So-net無料ブログ作成
検索選択

実践 私の実存主義講座 第26回 日本語が即自存在用の言語であり英語は対自存在用の言語であることを、もうちょっと実存主義に立ち入って検証してみる [ことばと社会]

日本語が即自存在用の言語であり英語や中*語等が対自存在用の言語であることは、私の発見した「一円現象」を読んで貰えば理解して戴ける筈であるが、さらに深く実存主義に立ち入って日本語が「AはAである」が通用する世界の事象ごとであり、英語・中国語

「AはAであったとしか言えない」が通用する世界の事象ごとであることを別検証してして見ようと思う。


サルトルに依ると「AはAである」が通用する世界は「即自存在」の世界だという。

サルトルに依ると「AはAであったとしか言えない」が通用する世界は「対自存在」の世界だと言う。


そこで類人猿のゴリラくんは、日本語は「AはAである」が通用する即自存在の世界の事象であり

英語・中国語は「AはAであったとしか言えない」が通用する対自存在の世界の事象であると主張するのですあ。


なぜか?


結論から言うと、開音節言語である日本語の音節の展開の在り方(仕方)と閉音節言語である英語の音節の展開の在り方(仕方)が、それぞれ「AはAである」と「AはAであったとしか言えない」に、そのままそっくり対応すると思うからである。


それはどうしてか?


開音節言語の日本語には次の二種類の音節があります。


母音一つのみの音節(V)と、子音一つと母音一つが結びついた音節(CA)と。

 V=Vowel      C=Consonant


前者がアイウエオの五つで、後者はカキクケコ、サシスセ・ タチ・・・ ナ・・・・ ジャ・・ ピャ・と続く。


」も「」も「」も「」も「」も「ジャ」も「ピャ」すべて同じ一拍(日本語のような開音節言語では「モーラ」と言いう)なのです。


すべて同じということは、一拍の「長短」も、「アクセント」も無く、ましてや「抑揚(イントネーション)」もなく、そのことを原則としているのです、*素地(テキスト)にしているのです。

* 素地(テキスト): コンピュータのテキスト形式(素地)はプログラマーが書くものですが、人間の話す「言語」のテキスト(素地)は「宇宙(天或いは自然、人によっては神ともいう)」が書く(用意する)ものなのです。


最初の「ア」のモーラの在り方を「A」と表現すれば、同じAが永遠に続く世界なのです。


AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA~∞なのです


日本語の人名や地名を聞いても何を聞いても平坦に聞こえるはこの為です。


まさにこれこそ「AはAである」が通用している世界ではないでしょうか。


このことはまさに今のコンピュータに例えれば、原稿用紙のマス目をひらがな或いはカタカナ或いはアルファベットの一字一字を埋めていく「メモ帳」のように、「テキスト形式」程度の「単純さ」(この単純さについては後で他の現象でもって検証します)の世界

のことではないでしょうか。


この単純さは「即自存在」の世界のことではないでしょうか。


日本語はとても「音」も表現できる「リッチテキスト形式」に匹敵するとは言えないでしょう。


英語のような閉音節言語には次の四種類の音韻がある。

(1)V
(2)CV
(3)VC
(4)CVC
-
☆この内Vには長音、半長音、二重母音などありそれらが連続する場合がある。またCにはクラスター(子音群)の場合があり、子音が連続してもいい。日本語には僅かな例外を除いて(1)と(2)だけがあります。
-
このように音節の在り方が沢山あると、次に来る音節の在り方が予想できません。
-
最初の音節を「A」としても、次に来るタイプが同じAであるとは限らず、BかCか、YかZが来るか英語にはCVCの在り方が千個を超えるかも知れません。
-
A??????????????????????????????~∞ と言う訳です。
-
これは正しく、*語は実存主義で言う「AはAであったとしか言えない」世界の現象ごとではないでしょうか。


この不確実性は「対自存在」のみが対処できる世界のことではないでしょうか。


*日本語文と英語文はー円周上を反対周り構成されて行くという「一円現象」からの検証


一円現象とは、同じことを記述した日本語文と英語文が主語を出発点として一円周上を丁度一周して終止するという現象です。

このことは日本文と英語文が一つの小世界を表しているということではないでしょうか。

あるいは小宇宙どころか大宇宙を現しているのかも知れません。

「円」はだれが見ても理解できる図形です。

文章(言語)は人間の「心」があらわれた最たるものです。

こういう意味でサルトルが完成させた実存主義から生まれた一円現象は、心と物の世界を結び付けた「統一場理論」と言っていいではないでしょうか。


さて前置きが長くなりましたが

「円周上で反対周り」とはどういうことを意味しているのでしょうか。

① それは一つの(小)宇宙を現していると思います。

② 言語という現象において日本語と英語は、互いに一番遠い場所に位置しているということです。

③ 一番遠い反対の場所とは、一番簡単な構造と一番複雑な構造の一対と考えることができます。

我々は音節について議論していることを忘れないでください。

一番簡単な構造の音節とは「拍」が一種類しかない「V」か「CV」の二つを含む一種類の音節のことです。

これは国家言語として話されているのは日本語しかありません。

一方一番複雑な構造の音節というのは、この地球上の言語では「V」「CV」「VC」「CVC」の四つから成り立つ閉音節言語の音節しかありません。

言語には開音節言語と閉音節言語の二つしかありません。

そして言語の無い所に最初にできる言語が、音節において簡単な構造を持っている開音節言語であることが分かります。自然は、初めて言語を獲得しようとする人類には易しい方の言語与えると思います。

これは最初にできた映画やテレビが白黒だったとと同じ考え方です。

そしてその開音節言語を母体にして閉音節言語が替わって台頭して来ることが分かります。

ですから日本語のような開音節言語が即自存在用の言語として話されていたことが分かります。

これが「一円現象」からの証明になります。

(完)



コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。