訳者伊吹武彦 刊

行者渡辺睦久 印刷者田中幾次郎 発行所株式会社人文書院 京都市下京区仏光寺高倉 株式会社文巧社 坂井製

国民はアキラメ

180px-Ex_Richelieu[1].jpg

こちらはマクラメ

描かれているのは僕の好きな猫かなぁ

-

孤独を・・ブログトーナメント - 哲学・思想ブログ村
孤独を・・ブログトーナメント

に参加してます


にほんブログ村


にほんブログ村


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本人とは何か/ What kind of people are Japanese?/ 司馬遼太郎思索紀行「この国のかたち」(NHK総合TV2月14日午後九時)を観て私の答え/ 『開音節言語で国家を形成してはならない』/ 言語を制する者は世界を制す [実存主義]

(1) 日本人とは何か、

  この質問は司馬遼太郎が一番知りたかったことのようである。 

(2) 然しながら司馬遼太郎はついにその答えを知らないまま死んでいたようである。

(3) 私の答えは、日本人は「開音節言語」だけを話すだけではなく、地球上で唯一「開音節言語の国家」を構成している人々であり、彼は日本語を生業(なりわい)としておりながら閉音節言語に対比させて開音節言語の意義を知らなかったと言うことである。

(4) 彼は、「開音節言語で国家を形成してはいけない」と云うことに、自分で思索をし或いは日本全国を巡って精神の彷徨をしても、この言葉に巡り合わなかったと推測される。

(5) 日本人は何か?と問われれば、私の答えはこれである。

(6) 何遍も言うが、

(7) 『開音節言語で国家を形成してはならない。日本人は「開音節言語」だけを話すだけではなく、地球上で唯一開音節言語で国家を形成している人々である』

(8) もし今でも司馬遼太郎氏が生きていたら次の短いセンテンス2つを捧げたい。

  1.「日本語は開音節言語である」

  2.「開音節言語で国家を形成してはいけない」

彼は鎌倉時代に芽生え始めた武士道精神を「名こそおしけれ」と日本人の最高の精神性と称えながら、明治維新後中国やアジアの国々を土足でづかづかと侵略し、結局原子爆弾2個で国を一度滅ぼされとても「名こそおしけ

れ」に終わらなかったことに、日本人をどう考えたらよいのか

分からないまま他界してしまったようである。

私に言わせれば「己の敵は汝にあり」で、日本語を飯の種にしている物書きの「敵」は自分の処にあったのである。

「灯台の下暗し」とは正にこのことを言うのだろう。

世界は広いのう。

言語を制する者(国)は世界を制す!?

-

English version (part)

(1) 'What kind of people are Japanese?'

(2) The writer  Ryotaro Shiba is supposed to have died not knowing the answer to 'What kind of peole Japanese?'

(3) My answer to this question is that Japanese are the people who not only speak open-syllable language only but also compose the only one country of open-syllable language on Earth.

(4) 彼は、「開音節言語で国家を形成してはいけない」と云うことに、自分の思索により日本中を精神の彷徨をしても、この言葉に巡り合わなかったと推測される。

(5) If you ask to me 'what are Japanese,' my answer is that Japanese are the people who not only speak open-syllable language only but also compose the  only one country of the open-syllable language on Earth.

(6) I have mentioned many times,

(7) "We are not supposed to form a country with open-syllable language. And Japanese are the people who not only speak open-syllable language only but also compose the  only one country of the open-syllable language on Earth."

(8) もし今でも司馬遼太郎氏が生きていたら次の短いセンテンス3つを捧げたい。

  1.「日本語は開音節言語である」

  2.「開音節言語で国家を形成してはいけない。

彼は鎌倉時代に芽生え始めた武士道精神を「名こそおしけれ」と日本人の最高の精神性と称えながら、明治維新後中国やアジアの国々を土足でづかづかと侵略し、結局原子爆弾2個で国を一度滅ぼされとても「名こそおしけ

れ」に終わらなかったことに、日本人をどう考えたらよいのか分からないまま他界してしまったようである。

俺に言わせれば「己の敵は汝にあり」で、日本語を飯の種にしている物書きの「敵」は自分の処にあったのである。

「灯台の下暗し」とは正にこのことを言うのだろう。

世界は広いのう。

言語を制する者(国)は世界を制す!?

参考資料

手前味噌的!? 小論文



にほんブログ村


にほんブログ村

-

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代用の言語であり、閉音節言語の英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた!

参考資料 (平成29年9月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

反対の意見に十二分に耳を傾けてこそ真の民主主義と言える。 [実存主義]

反対の意見に十二分に耳を傾けてこそ真の民主主義と言える。

-


にほんブログ村


にほんブログ村

-

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代用の言語であり、閉音節言語の英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた!

参考資料(平成29年9月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


タグ:十二分
nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

と云うことは、日本の国会議員も世界の『鰯の群れ』と云うこと/ これでも分からぬか!日本と米国との間には即自存在と対自存在ほどの差がある/ とケビン・クローン/ 開音節言語で国家を形成してはいけない/ 本物の鹿馬は死ななきゃ治らない/ A genuine loof who is a remnant of prehistoric age is not curable until he dies. [世界遺産]

資料一

外国人の筆者が日本研究の為に日本に滞在し生活し戦後の日本について書き上げたもので、客観的に日本を見つめています。その一番の原因は何か。

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

  • 作者: アーサー ボストン
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本

「日本が狂ってます。・・・・・・・・。 自分の足で、一人で、外国を歩いた経験がないからです。言葉が喋れないからです。」(「まえがき」より)

(下線はブログ管理者が施す)

資料二

上記書の駄目押しの小論文:

参考資料

手前味噌的!? 小論文

参考資料 MyBlogRelatedPage: 日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself用の言語であり、英語・中国語は対自存在・Being-for-itself用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! (副題:日本と米国との間には最大即自存在と対自存在ほどの差がある・あと100年もすれば中国ともそうなる)

資料三 先史時代の残滓のような国会議員さん達よ! ワンモアブックだ!

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

ケビン・クローンの空爆式ディベート革命―日本人が死んでもアメリカ人に追いつけない理由

  • 作者: ケビン クローン
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2002/01
  • メディア: 単行本
(斜体字の部分はブログ管理者が施した)

(おまけ1) 開音節言語で国家を形成してはいけない。

(おまけ2) A genuine loof who is remnant of prehistoric age is not curable until his death.  (先史時代からの残滓である本物の馬鹿は死ぬまで治らない。)

-


にほんブログ村


にほんブログ村

参加しています


参考資料
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 
    
 



       
      
 

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本の政治と3D映画について [実存主義]

2つの映像が僅かにずれていると、立体的に観える3D映画のように、米国の政治のように、二大政党が僅かばかり違った意見を持つようになると日本の政治も、国民に立体的に能く、観えるのではないだろうか。

「主体性の哲学」から縁遠く、今でも「当たり前の哲学」が普及せず、個性を大事にしない鰯の群れの国・日本では到底無理な話なのである。

日本の政党が、雨後の竹の子のように五茶五茶あって、3Dどころかいつまでも13D位で、映像がモザイク柄で、ジグソーパズルみたいで、その上大きくデフォルメされていて、何が何だか、殆ど解らない。

-

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

日本人は鰯の群れ―戦後民主主義は間違っていた!

  • 作者: アーサー ボストン
  • 出版社/メーカー: 光人社
  • 発売日: 2001/09
  • メディア: 単行本



にほんブログ村


にほんブログ村

-

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代用の言語であり、閉音節言語の英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! 

参考資料 (平成29年9月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義 

      

nice!(4)  コメント(0) 

今日の同音異義語/ 日四(NICHIYON)自動車の巻 [同音異義語&言葉遊び]

************************************************** 

テレビのコマーシャルで

『まさかこんなにチュウシャが楽しくなるなんて』

と云ってたよ。

超極細で低価格の注射針が開発されたのかなぁ。

だとしたら、糖尿病患者には朗報だ。

-

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代用の言語であり、閉音節言語の英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた! 

参考資料 (平成29年9月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


タグ:チュウシャ
nice!(13)  コメント(0) 

人間の存在は固体ではなく「現象」ではないのか/ The existence of a human being is a phenomenon, not a solid body!? Its existence begins at birth and ends at its death. [実存主義]

人間の存在は固体として考えるのではなく「現象」として考えるのではないのか。

「現象」とは「時間」の概念抜きでは考えられない。

人間が死ぬとその現象は無くなってしまい、抜け殻だけの固体(物質のみ)となってしまうのでは。

このことははサルトルが残した言葉にも符合すると思う、

『対自存在*1自体は(形も重さも無い)*2無である』と。

-

*1  対自存在: 「即自存在」と「対自存在」について

   即自存在 = 「それがあるところにありないところにないもの」

   対自存在 = 「それがあるところになくないところにあるもの」

   「即自存在」と「対自存在」は、「互いにあるところになくないところにあるもの」となり、即自存在と対自存在は「同じ場所(ステージ)に存在しない」ことを表わしている。

この「即自存在」と「対自存在」の法則が、日本語文と英文が円周上に互いに反対回りに構成されて行くという言語現象に如実に現れている。

もっと単刀直入にいうと僕は、

日本語自体が「即自存在」であり、英語とその他の閉音節言語自体が「対自存在」であると考えている。

だから僕が一番実存主義に適った(一番子音が多くて一番地球の重力の影響をを受けない)言語と考えてる英語では、言語とその言語を話す人間を同一人格視して "English" という一つの単語で表現している。

日本語はそれだけ変わっているということである。

日本語文と英文もこの「即自存在と対自存在」と同様決して(観念的に)同じ場所(同じステージ)に絶対に存在しないのであり、できない筈なのである。

その多くをしちゃったのが日本語であり、日本の国なのである。

もし同時に或いは同じステージに存在しているとすればその企画・実施は間違っている筈であり実効性がない筈であり、ただの無駄・徒労に終わる筈であり、或いは全く反対の効果しか生まない筈である。

それならば一層のことやらない方ずっと益しの筈である、

先の太平洋戦争のように、日本の今の英語教育のように。

一言多かったかなぁ。

350px-Class-A_War_Criminals_in_bus[1].jpg

▲今のサンシャイン60の近く当時の巣鴨プリズンに護送されるA級戦犯たち

日本語が唐の昔に悟性の始まりである閉音節言語になっていたら

日露戦争も日清戦争も太平洋戦争も起こらずエイキュウ戦犯も出ることもなかったろうと

自称市井の哲学者の僕は思慮する。

*2 ( )書きはブログ管理者が挿入す。

-


にほんブログ村

に参加してます

-

参考文献

手前味噌的!? 小論文

参考資料

-

MyBlogRelatedPage: 開音節言語の日本語はそもそも即自存在・Being-in-itself・先史時代用の言語であり、閉音節言語の英語・中国語は対自存在・Being-for-itself・有史時代用の言語である客観的証拠(簡潔で美しい現象)を見つけた!

参考資料 (平成29年9月吉日追加)
MyBlogRelatedPage: 
画像タイトル       
日本語はそもそも即自存在(Being-in-itself)且つ先史人用の言語で、言語の無い処に初めてでき、文字を必要としない音韻のみの開音節言語だったのであり、英語・中国語は開音節言語の中からそれぞれ一つが発展的に生まれて来た閉音節言語であって、対自存在(Being-for-itself)且つ有史(歴史)人用で、必ず文字を伴う閉音節言語である客観的証拠(「一円現象」One-Yen-Coin-Phenomenon)を発見した!// 日本はその言語と近代・現代の生活様態との間に大きな乖離が生じてしまった、世界で唯一言語的に発逹障*気味の特殊な国家/特にソフトウエア中のソフトの政治の世界において/だから日本にだけE=mc^2の実証である原爆が一度に二つも落ちた/それ故平和憲法9条(戦争放棄)と96条(改正手続)は変えてはいけない & My EXISTENTIALISMと実存主義     
 

 


nice!(9)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感