So-net無料ブログ作成
検索選択

実践 私の実存主義講座 第30回 *国の「壱帯壱路」が実現する頃は、ほぼ*国全土に英語が通じる頃である/ どっかの国のようにそれほど無理しなくとも自然にそうなる [ことばと社会]

*国の「壱帯壱路」が実現するのは、ほぼ*国全土に英語が通じる頃と同期する筈である。

それは重度複合障害の難病言語*の日*語のように、半永久的なスパンではない。

中*語と英語は同じ閉音節言語であるから、第二次世界大戦後の今のヨーロッパがそうであったように、そしてこれからの時代の流れはさらに速いだろうから、概ね50年もあれば十分なのではないだろうか。


* 人生の最初に身に付けてしまうと、普通教育では外国語が到底と言って良い程身に付かない、いまどき開音節言語の恐竜のような日*語のこと。

コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。